スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

中国語のYes / No

 語学を習い始めて最初の方に「はい」「いいえ」を習うものだと思う。中国語では“对”と“不”と習ったように思う。でもどうも違うようだ。

 先週、夫の職場の人たちと出かけたのだが、その中に中国人の同僚のZさんがいた。Zさんはうちにも来たことがあり顔見知りだったのだが、Zさんの従姉妹だという若い女性が二人来ていた。せっかく中国語を勉強しているのだからちょっとぐらい使って練習してみようと思い、

你们是留学生吗?

と聞いてみた。二人揃って“是”という答えが返ってきた。
(そのそり舌音が自然で美しかった。中国人なのだから当然なのだが、外国語を勉強しているとネイティブの自然な発音に惚れ惚れしてしまうのだ。)

 その他何を勉強しているのかとか、いつフランスに来たのか、など出来る範囲で聞いてみた。フランスに来てまだ5ヶ月で語学研修中だという一人に

法语难吗?

と聞いてみると答えは“难”。

これを聞きながら、そうだった、「はい」「いいえ」ではなく、形容詞を繰り返して答えるのだった、と思った。

 日本のアイドルの台湾講演のビデオを見たことがある。アイドルが覚えたばかりっぽい感じではあったが、

大家好吗?

と客席に呼びかけた。すると大合唱となって“好”という返事が返ってきた。考えてみたら日本でもコンサートでスターが「みんな元気?」と呼びかけたら「はーい!」ではなく「元気ー!」と答えるだろう。でも中国語はコンサートでなくても“好”なのだ。

 とりあえず、YesとかNoとか言ってしまえる言語は楽だ。質問の意味が分かったら咄嗟に答えられる。中国語はその点、どの語を使うのか考えなければならないので一手間かかる。外国語の口頭試験などで、Yes,Noで答えられる質問が来たらとりあえずYes,NOだけを答え、続きはそのあとで考えればよい、質問の意味をすぐ理解したことは評価され、補足説明を考えている間も待っていてもらえる。試験官側に立って考えると質問の意味は分かったのだからさらに何か言うのだろうと分かり、心理的に待ちやすくなる。これは外国語の口頭試験のコツだと思っているのだが、中国語はそれが他の言語より難しそうだ。慣れれば考えなくてもさっと出てくるようになるだろうか。

 フランス語は否定疑問文の時はOuiではなくSiと答える。これが最初は無用に複雑に思えた。慣れてしまえば自然にSiと言えるようになる。中国語も同じなのだろうか。

 

スポンサーサイト
[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。