スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

LOVERS

LOVERS [DVD] 

 先日長女が図書館でLe Secret des poignards volantsという映画のDVDを借りてきた。ずっと前に一部分だけ友達の家で見て、面白かったのでちゃんと見たいとずっと思っていたのだそうだ。題名を聞いて興味がない気がしたが、中国語の映画だというので一緒に見ることにした。

 荒唐無稽なアクションが馬鹿馬鹿しいとも面白いとも思え、なんだかアジアっぽい気がした。アクション映画ではあるがラブストーリーでもある。最後までみると「は?これで終わり?という気がしないでもなく、好き嫌いの分かれる映画のように思えた。ただ映像は美しく俳優たちの演技も良かったと思った。

 見ている途中で長男がのぞきに来てDVDのケースを見ながら言う。
Il y un japonais...(日本人が出てる。)へ?どこに?と思った。長男が差し出すケースをみると金城武だった。主役ではないか。長女にそういうと「えー!格好いいじゃん!」と言う。実は金城武は中国語関係のブログで聞いたことがあるだけで顔も知らなかったので、こんなところで出会えて嬉しかった。そうかー、この人かー、と納得することが出来た。

 さて中国語はというと、今までに見た中国語の映画の中で一番分かりやすい。アクション映画なので余計な台詞がないこともあろう。簡単なことであってもやり取りが耳で聞いて分かるとは嬉しい。これからはアクション映画を見ようかと思うぐらいいい気分になれた。

 どんな話なの?と聞いてきた夫に、昔の中国でね・・・と話していると、そんな昔の中国になぜ日本人が出てくるのかと聞かれた。遣隋使だって遣唐使だっていたんだから・・・と思ったがそれは関係ない。別に日本人として出ているわけではない、たまたま国籍が日本なだけで他の中国人俳優と変わらず中国人役をやっている、と説明しながら、そこが金城武のすごいところだ、と思った。金城武の出る他の映画やドラマもチェックして見ようと思っている。

 ところで、この映画の邦題は「LOVERS」だそうだが、アクション一辺倒なフランス語の題名と比べてポイントが違っている気がする。フランス語の題は「飛ぶ短剣の秘密」というような意味だが、確かに短剣が飛んではいるがはっきりしたこれが秘密というような秘密はないので、なんだか狐につままれた気がしないでもない。かといってはっきりLOVERSと言われるとそれも違う気がする。まあ、細かいことは気にせず映像の華麗さを堪能すれば良いのだろう。

スポンサーサイト
[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : アクション映画
ジャンル : 映画

アラビア語再開のきっかけとなった映画

 今日久しぶりに、Azur et Asmarというアニメを見た。これは「アズールとアスマール 」というタイトルで日本でもDVDが出ている。

azur et asmar

 このアニメは話題になっていたので封切りの時に劇場で見た。その後ケーブルTVでも見たが、DVDも持っているので今回改めて見てみた。

 ハッピーエンドのファンタジーで、色彩豊かな映像を素直に楽しめる話である。特筆すべきはフランス語とアラビア語のバイリンガルであること。フランス語が9割以上であるが、アラビア語の部分にも字幕などは出てこない。アラビア語の音を聞いて楽しむように出来ている。

 この作品を見て「アラビア語って格好いいなー。」と思ったのだ。巷でよく耳にするアラビア語はひげ面のおっさんが話すアラビア語であることが多い。ところがこのアニメでは見目良い若者がアラビア語を話すのだ。イメージだって当然変わってくる。

 乳兄弟のアズールとアスマールは離れ離れとなり、アスマールはアズールを憎むようになるのだが、クライマックスで今までアラビア語しか話さなかったアスマールが突然フランス語を話し始めるところは美しかった。言葉とアイデンティティー、幼少時代に覚えた言葉への変わらぬ思い、などが込められたシーンだと思った。

 ところでこのアニメで話されているアラビア語は方言でない正則アラビア語だと思う。語尾まできちんと発音されている。さて、私の理解度だが・・・残念ながら大変低い。挨拶など極簡単なことしか聞き取れなかった。また勉強して次に見るときにはもっと分かるようになりたいものだ。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

「北京バイオリン」を見た

     中国映画「北京バイオリン」のDVDを見た。

    北京ヴァイオリン 特別プレミアム版

 うちで見たのはフランス語字幕版、仏語題はL'Enfant au violon という。子供たちと一緒に見たが、子供たちも良い映画だと言っていた。長女はバイオリンをやっており、年齢的にも主人公の少年と近いことから、熱心に見ていた。長男は、父親と離れ離れになりそうになった少年に涙を流しながら見ていた。くどくどとした説明はなく、背景がだんだん分かってくる、という手法で、登場人物たちは、みな独特の持ち味があり、楽しんでみることが出来た。

 中国語は?・・・ ほんの少し分かるところがあるにはあった。名前を言うところとか。

 もう一度見たい、と思える映画だったので、もう少し勉強し、次回はもっと分かるところが増えているようにしたいものだ。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

さらば、わが愛、覇王別姫

    図書館で「さらば、わが愛 覇王別姫」のDVDを借りてきて見た。2時間半を超える長い映画だ。 


       さらば、わが愛~覇王別姫


 フランス語の題はAdieu ma concubineと言い、私が見たのはもちろん中国語版のフランス語字幕付きだ。


 中国語を聞きたいので、とにかく中国の映画、と思って借りたので何の予備知識もなかった。この映画は2003年のカンヌ映画祭で賞を獲得していて当時かなりの話題になったので、題名は記憶してたが、内容については何も知らなかった。


 中国語は尋問のシーンを中心に単語や短いフレーズが聞き取れたのみ。分かるところはあるかな、と思っていたが、少しでも分かったのでいいことにしよう。でも字幕にMerciとあるのに謝謝とは聞こえなかったり、(違う言い方をしていたのかもしれない。)分かりそうなところで分からなかったことも多かった。


 映画自体は、私にとっては難しい映画だった。京劇についての知識もなく、時代背景も知らない、という状況だったからだ。子供の頃から、学校に住み込んで厳しい訓練を受け、栄光に到達するのは一部の人なのだろう。映画の主人公は有名なスターになったわけだが、演ずる品目がいつも同じで、それしかやらないということに少し驚いた。これはどうも四面楚歌の話ではないかと思うのだが、劇の内容と現実の状況が重なっていて美しい。


 最後の方で、舞台衣装に火を付けるDieyiが、子供の頃、売春宿の服だと言ってからかわれて、持ってきていた服を火に投じるシーンに重なった。


 激動期の中国、価値観の変化についていけなかった人も多かったのではないか。歴史が動く時って絶対このように、いろんなドラマがあるんだなー、などと話の筋とは直接関係ない感想を持った。


 一度見ただけでは消化できなかったので、ハードディスクに残しておくことにした。これから解説などに目を通し、もう少し把握したいと思っている。

[PR] 台湾中国語翻訳
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。