スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

中国語の“学”と “学習”の違い

先日注文してあった東方中国語辞典が届いた。辞書はプログレッシブ中国語辞典 コンパクト版を持っていた。これは持ち運びが便利なので外出先で勉強することが多い私は重宝しているが、字が小さめなのともう少し詳しい説明が付いている辞書も欲しいと思って、新たに買い求めた。学習辞典的なもので、初心者用に丁寧に解説があるものを探していたので、ちょうど良い辞書が見つかり満足している。

 この辞書に、以前から不思議に思っていた“”と“学习”の違いが載っていた。

 = 具体的なものを勉強する。目的語が何かわかっていなければならない。「真似る」という意味もある。

学习 = (一般的な意味で)学習する。目的語は無くてもよい。「真似る」という意味はない。

  なるほどー。では「一生懸命勉強して立派な人になりたい。」みたいなときは学习を使うのだろうな。

 百科辞典的な囲み記事もあるこの辞典、中国語初心者の私には、役に立ってくれそうだ。

スポンサーサイト
[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

独学の難しさ。

  去年の4月、日本滞在中にふと思いついてNHKラジオ中国語講座を聞いて以来、もうすぐ一年。我ながら中国語をまだ続けているのが意外な気がする。

 独学はとにかく初めてな上に海外に居て学習書も少なく、中国語についての情報も少ない。こんな状況でここまで続けてこられたのだし、NHKの今期の講座はあと1ヶ月ちょっとで終わるが、この勢いで続けて行けそうに思う。

 まだレベル的には入門者であり、中国語の独学に成功した、とは言いがたい状況だが、ともかく1年近く続けてきたのだし、これからしばらくは続けていけそうだと感じている。まあ独学が軌道に乗ってきたと言えるのではないか。

 こんなことを考えたのは先日、どこかのブログ(残念ながら気ままにいろいろなブログを回っていたのでどなたのなのかわからない。)で「語学学習者の独学ブログをいろいろ調査したが、挫折している人が多い。成功しているケースはネイティブの友達がいるか目標がはっきりしているケース。」という指摘を見かけたからだ。やっぱり独学は易しくないのだ。

 そんなわけで、いささか大それてはいるが、独学の成功の秘訣について考えてみたい。

 まず「成功」の意味するものは何か、ということだが、私自身は

  • 放棄せずに独学を続けている。
  • 独学では飽き足らなくなって、教室に通い始めた。(当然初心者のクラスではない。)
  • 自分の到達したレベルに満足して独学を卒業した。つまり勉強をやめたわけだが、一定レベルに達しているのだから挫折とは違う。

このあたりを「成功」と見なしていいだろうと思っている。私自身とにかくあきらめず続けることを目標にしているのもこの辺に理由がある。

 ネイティブの友達がいると挫折しにくいのは分かる。覚えたことを使ってみる機会もあるだろうし、励まされる。勉強している手前、何か進歩していないとまずい、という見栄(?)も勉強の励みになるだろう。

 目標がはっきりしていると挫折しにくいのも頷ける。はっきりした目標というのは、ネイティブのようにしゃべる、映画を字幕なしで楽しむ、原語で読書を楽しめる、というような遠い目標では駄目だ。いつかは叶えたい夢と目標は違う。なるべく近くて目標までの距離を測りやすいものがいいだろう。検定などは点数で自分の位置を測りやすいし、毎日(あるいは週一回など定期的に)単語や文をいくつノートに書く、とか決めて一定期間実行するのも目標になると思う。

 私はNHKのラジオ講座というペースメーカーを得たことが独学継続にとって重要だったと思う。ほぼ毎日講座の日付に合わせて、完璧に消化できていなくても聞き続けることで、勉強を継続できたと思う。NHKの講座を漫然と聞いた以外は、何も自分の勉強はできない日もこのごろは特に多い。それでも講座を聞いている限り挫折した気はしない。週末に自分の復習をしよう、と考えることができる。ここで私が思うのはただ漫然と講座を聞いているだけでは不十分だ、ということだ。講座以外に講座を中心に復習するのもよ、し別の教材で勉強するのもよし、なんらかの形で自分の勉強を実行していかないとなかなか勉強がはかどらないのではないか。

 あと、私の独学継続法としては

① 壁にぶつかったと感じたときは、完璧に分からなくても大体分かったと思ったらとりあえず進む。

② 壁にぶつかったと思ったら、壁となった教材は一時休止し、他の教材でもう少し易しいところからやっていく。復習にもなるが、教材が違うので何かしら新しいことがあるはずで、行き詰った教材を前に戻ってやり直すよりも、明るい気分で出来る。そして気を取り直して、難しいところに再度挑戦すればよい。

この①と②を実行している。

 また自分に合っていない教材を購入したからと言って我慢して最後までやろうとしないことも必要ではないか。重要なのは教材を終えることではなく、楽しく勉強を継続していくことだからだ。

 まだ私も独学を始めて日が浅いので先輩方の勉強法を参考にしながら、これからも少しずつ勉強を進めていこうと思う。いろいろ試行錯誤を重ねたり、方法を模索するのも独学の楽しみだと思う。

 

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の勉強

  このごろ忙しくなって前のように学習日記を書く時間が取れなくなってきたので、まとめて学習状況を書き留めておこう。

まず中国語

 NHKのラジオ講座は放送日に遅れることなく聞いている。いつ挫折するかと思っていたが、あと1ヶ月半なので続けられそうだ。前は簡単だと思っていたが、だんだん未習事項も出てきて、全て消化はしていないが、勉強継続の牽引車の役割を果たしている。会話の内容が旅行ばかりで私にとっては退屈な内容なのだが、やはり毎日手軽に聞けるこの講座の存在は有難い。

 4月からは新番組も始まるようだが、アンコールシリーズで「耳たこ中国語」が再放送になるようなので、そちらを聞こうかと思っている。新しいシリーズと両方聞く時間の余裕はなさそうなので。新番組について得た情報によると、4月は発音だけらしく、それもちょっと疲れそうだし。

 「一冊目の中国語」 今12課をやっているが、このごろ前のように進んでいかない。内容が難しくなり、例文を覚えるのが不可能になってきたのだ。最初は単語も覚える努力をしていたが、単語も多すぎて無理。とりあえず、基本事項を押さえながら最後の18課までやりとげたいと思う。

 「Méthode 90 」 これは図書館で借りてきたフランスのメソッド。10課ぐらいまでやった。初めの方ということもあり、内容的に難しすぎず、口頭練習もあって悪くないのでまた借りてきている。他の教材に飽きたときにこれを使う、というようにしてきたが、これからもときどき覗いてみようと思う。

 「ダブルハピネス中国語文法」  これは入門者が最初から勉強していくタイプの本ではないが、入門段階よりもほんの少し進んだせいか、使えるようになってきた。最初から少しずつやっていくのもいいかも、と思い、最近始めた。

 「ときめきの上海」 これはメインテキストにして使うには向いていない教材で私はやめてしまったが、Jiaと会話の練習をするのにいいかもと思い、引っ張り出してきた。この会話を覚えてJiaと二人で再現するのに挑戦してみたい。ときどき引っ張り出してきてやってみようと思う。

 以上に加えて、単語帳も持っている。基本単語のリストである。こちらは今のところぱらぱら見ているだけで活用していない。

 アラビア語

 2冊のテキストを終えて、今は前に紹介したアシミルのテキストを中心に勉強を進めている。アシミルのテキストは1回の分量が少なく、本当に徐々に進んでいくメソッドなので、勉強を継続しやすい。これからはこれを1日1課やっていこうと思う。知らない単語に線を引いておき、数課進んだ時点で手帳に書きとめ覚えるようにしている。初めの方は知らない単語がなく、今は11課を終えたところだが、最近でも知らない単語は一課に2つぐらいしかない。(それぐらいゆっくり無理なく進んでいるのだ。)だから単語があまり負担になりすぎず、やっていけそうだ。もう1冊テキストがあるが、こちらは補助的に使うつもりだ。

 イタリア語

 実は最近ほとんど何もやっていない。やはり毎日とは言わないまでも定期的にやっていかないと良くないので、4月からNHKのラジオ講座を聞こうかと思っている。と言ってもテキスト+CDでやっていくわけで、放送は聴けないのだが、それでも日付が入っているので、ペースメーカーになる。ついでに今年か来年、イタリア旅行の計画なども立てて、勉強の励みにしてはどうかなー。

 以上、今の状況と今後の学習方針でした。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

今週の作文

 さて今週もJiaがやって来た。

 私はまた前回のように作文したものを暗誦してみた。次の文が暗誦の後で取りざたされた。

今年是日本和法国外交的第一百五十纪念年。

この文で私は日本和法国外交の後に“的”を入れるべきか迷った。たまたま会った日本人の知り合いで、中国語が分かる人がいたので、聞いてみたら「要らないと思う。」ということだったので、このように“的”なしでJiaに提示した。Jiaの意見はやはり“的”は要らない、ということだった。入れても分かるけど、という程度で入れたら絶対間違い、というわけでもなさそうだった。Jiaが迷っていたのは第一百五十のところ。初め、第一百五十年と“年”を入れるかなー、と言った後、私が「Nianばかりになっちゃうけどいいの?」と言ったからかどうかは分からないが、“年”はなしになり、代わりに“个“を入れて、「この記念の催しって毎年やるの?」と聞いてきた。毎年はやっていない、という私の返事を聞いて“个“もなしになり、結局私の文でいいことになった。

 この件で思ったのは“的”は基本ルールで決まっている以外のところはテキトーにすればいいのかもしれない、ということ。また、どうも助数詞のあとに何か足りない気がするらしいということ。

 作文の終わりの方に、

X 我给日本衣裳设计师当翻译。

という文があったが、ここの“衣裳”yi1shang“服装” fa3 zhuang1なのだそうだ。yi1shangは普通の服で、ここは舞台衣装のことなのでfa3zhuang1と言うらしい。(なんだか日本語と反対。)ここのピンインのzhuangがなかなか書けず、何度も言わせた後、結局綴りを教えてもらった。やっぱり音の違いが聞き取れていない。

 小さい間違いの指摘としては

  • Wai4jiao1 “外交”をwai4jia1と間違えて発音していた。でも前後関係から意味は分かっていて間違いに気が付いてくれた。
  • "给”を「給」と書いていた。「あ、これ日本のだ。」と言われたが、私も今日Jiaが書いた日本語の漢字が簡体字になっていたので指摘したことがあった。お互い様なのだ。

 私たちの夢は、フランス語の介入無しに中国語と日本語だけで話し合えるようになることだが、当分は無理そうだ。Jiaは先週勉強を始めたので、まだ「~は~です。」の周辺をやっているし。

 私の発音は初めて会ったころに比べて格段に良くなっているんだそうだ。全然自分では違いが分からないが。ただ、まだゆっくりゆっくり話しているので、もっと慣れたら、もっと良くなる、と言われた。

 次回までの私が自分に出した宿題は「ときめきの上海」の第二課のダイアログの日本人女性の台詞の部分を暗記すること。Jiaとテキストの会話を再現してみたい。先週、Jiaは自己紹介の「はじめまして、どうぞよろしく」などをテキストでやっていたので、このダイアログにした。私にはまだ難しい部分もあるのだが、このダイアログでも「どうぞよろしく」というのが出るのだ。(中国語でどういうのか忘れた。)

 ダイアログに加えて余裕があれば作文もやってみたいが、出来るかなー。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

「初歩のアラビア語」を終えて

 先日、初歩のアラビア語―アラブ・イスラーム文化への招待 (’06) (放送大学教材)を最後まで勉強し終えたので、この本について書いておこう。

 個人的にはちょっと初歩過ぎたようにも思ったが、難しく感じるところがほとんどなかったので楽しく出来た。CDの会話もはっきりした発音で聞き取りやすかった。(もちろん聞いて全部分かったわけではないが。)練習問題も多すぎず、負担に感じなかった。

 少し問題に思ったのは、一冊終えても文法的にあまり進んでいないことだ。文字の習得にページを割いているので仕方がない部分もあるが、あいさつ、日本語で言うと「~は~です。」の文、動詞の未完了、完了、で終わっている。このあたりは前に勉強したのを大体覚えていたので、一冊終えたのだから、もう少し進んでみたかったのだが、逆に言えばゆっくり着実に進みたい人には無理が少ない教材かもしれない。

   私はこの本の文法事項は押さえていても単語力がないので、うろ覚えのものや知らない単語がいろいろ出てくる。巻末に語彙リストが付いているので、このリストの中から知らない単語を少しずつ覚えていこうと思っている。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : アラビア語
ジャンル : 学問・文化・芸術

中国語の時制

 このごろなかなか進まない「一冊目の中国語」だが、今12課に入ったところだ。

 しかし11課の例文で実は気になることがあったのを思い出したので記しておこう。

 例文に以下のような文がある。

 我去小王家的时候,他们家人正吃饭呢。

この文の和訳は「私が王さんの家に行った時に、彼の家の人はちょうど食事中だった。」とある。

 しかしこの例文、過去のマークがどこにもないではないか。“正・・・呢というのは「今~しているところだ」という意味のはずで過去ではない。これに時の限定がついたら過去になる、ということだろうか。時の限定の部分、我去小王家的时候にも過去のマークはないのだが、この二つを並べたとき、過去と解釈しないとつながらないように思う。「私が王さんの家にいくと、いつも家の人がご飯を食べている。」と言いたい場合ははっきりさせるために、「いつも」という言葉を入れるのだろうなー。

 時制をいろいろ覚えなくてはならない言語は手間もかかり、面倒ではあるが、「時制は適当に解釈して。」という言語も、学習者としてはちょっと困るような気がする。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

外国の文字に見えるらしい日本の文字

 日本語を勉強し始めた中国人Jiaが平仮名の「ぬ」「ね」「め」「も」を一目見て、言った。

「これは中国語と同じだから覚えやすい。」

私が怪訝な顔をしているとささっと草書風に文字を書いて「奴」は「NU」と読むから読み方も形も同じだ、と言う。さらに「め」は「女」、「も」は「毛」という文字だ、とも書きながら示してくれた。

 確かに平仮名は漢字を草書にして書き崩したものから出来ているわけだから、「奴」「女」「毛」という字の元はこれらの漢字だったはずだ。

「それは正しいのよ。」

と言いながら、思ったのは、私などは草書をほとんど知らないので、間違ってもこれらの平仮名を一目見て漢字に見える、などというようなことはない。なるほど漢字のみを文字とする国は教育が違うのか、漢字について詳しいのかも、と思った。

 これで思い出したのは以前、パリでチュニジア人の知人と日本料理のレストランに行ったときのことだ。テーブルに縦書きの毛筆で「おてもと」と書いた袋に入った割り箸が出てきた。それを見て彼は

「えー、アラビア語で書いてある。」

 それまで考えてもみなかったが、縦書き毛筆の「おてもと」は横にして見るとアラビア文字のようで、「ブー」で始まっていたと思うが、少なくとも半分ぐらいまではアラビア語で読めてしまう。

 イスラエル人が日本に来て「アメリカ」という字がヘブライ文字に見えた、という話も聞いたことがある。 「マニアック」と読め「ホモセクシャル」という意味だそうだ。

 誰しも自分の身近な文字として読むであろうから、当然のことなのだろう。フランス人は大抵英単語もフランス語読みしているし。

 こちらではアジア物産セールなどの催しがあると、店内の飾りとして日本の平仮名や片仮名が使われることがある。単なる模様なので別に意味はないわけであるが、ついつい、読んでしまい「どうして『た』?」「『谷バー』って何?」とか考えてしまう。時には知っている、ということは面倒なものである。

[PR] 台湾中国語翻訳

またしても“也”。

 前回中国人に“也”の位置を直されたことを書いたが、昨日また“也”にケチ(?)がついた。私の作文は以下の文であった。

她打算明年也参加这个管弦乐队。

私はこの文を作っているときに既に、“明年也”をどこに入れるのか迷い、とりあえずここに入れた。

Jiaはこの文を她打算明年也まで聞いて明年也の位置は打算の前、と指摘したが、文を最後まで聞いて、私の文も正しい、と言っていた。つまり

明年也打算参加这个管弦乐队。

も同じことで、どちらでもいいのだそうだ。

 ますます謎が深まったように思う。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

中国語の“也”の位置

 先週末に来るはずだったJiaは突如友達とスキーに行くことになり、来られなくなったので昨日うちに来た。

 彼の日本語の勉強を見たあと、いよいよ私の中国語の口頭発表(?)を試してみた。あらかじめいくつか作文して手帳に書きとめ、それを見ないで言えるように準備しておいて聞いてもらった。もちろんJiaには私の手帳は見せずに聞いて分かるかを試してみた。

 結果、意外に通じるようだ。通じなくて言い直したのは一回だけ。Jiaの発音を聞いて私はピンインが正しく書けないことも判明したので、私の発音はかなりいい加減で前後から判断してくれているものと思われる。

 作文は実は間違いは一つだけだった。(これは私にしては快挙。)私の作文暗誦は次のように始まった。

你上个星期去了滑雪。

我也十二月去了滑雪。

ここまで言ったところでJiaのストップがかかった。“”の位置がおかしいと言うのだ。正しい位置はここだと言う。

我十二月去了滑雪。

私の作文では「(あなたも、12月に行って)私も12月に行った。」という意味になるらしい。自分は12月ではなく先週行ったのだからそれは変だ、ということだ。これは面白い、と思って正しい位置を手帳にメモしたわけだが、この文、今見ると「私は12月にもスキーに行きました。」という意味に見える。ではそう言いたい場合はどうなるのだろうか。次回それを聞いてみようと思う。

 私が

我会滑一点儿雪。

と言ったらすかさずMoi, aussi.とフランス語でつぶやいたJiaだが、この「僕も」というのは、中国語で何と言うのだろうか。この文を間違えずに言えたのはけいさんのおかげだ。ありがとうございます。

 私の作文には勝手に造語した「スキー学校」滑雪学校と「スキーのインストラクター」滑雪老师、雪山という言葉が入っていたのだが、これでいいらしい。適当に作ったから間違っていると思っていたのに。

 そしてアルプスを中国語でどう言うのか聞いてみた。本当はアルプスにスキーに行った、と言いたかったのだ。アルプスは阿尔卑斯a1 er4 bei1si1。あまり似ていない。「アルプスで」というのはフランス語ではdans les Alpesと言うので、何となく“里”を付けようとしていたら、それは中に入っているわけじゃないから使わず、“”を使えと言う。ついでに“”も付けて阿尔卑斯山上。でもこれをどこに入れるの?と聞いた私に、Jiaはぺらぺらと文を口で言って場所を教えてくれたのだが、そんなの聞き取れないって、というわけで手帳を出した。ここに入れるらしい。

我十二月也去了阿尔卑斯山上滑雪。

私にとっては意外な場所だった。やっぱり中国語って語順が難しいかも。

 それにしても彼の発音の自然で美しいことよ。必死でがんばって一字一字発音している私とはまるで違う。(当たり前か。)

 私の手帳の中国語を見て、「へー、字も書けるんだ。」とか「中国語の字が上手い。」とかひたすら感心していた。はっきり言ってしゃべるより書くほうが簡単なんですけど。

 私の稚拙な中国語に付き合わせて、彼がお土産にくれたお茶の話をしたら、突然中国語で質問してきた。私は当然意味が分からず、「え、分からない。」とフランス語で言うとすぐフランス語で言い直してくれた。Tu aimes?、こう言われて考えてみると彼が言ったのは你喜欢吗?だったのだ。知っていることも突然言われると理解できない。語学の初心者はこれで普通だと思う。聞き取り能力が低い、ということだが、今はそれはあまり心配していない。そんなことより、文法知識と語彙を増やし、今は一文一文、うーん、と考えながら発言しているが、もう少しスムーズに発言できるようにしたいものだ。聞き取り能力の向上はそのあとで構わないと思う。今の段階では、自分が言えない文を突然聞いても分からないと思うからだ。自分で作文して言える範囲を広げた上でリスニングの力の向上に努めたいと思っている。今の私はそういうレベルではないと思う。

 Jiaはほぼ毎週来ることになったので、来週までにまた作文して発表したいと思っている。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

アラビア語の学習本

  先日購入した初歩のアラビア語―アラブ・イスラーム文化への招待 (’06) (放送大学教材) は、今12課を始めたところだが、15課で終わりなので先が見えてきた。アラビア語は全くの初めてではないので、ちょっと初歩過ぎたかも、と思う。しかしCDを聞いて会話の意味がわかる、というのもうれしいものだ。アラビア語でこんなことがあるなんて想像もしていなかった。

 次に使う教材は既に注文済みなのだが、届く気配がないので、本屋をふらふらしているうちに、ついついAssimilの有名なシリーズの中の一冊、L'Arabe sans peineを買ってしまった。

 
        arabe sans peine

 なかなか評判がよく楽しく出来そうだったので、CDなしの本だけ、というものを買った。(そのほうが安価!)もちろんCD4枚つきの物も出ているし、CDだけ別に買うことも出来るようだ。ドイツ語、スペイン語などで書かれている物も出ているが、私が買ったのは当然フランス語版だ。ちなみに英語版はArabic with Ease という題名である。

 これもまた文字から一歩一歩やっていくので、文字はもう覚えた私にははじめのほうは難しくなく、6課まであっと言う間に進んだ。各課で文字を3つずつぐらい覚えていくだけなので、本当にprogressive。でもなかなか賢いやり方で、文字をやりながら文法も進んでいくのだ。一課から動詞が出てきてうれしかった。上記の「初歩のアラビア語」ではまだ出てきていないのだ。

 また、前にやったことが繰り返しで何度も出てくるので、自然に覚えてしまう単語もある。評判が良いだけに、なかなか良く出来た教材だ。ところどころにこのシリーズ独特の漫画が出てくるのだが、それもその課の簡単なアラビア語の文章を使って笑える内容になっている。

 一課の量が少ないので短時間で一課を終えられるのもうれしい。ゆっくり進んでいるのに、最後の方はまとまった量の文章が出ている。77課まであるのでまだまだ先があるわけだ。楽しみながら進めていけそうな教材だ。ネットの書評の中で、好意的な評価に混じって、「最後までやっても新聞記事など、時事的な文章を扱うことはなく、日常会話的な内容に終始しているのが残念。」という意見もあったが、私の場合、とりあえず日常会話的な内容でよいので、それは問題ではない。そして、どうもこの続編も出ているらしいのも気に入った。

 日本語版はないので、アシミルのシリーズがある国の言語を解さないと使い物にならない本だが、アラビア語を勉強されるような方は、英語ぐらい分かる、と勝手に決め付けているので、使ってみるのも楽しいと思う。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : アラビア語
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。