スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

フランス人向け中国語の教科書~大変そう~

C'est du chinois

  Jiaが買ってきてくれて使っているフランスで出版されている中国語学習書。内容を見るとおそらく大学生向けで、独習用ではない。2冊組で販売されているようだ。読み書き編と聞き取り編に別れており、聞き取り編は前に書いたようにピンインしかない。同じダイアログが収録されており、練習問題が違っているようだ。私は漢字のあるテキストのコピーをもらい、普段はこちらの方をよく使っている。(やはり漢字がないとJiaも分かりにくいのではないだろうか。)

 コピーをしてくれたJiaは、単なる漢字の運筆練習などは私が面倒がるのを知っていたらしく、会話や語彙のリスト、練習問題、作文などのページだけをくれた。ページ数が飛んでいるのでどのくらい飛んだのか分かるが、第一課が始まるのがなんと56ページ。それまで何をやっているのか。中国語の発音、表意文字とは何か、などをくどくどとやっているのではないか。1課と2課はJiaが簡単すぎるというので飛ばし、先日5課をやった。1課と2課は自習でひととおり読んだ。5課まででは文法的には知っていることばかりで易しく、語彙も漢字から推測がつくものばかりで難しくない。だから会話練習に集中できて、とてもいいと思う。

 しかし日本人の私には難しくないが、この本はフランス人にはかなりハードではないかと思ったりする。一課から漢字ぎっしりの会話文が出てくるので、全部漢字を覚えるんだろうなー。漢字は嫌、という人のためにもう一冊のピンインのみの本があるのではないか。これは大変だよ、と人ごとながら思ってしまう。しかも各課の末には同テキストの繁体字版が繁体字の語彙リストとともに入っている。まさかこれも全部覚えるってことはないよな。私は繁体字の方が好きかも、と思うのだが、混乱するので、ちらっと見る程度にして絶対覚えようとしないことにしてしまった。

 さて会話文のレジュメはというと、少し慣れてきて、短い文なら前よりはスムーズに言えるようになってきた。習っていて知っているはずなのに忘れて思い出せず適当に言ったところと、うっかり間違えたところを指摘された。

「馬力山(という人)のところで」と言いたくて、この言い方を習ったことは記憶していたのだが、どう言うのかは忘れていた。

马力山家

は使えない。家ではなくオフィスだったからだ。そこでいい加減に

在马力山

とやってみたが、やっぱり駄目。

马力山那里

と直されてやっと思い出した。そうだった、そうだった・・・。

“在”は「で」だよね、といった私に同意しながら“在”の横にひらがなで「で」と書いてくれた。濁点も忘れていないし、ちゃんと覚えている。上出来、上出来。

 文法間違いとしては

山本的同事没有工夫。

と言おうとしてうっかり「不」にしてしまい、失敗。やっぱりまだこんなことも間違えてしまうのだ。

parce que(なぜなら)をどういうのか忘れて教えてもらった。

因为 yin1wei4

便利なので次までに覚えてレジュメに入れよう。

 ところでこのテキストのタイトル、C'est du chinoisはそのまま訳せば「これは中国語だ。」ということだが、この表現は「さっぱり意味が分からない。」という意味なのだ。中国語は分からない言葉の代名詞、というわけだ。まだフランスに来たばかりのころ、うちに来たフランス人が本棚にあった日本語の本を広げてC'est du chinois!とつぶやいたので、私がNon, c'est du japonais. と言うと「知ってるけど、それじゃ意味が違う。」と言われた。このときに初めてC'est du chinoisという表現を知ったのだが、日本語がこの表現に選ばれなかったのを喜ぶべきか、悲しむべきか、微妙なところである。

スポンサーサイト
[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

変な活用の動詞

 NHKラジオの「まいにちイタリア語」では6月に入ってから動詞の変化をやるようになった。イタリア語らしくなってきたなー、と思いつつ復習をしていたのであるが、自主学習教材として使っているしっかり学ぶイタリア語―文法と練習問題 (CD book―Basic language learning series)でもこのところ動詞をやっている。今日やったのは動詞avereの活用。

 しかし、いつ見ても変な活用の動詞である。

         ho     abbiamo
         hai    avete
         ha     hanno

原形にはない“h”が頭にあるのがまず変なのだが、複数形の最初の二つには“h”がない。複数形の最初の二つが仲間はずれになるケースはフランス語にも見かけるので、まあこれはいいとしても、一人称複数 abbiamoでいきなり“b”が混ざってくるのも不思議だ。そしてまた二人称複数ではそ知らぬ顔で“v”に戻っているのも腑に落ちない。変な活用(つまり不規則)は他にもあるのだろうが、この動詞は特に変に思える。

 思えばフランス語のallerの活用も変わっている。(avere に相当するavoir も不規則だがallerほど変ではない。)

       je vais       nous allons
       tu vas       vous allez
       il va          ils vont

大学の外国人向けフランス語講座で勉強していた頃、たまたま動詞partirをやっていたので、スペイン語圏の友達に向かって「なんかフランス語ってスペイン語と同じだなー。」とつぶやいたことがある。するとフランス語で私と共に苦労していた彼女は「これは同じだけど、動詞aller(行く)はスペイン語ではirだから違うわよ。」と言うのだが、「でも未来形はどうなのよ。」と言ったら「ほんとだー。同じだー。」と驚いていた。

 そうなのだ。allerの単純未来の活用は

    j'irai        nous irons
    tu iras    vous irez
    il ira      ils irons

語幹まで変わっていて同じ動詞とは思えない。どうしてこんなことが起こるのだろう。不思議な現象である。イタリア語でも同じようはことがあるのか・・・?ちょっと楽しみなような、やめて欲しいような・・・。まだ活用は直接法現在しか見ていないので、この先がちょっと怖い・・・。

 

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : イタリア語
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の勉強

 自分ではちょっとペースダウンしていた気がしていたが、今日は午後中国語に時間をかけたので、自慢(?)としてここに最近の勉強を記しておこう。

中国語

 NHKの「アンコール中国語」の「耳たこ中国語」を放送日に遅れず、ちゃんと聞いている。去年よりは分かるところが多くなっていてうれしい。スキットもいまのところ聞いて分かる部分がほとんどで難しくない。

 ダブルハピネス中国語文法 基礎編は予定より遅れ気味だが、ステップ042までやった。練習問題を間違えたりす
ることもあるのだが、さらっとやって進んでいる。(本当はもっとしつこくじっくりやった方がいいんだろうけど。)とりあえず大体つかんで進む、というやり方でやっているのだ。

 昨日、夫が会社でJiaから預かったというコピーの束を持って帰ってきた。Jiaと一緒に勉強しているフランス語で発行している中国語の教科書のコピーだ。(本の題名がはっきりしないので後日、書き加えようと思う。)ピンインだけのじゃなくて漢字が付いている方で語彙などを復習したいのでコピーを頼んであったのだ。明日Jiaが来る予定なのでこの本の1課は飛ばし、2課から4課まで一緒に勉強したので、やったところまでの練習問題や語彙に目を通し、分からないところがないかチェックし知らない単語や漢字があれば覚えよう、と思って今日の午後一課からやり始め、一気に3課の終わりぐらいまでやった。(ちょっと多くて途中で疲れていたのだが。)漢字を書く練習のページがあるのだが、私がだるいと思うのを知っているJiaはそのページは省いてくれていた。(だって“人”とか“中”とか、もういいって。)だから会話文のところと語彙練習、ピンイン→漢字文書き直し、穴埋め問題などをやった。意外に分かり、難しくなく出来た。そして語彙のリストで覚えていないものにマーカーで色を入れたりした。明日、もう一度見直して午後Jiaが来る前に3課の残りと4課を済ませてしまいたいと思っている。(きっとJiaが驚くだろう。)

イタリア語

 NHKラジオ「まいにちイタリア語」が一日遅れているが、まあ順調だ。動詞の変化が出てきてイタリア語らしくなってきた。リスニング編も分かるので答えを間違えたりはしないが、前にも書いたが、これがかえって不安になる。「あ、答え、合ってた。」だけで終わってしまいそうだからだ。リスニング編はキーフレーズがないので毎回1-2フレーズ自分で決めて意識して覚えるようにしよう。前は全部覚えようとしてなかなか続かなかったので、完ぺき主義的なやり方はやめて少なく絞った内容はきちんと、というやり方に変更。リスニング問題も答えが合ってたから「めでたし、めでたし。」ではなく、答えは分かってもはっきりしない部分があることがあるので、スクリプトのチェックをしっかりするようにしよう。

 2週間ぐらい前から 「しっかり学ぶイタリア語」という本で文法の復習をしている。なかなか毎日出来なくてまとめてやっているのだが、今7課までやった。

 しっかり学ぶイタリア語―文法と練習問題 (CD book―Basic language learning series)

 まだ前に勉強した内容なのだが、この本の終わりの方になると接続法など私が存在は知りながらついに覚えることのなかった内容が出てくるので、最後まできちんと勉強すればステップアップにつながりそうな本だ。CDの録音内容がもっと多ければ、とか例文がもっとあれば、とか注文はいろいろあるのだがよくまとまった分かりやすい本だと思う。練習問題も適量で大変すぎず、進めていきやすい。

アラビア語

 イタリア語のラジオ講座を始めてから、どうにもお留守になってしまったのがアラビア語。今は停滞していても仕方ないかも。とは言え、前から取りかかっているアシミルの28課がまだ終わっていないとはどういうことか。明日必ず少しはやろう。(今日じゃないところが弱いのだが、だって今日ってあと30分ぐらいしかないもん。)

英語

 オリジナリティーに欠けているし新鮮味もないので、いまいち盛り上がらないのだが、錆付いているし割りに必要かも、と思っているこの言語。どうやって勉強するのかも相変わらず模索中だが、今ときどきやっているのはEnglish Journal のCDをとにかく聞く、ということ。通勤の帰りにメトロの中で聞くことが多い。聞き方としては

本は一切見ずにいきなり聞く。→ 分かりにくいところがあればそのトラックだけ何度も聞く。→ 本でトランスクリプションを確認。 → 再度CDを聞く。

というようにやろうと思っているのだが、実際はトランスクリプションの確認を怠って何日も過ぎてしまうことが多い。だからただCDを聞いているだけになっているわけで、しつこく同じトラックを聞くとしてもこれでは分からないところは分からないままだろう・・・。全体的な話の理解度は上がっていく気がする。

 この教材の問題点は、今はインタビューのところしか聞いていないので他の教材については分からないが、一度に複数の人がCDに登場しているので誰が話しているのか声だけでは掴みにくいことがあることだ。もともと何の予備知識もなしに聞いているので背景が掴みにくく分かりにくいのだ。そして第2の問題。こっちの方が私にとっては深刻だ。この教材に出てくる英語は少なくとも私が聞いた部分に関しては、私が勉強したい英語ではない、と思うことだ。じゃあどんな英語が勉強したいのか、と言われるとはっきり説明できないいので、仕事で使えるような英語、と漠然とした言い方になってしまうのだが、私が聞いた二つのインタビューは二つとも、私が仕事で使うような英語ではない、とはっきり思うのだ。でも英語に慣れることにはなるので全く無駄ではないのだが、効率よく必要なことを学ぶ、という点では全くずれている。

 やはり英語の読み物を読む方が勉強になるだろう、という気にもなってくる。しかし通勤時間で聞ける、という点はありがたいのでこれからも続けていこうと思う。

 そして5月9日から始めたi-knowというサイトの「TOEICリスニング基礎編」というのを5月31日に終えた。、250あるアイテムの220をスキップしている、と結果に出てくるのだが、2ヶ月で終えるというのが普通らしいのに早く終えた原因はスキップしたアイテムが多かったからなのだろう。それでも合計3時間32分かかった、という結果が出てくる。いつの間にか時間をかけていたようだ。

 単語やイディオムを覚えていくプログラムでよく出来ているとは思ったが、一つ終わったので喜んで今度は「TOEICリーディング基礎編」をやり始めたところ、また全く同じパターンで驚いてしまった。リーディングだから何か長いテキストを読むのかと思っていたのだ。ところが、これまた単語とイディオムの練習の繰り返し。リスニングと同じというのはどういうことか、と思ったのだが、どうもTOEICの傾向と対策らしく、リスニングでよく出る単語、リーディングでよく出る単語、というのがあるらしいのだ。で、またまた単語の復習に終始するのか、と思ったら疲れてきてしまった。

  相変わらす悩みが尽きない英語学習なのであった。

 

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

Jiaとの交換授業

 仕事や所用で交換授業がなくなっていたが、昨日はJiaが1ヶ月振りにやってきた。

 今日は復習をやろう、というので日本語で前にやった動詞、否定文などの練習、会話などをやったあと、中国語の番になった。私はちょっとした文章を口頭で発表しようと思っていたのが、きちんと準備をする時間がなかったのでimprovisationでやってみた。息子がテニスをしている、というような簡単な話だったのだが、発音を注意されたのは“网球”の“球”。qiuなのだがjiuのように言ったら合格した。???やっぱ有気音、無気音って難しい。

 それからJiaが你听说・・・で始まる文を投げかけてきた。耳を澄まして聞いていると、di4zhen4という言葉が分からない、と気がついた。それでdi4zhen4が分からない、と言うと、ペンを執ってささっと書いたのは“地震”。これで思い出した。中国で大きな地震があったのだった。Jiaは四川省の出身なので、地震の被害が多く出たところらしく、ニュースを見ながらJiaの両親や友達は大丈夫だろうか、と思っていたのだった。会ったら真っ先に安否を聞こうと思っていたのに、(思っていたわりに中国語でどう言うかを調べることもしていなかったことに同時に気がついた。)言われるまで忘れていた。そこで你父母好吗?と聞いてみた。こんな言い方でいいのかと思ったけど分かってくれて、答えてくれたのだが、速いし長いし、そんなの分からないよー、と思っているとゆっくり繰り返してくれたりする。ゆっくりなら分かるっていうレベルでもなかったのだが、それでもmei3shi4というところが分からない、と思ったので尋ねると“没事”と書いてくれた。なるほど、無事だったということか。よかった、よかった。友達も無事だったけど、友達の両親の家が壊れた(らしい)、友達の友達の両親で行方不明になった人がいる(らしい)ということを筆談を交えながら全部中国語で説明してくれた。私の理解度も怪しいのだが、大体そういう話だったと思う。日本は地震が多いのか、というので神戸の地震の話をした。(といっても私が出来る範囲ってかなり限られている。)

 このわけの分からない中国語の会話で勢いがつき、とにかく何でもいいから言ってみる、というスタンスで過ごした。通じないと“这个字”などと言って紙に書く。「Ah」とか納得してくれて正しい発音を教えてくれるのだが、時には私が言っていたのとはまるで関係なくて笑えた。やはりずうずうしさは外国語上達の必要条件だろう。

 この日はいろいろな造語にも挑戦。Jiaが新しく買ってきてくれたテキストのレジュメにも勝手に作った語を入れてみると、「うん、それは出来る。」ということが意外に多い。例えば“卖买”という言葉が出てきたので“卖买人”というのを作ってみたら、そういう言葉があるらしい。中国語が中級レベルの知人から「とにかく漢字をくっつけてどんどん作れるのよ。」と言っていたのは本当らしい。

 昨日の造語の決定版は“死鸟菜”。この名がふさわしい料理がフランスで出たので、その話をしていたのだ。しかし“菜”の発音が悪く、もともと勝手な造語なので、通じず、書かなければならなかった。どうもCをZのように発音していたようだ。やっぱり難しい有気音、無気音。

 ところでこの日Jiaが新しく買って持ってきてくれたテキストは、前から使っているテキストの姉妹編で、話す、聞くを強化するためのものらしく、漢字が一切ない。全部ピンインで書いてあるのだ。Jiaが読みにくいのではないかと思うが、私は漢字で分かってしまうのでこの方が力がつくのでは、と言われた。(鋭い!)しかしピンインで書いてあるにしても、後ろの方に簡体字で書いたテキストを載せるのが普通かと思うのだが、簡体字はどこにもなくて、アルファベットだけ。さすがフランス人!日本のテキストならこれはないと思う。

 そしてこの日のテーマ単語は“草莓”。前日にいちご摘みに行っていたので、家に大量のいちごがあり、授業の合間に次女がちょろちょろ邪魔に入り、「fraises欲しい。」とか言っている。「いちご」は・・・“草莓”、と思いながら、文を作る。昨天我们・・・「摘む」が分からないので手で動作をしていると、zhai1と言いながら書いてくれたのは正に““。そこで文を続ける。昨天我们摘草莓するとJiaが「どこで?」と言うようなことを聞いてきた。哪里という言葉が入っていたので、分かった。一語分かれば大体分かる、ということも日常ではよくあることだ。

 めちゃくちゃでもとにかく話す、ということを実行したので、たくさん会話が出来た気がしたが、私のはやはりまだ中国語ではないだろう。そんなことは分かっているが、とりあえず最初はこれでいいのだ。前よりいろいろ話せるという錯覚を持てた交換授業だった。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。