スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

字幕なしで映画を見る 

 昔字幕なしでアメリカ映画を見ていたが今は英語力が落ちて字幕なしでは分からなくなってしまった、という話はした。せっかく英語を勉強していたのにもったいない、という声も聞こえる気がするが、「映画なんて娯楽なんだから別に分からなくていいさ。」と思っている自分がいるのも事実である。語学学習関係のブログを読んでいると学習の目標に「字幕なしで映画を楽しむ」が挙がっているのをよく見かける。好きな映画を字幕なしで楽しみたい、ということなのだろう。しかし別に全て分からなくても見て楽しめばいいではないか。だから今からでも出来るのだよ、と言いたい気もしてくる。

 私は今はフランス映画は字幕なしで見ているが、フランス映画に字幕なんて付けない国に住んでいるので、字幕が必要とは思わないが仮に必要でも字幕はないのである。初めてフランス映画を字幕なしで見たのは、20年前のパリで、私のフランス語はかなりお粗末なものだった。それでも見て楽しめた。ストーリーの分からなかったところを一緒に見に行ったフランス人に尋ねたら、説明がなくて想像するしかない部分だったということが分かった。分からなくて普通だったということだ。

 その後、フランスに住むようになってからも映画は常に字幕なしだが、いつも楽しんできた。フランスに来て2年目ぐらいにテレビで「刑事コロンボ」を見ていると、一緒に見ていたフランス人から「これが分からない。」などと質問され、あれこれ私が説明した。フランス語吹き替え版だったのだが、フランス語をきちんと理解していたということになる。でも全ての映画やテレビ番組を完全に理解しているということはないだろう。実は日本語でも出来ていないからだ。

 フランス語字幕つきの黒沢明の映画の日本語が聞き取れず、字幕を見ていた、ということがあった。なければ分からないな、で終わってしまうのだが、変に字幕がついているので聞き取れていないことに気が付いてしまうのだ。字幕はシナリオを見て翻訳しているかもしれないと思う。ネットで日本のTVドラマを見ていてせりふの声が低すぎて聞き取れず、中国語字幕で意味が分かったということもあった。(私の中国語のレベルで通用する内容なのだからかなり低レベルである。)これらの経験でも日本語の聴解力が落ちてきたかも、などと不安になったりはしなかった。

 今の日本の、主に英語教育関連で、字幕なしで映画を見る、ということが大げさに考えられすぎているのではないかと思うことがある。研究、分析のために見る映画ならともかく、個人的に娯楽としてみる場合、見て楽しめれば理解度は問題ではない。普通の娯楽的な映画はストーリーもさほど複雑ではないことが多いので、せりふが全て分からなくても筋はつかめるのではないかと思う。どんどん挑戦して分からないところがあってもあまり気にしなくてもいい。ここだけは分かった、などの楽しみ方も可能だと思う。字幕が付いているとついつい見てしまうので、DVDなら字幕を消して見るのがいいと思う。

 さて私はどうか。今は英語の学徒ではなく、映画を見るのも映画のためであり英語のためではないので、字幕があれば使わせていただく。字幕のフランス語を読みながら英語を聞く、というのは結構疲れる作業なのだが、やはり英語は学んではいなくても、語学学習者の悲しい習慣で、聞こえてくると聞いてしまうのだ。それは知らない言語でも同じことで、外国語を学習する前は字幕を見ながら俳優がそれを話しているように感じて見ていたのに、と思うと、失われた能力の一つのようにも思えてくる。その能力は失ったかもしれないが、外国語を聞くという習慣を得たとも言える。ちなみに日本映画でもついつい字幕を読んでしまうことがある。「ふーん、そう訳すのか。」「なるほど。上手い役だ。」「妙に説明が多い訳だけど、仕方ないのか。」「かなりずれているぞ。」と映画を見ながらなんと邪念が多いことよ。

 

スポンサーサイト
[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

字幕なしで映画を見ていた私なのに・・・

 Chez toiさんから「まゆのさんは映画を字幕なしで見ていたらしいのに、なぜ今そうなってしまったのでしょう。」という趣旨のコメントをいただいた。

 アメリカ映画を字幕なしで楽しめたのは随分前の話だが、本当のことである。飛行機で海外に行く際飛行機の中で字幕なしの映画を見て楽しんでいた記憶がある。(JALではないので日本語の字幕などなかった。)短期ではあるがイギリスに語学留学中にTV番組も見ていたし、演劇も見に行ったことがある。当然字幕などない。音声多重放送が出てきたころだったので、自宅のテレビで副音声の英語で映画を見ていたこともあったし、幼児番組とは言え、昔放送されていたセサミストリートなど普通に見て楽しむことが出来た。

 今セサミストリートを英語で見る環境には居ないし、その他のテレビ番組も英語のものを見たりはしていない。(見ようと思えばCNNとBBCは英語で見られるはずだが。)フランスに来てからは映画もあまり見に行かず、たまに見に行く時やテレビで見る時はフランス語吹き替えだし、近頃子供と見に出かけるアニメ絵画などは全てフランス語吹き替え版である。

 こんな環境の中で字幕なしでアメリカ映画を見ることなど忘れていたし、必要もなく、今も字幕なしで理解できるか、など考えたこともなかった。英語の映画が字幕なしで分かなくなっているのに気が付いたのは1年以上前のことだ。たまたまYouTubeで映画を見ていて、日本語字幕が出ていたので、字幕をずっと読んでいる自分に気が付いたのだ。

 さてここから、なぜこうなったか、ということを考えつつ、語学の習得について考察していきたい。

 世の中には「バイリンガルになる」という言い方をする人がいるが、バイリンガルというのは一度なったら一生もの、という種類の資格ではない。バイリンガルとは言わないまでも結構いい線行っていた筈の私の英語の例を見てもそうだが、前はもっと分かったのに忘れた、という経験を外国語で持つ人は多いと思う。つまり外国語というのは維持の努力を怠ると力が低下していくものなのだ。私のフランス語だってそうだと思う。今はフランスに暮らしフランス映画を字幕なしで楽しめるが、フランス語圏を離れフランス語を日常使うことが全くなくなって数年したら今のようにはいかないと確信している。フランスから離れたらフランス語の維持に努めない限り、少しずつフランス語の語彙はこぼれ落ちていき、話す習慣を無くし、聞き取りの力も落ちるはずだ。(しかしフランス語の耳は英語より日本語の耳に近いので落ち方は英語ほどではないのではないかとは思う。)

 つまり私は英語を維持する努力を怠ったのでこうなったというのが簡単な結論である。

 

続きを読む

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

中国語の比較             

 アンコール中国語講座の先週のステップで比較の構文を学習した。この講座は去年やったはずなのだが、このあたりは全く記憶になく、初めて聞くような気がした。

まず出てきたのは

大连比北京凉快。

気温の話をしているのにそれを明記する必要はなく、日本語に似ているのが面白い。スキットには

工资比你妈妈高多了。

という文もあった。これも「私の給料はお母さんの給料よりも」とくどくどとなりがちな西洋語に比べてすっきりした文になっている。「給料はお母さんよりずっと多いよ。」という日本語と同じだ。やはりアジアの言語だから共通点があるのか。

しかし否定文は奇妙に感じた。

大连没有北京大。

“没有”ってどこから来た?という感じなのだが、中国語の否定文は“不”と“没(有)”のどちらかを使うようで、そのどちらなのかが分かりにくい、という新たな問題を自覚することになった。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

久しぶりに英語の短編

 今日は待ち時間があったので以前から持っている10 Short Stories: From Guided Reading to Autonomyという本の中の短編を読んだ。この本は前にメインブログでも紹介したし、この本の中の短編はこのブログでも扱ったが、久々の登場である。

 読んだのはIsaac Asimov の"Robot Dreams"という短編。本当に短いので待ち時間で読み終えてしまった。この著者は名前は知っているが作品を読んだことはなかった。SFと言うのだろうか、人工知能の研究所を舞台とするロボットに関する話である。ちょっと怖いとも思える内容で、テンポもいいし読みやすかった。

  この短編は下の短編集に含まれているので短編好きな方にはお奨めしたい。 
     Robot Dreams (Remembering Tomorrow)

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 洋書多読
ジャンル : 学問・文化・芸術

久々のGR “Notting Hill”

 先日ナントに行くTGVの中で読んだのがこの本。薄くて軽いので持ち運びが簡単だと思い、ハンドバッグに入れていたからだ。

   Notting Hill: Level 3, Penguin Readers (Penguin Longman Penguin Readers S.)

 この本は同名の映画をベースにして書き起こしたGRのようだ。映画は見たことがなく、映画の内容についての予備知識は何もなかった。主演男優の顔やは知っていたので、映画の場面を想像するのに役立ったとは思う。

 映画を元に書き起こした本を読むのはこれが初めてで、GR+映画のリライトという組み合わせについて考えられさせられるものがあった。GR紹介のサイトなどでは評価の高いGRのようだ。映画を見た人は映画のシーンや俳優たちの動作や表情を思い出しながら楽しめるので良いのではないかと思ったが、映画を見ていない私のような読者にはどうか。映画のシナリオか映画そのものを見ながら書いたと思われる本で、シーンの説明や登場人物の服装などが説明されているのだが、描写というにはお粗末な内容で(GRだから仕方がないが。)映画を知らない私は惹かれるものがなかった。会話なども映画から取っていると思われるが、映画では笑うシーンではないかと思われるシーンも笑いに至らない。何が足らないのか。やはり映像の持つ力、俳優たちの表情などがないからではないか。

 ストーリー自体も、ハリウッドの映画スターとイギリスのしがない書店主の恋という設定に無理があるように思ったのだが、映画で見るともっと自然な流れになっているのかもしれない。

 後半は二人の恋がどうなっていくのか(どう話をまとめるつもりなのか。)に興味が出て、映画のシーンが想像できる部分も多くなり、前半より楽しんで読めた。

 原作の映画が好きだった人、同映画に出演している俳優が好きな人、ラブストーリーが好きな方でGRを読みたい方にはお奨めできると思う。GRでないリライトも出ているようなので、そちらと読み比べて映画のリライト小説について考えてみるのも良いだろう。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 洋書多読
ジャンル : 学問・文化・芸術

おしゃべりなイタリア人

 ラジオのイタリア語講座の会話を聞いていたら、昔パリに住んでいた頃、友達だったイタリア人エリザベッタの彼、リカルドを思い出した。

 大学で仲良くなったエリザベッタとはよく一緒にご飯を食べたり勉強したりしていたが、彼女と同居していた同じくイタリア人のリカルドは明るくて話好きな男性で、話題も豊富で楽しい人だった。エリザベッタに用があって電話をするとリカルドが出てくることがある。私が自分の名前を言うと

Oh, Mayuno!

と大声で叫び、べらべらと話が続く。15分ぐらいあれこれ話した後、やっとエリザベッタに代わるのが常だった。

 そんなリカルドが「もうフランスに住んでいてフランス化している自分としては、イタリア人は余計なおしゃべりが多くて我慢できない、と思うことがある。」と言った時は笑いそうになった。ローマでは一日一つの用事が済めばいい、と思っていないとストレスが溜まる。銀行に行った後、買い物をして、それから・・・と予定を立てていると絶対そのとおりにならない。銀行に行くとお客が長蛇の列をなしているというのに、窓口の銀行員は「奥さん、髪型が変わりましたねー。似合いますよ。どこの美容院ですか。」とか「犬の病気は治りましたか?」みたいは話をお客と長々とやっている。そういうのがサービスであり生活の潤いだと思っているので、長々待たされてやっと自分の番が来るとどの人もおしゃべりをしていてますます時間がかかる・・・。後ろでまだたくさん人が待っているのに余計な話で時間を取るなー、と怒鳴りたくなるのだそうだ。今では随分慣れたとは言え、フランスがすでに日本人の私から見ると仕事の効率が悪くてイライラするのだが、私がイタリアに行ったらリカルド以上にストレスが溜まるのではないだろうか。でもどこか憎めないのがイタリア人だと思う。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

「まいにちイタリア語」 - やっぱり会話が面白い。

 NHKの「まいにちイタリア語」の7月第一週めは、ご存知のように会話の特別編だ。放送日より遅れていまったので、やっと今日先週の分を聞き終えたところだ。

 やっぱりイタリア語は会話が面白い。声優さんたちの大げさな言い方が笑いを誘う。文法をやっていると、どうしても私の場合、フランス語に似ているため「知ってる、知ってる。」と思って、実際には自分のものになっていなくても分かったような気がして通り過ぎてしまうことが多い、と自分で思う。会話の場合、聞いていると分かるのだが(耳で聞いてもやっぱりフランス語と似ている。)リズムや抑揚が面白くて頭に残りやすいように思う。文法の例文をどんどん大量に、というのは単調で難しいが、会話など内容があるものは量をこなすことも可能だ。イタリア語の場合は、文法をほじくるのではなく、とにかく聞く、読むという学習方法が、今の私には合っているのかもしれない。簡単な会話を通して今までの文法事項を復習できる、というのはなかなかいい。リスニング編はもとよりこのパターンなので、今週はうれしい一週間である。もっと会話が長くて、何度の聞かせてくれたら、と思う。今の「まいにちイタリア語」は時間が15分と短いこともあるのかもしれないが、解説の日本語がゆっくりで、イタリア語をしつこく聞かせる時間が取れないのか、2回ぐらい聞くだけに終わっているのが残念だ。会話の意味の説明はテキストにもあるのだし、あまり丁寧にやる必要はないのではないだろうか。

 ところで「アンコールイタリア語」のテキストを2冊注文した。パート1と2に別れていてこれで半年分。4-9月期と10-3月期が同じ内容らしいので、10月からのために今から注文した。雑誌なのだが定期購読扱いにはならないので、海外発想を扱っているところが少なく、届くのに時間がかかる。まあ10月までに届けばいいのだから余裕がある。「まいにちイタリア語」は10月からは4月からの再放送らしいので、別のものを聞きたくて「アンコール」にすることに決めた。入門編は会話が多いらしいので楽しみである。

 

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : イタリア語
ジャンル : 学問・文化・芸術

中国語、完了の「了」の位置

 先週、NHKラジオ講座「アンコール中国語」の「耳たこ中国語」を聞いていて、おやっと思うことがあった。ステップ50のスキットの中に

你自己吃药吗?

という文があり、この文の「了」の位置にひっかかりを感じたのだ。というのは同じ日のキーセンテンスが

我吃两片止疼片。

で、文法解説で

「動作行為の完了を表す助詞の“了”は動詞の直後につきます。」

と説明しており、テキストにもそう書いてあるからだ。一つ目に挙げたスキットの文を聞いて“了”が動詞の直後じゃないじゃないか!と思ったのだ。

思えば旅行会話帳に

你吃饭吗?   Hello !

と書いてあり変に思ったことがあったが、この文も“了”の位置が動詞の直後に来ていない。

 動詞+目的語でも一体化しているものがあるのではないか、と思った。

吃药 はともかく吃饭はかなり一般化し日常的によく使われる組み合わせのように思える。こういうのって離合詞って言うんだっけ?と思うのだが、NHKのテキストには何の説明もなく、手元に有る本にも特に説明が見つからない。

 何かと謎の多い中国語の文法、の例がまた増えてしまったようだ。痒いところに手が届く説明がない、一つ説明した後その舌の根も乾かぬうちに説明から外れる文が出る・・・。私のような真面目な初心者には困ったことである。

 

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

NHK語学講座も後半

 このブログのテンプレートもこの間、夏バージョンに変え、と言ってもあまり変わってないが、長女が夏休みに入ったので、我が家も夏休みっぽい雰囲気になっている。

 去年の7月号のラジオ中国語講座のテキスト(今のアンコール講座は去年の再放送なので、去年のテキストを使っているのだ。)を出してきたら、あら、表紙が新品同様。つまり去年は7月から惰性で聞くようになり理解していなかったということだ。今年はスキットを聞いていて大体分かるし、今月から始まった聞き取りのドリルも聞き取れるようになっている。1年なんとなく続けてきたわけだが、1年前よりや向上しているようだ。

 4月から勢い込んで去年のCDで始めた応用編は5月のはじめぐらいで脱落。やはりスキットが難しくなってきて分かるところが少なすぎて続けられなかった。来年また挑戦したいと思う。

 中国語はちょっとした疑問が先週からあるのだが、このパソコンは簡体字が打てる環境ではないのでのちほどまとめてアップしたいと思う。

 「まいにちイタリア語」講座は数日遅れてしまったが、今後も継続予定だ。文法編は覚えていない動詞の活用が出てき始めたので、きちんと復習しなければ。

 アラビア語はこのところ勉強できずにいる。来週から暇が増えるはずなので再開したい。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。