スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

イタリア語のネット学習

 イタリア語は文法の本を頑張ってやっていたが、忙しくなって遠ざかっているうちに勉強する習慣を失ってしまった。そして再開のきっかけがないまま、ずるずる何週間か発ってしまった。

 NHKの講座は放送日に合わせて聞くことでリズムが保てるし、一日の量も無理がないので忙しくてもなんとか時間をやりくりしやすい。独学では勉強のリズムの確保がまず肝心であると思う。

 こんなことで、何か強制力のある方法でイタリア語学習を再開できないか、と考えていたところ、e-learningを見つけた。高価なものでなく、あまり低レベルでもなく、強制力があるもの、という条件にあてはまる内容だと思った。

 ネットには無料の講座もいろいろあるが、内容的に少なかったり、レベルが合わなかったり、数回やるにはいいが、継続してやるには向かないものが多いと思い、無料の講座は考えなかった。

 選んだのはAssimil Itamienというネット講座だ。本で有名なアシミルの講座ということで内容的に信頼できると思った。説明を読むとB2レベルまでカバーしているという。私のレベルはA1だと思うのでそんなに進むことが出来るのか、と思った。値段は一年で59ユーロと安い。

 やり始めて分かったことだが、内容はアシミルのメソッドの本と全く同じであるらしい。ただ本ではなくオンラインになっている、ということのようだ。本とCDを買っても同じぐらいの値段のはずで、値段的に安いということはない。むしろパソコンとインターネット環境がないと勉強できない、という欠点がある。テキストをワードにコピーすることは出来るし、音声もダウンロード出来るが、一文ずつが1ファイルになっているのでダウンロードして繰り返し聞くには実用的ではない。やはりオンラインで勉強しないと不便だろう。

 しかし本にはない長所もある。1年という期限が付いていることである。本は購入すればいつ使ってもいいが、これは1年経つ使えなくなってしまうわけで、一年以内に終わらせる意気込みが必要となる。

 ところが147課もあるのだ。1課は今のところ20-30分で終えられる内容だ。二日に1課進まないと一年で終わらない計算になる。内容が高度になれば一日1課は難しいかもしれないし、そもそも出かけていて出来ない日も出てくることを考えると出来る日は必ずやる、ぐらいでないと終えられない。ぼやぼやしていると一年経ってしまう、これが強制力となる。

 もう一つの長所はこれはやってみて分かったことだが、クリックして進んで行くので一通りやると「Bravo!この課は終わりました。」とメッセージが出る。授業に出ていると100%分かっていなくても、先生が大体OKだと判断して次に進んでくれるが、独学だとこの判断が難しい。完璧に理解しないと次に進んではいけない気がして、いつまでも同じところで停滞し、進まないのでやる気を失くすことにもなりかねない。

 ネット講座だと次に進め、という指示が出るので、ちょっとぐらいあやふやなところがあってもとりあえず進んでいく。進みながら前の復習事項も出てくるので、後から分かってくることだってある。ネット講座の長所だと思う。

 短所は説明が簡単すぎること。疑問点があっても尋ねられないのは本と同じだが、この講座は文法コーナーがあるにはあるが、疑問点が調べにくい。私は本に線を引いたり書き込んだりして勉強する習慣があるが、それは出来ないのでエクセルで単語表を作りながら取り組んでいる。文法事項もあとで見たいと思ったことはコピーしてワードに貼り付けている。

 オンラインでネイティブの発音を聞いた後で自分の録音する機能が付いているが、私のマイクはきちんと使えるものであるのも関わらず、録音の声が小さすぎてほとんど聞こえない。だから録音機能は活用していない。もともと自分の声を録音して聞く習慣はないので、あまり気にならないが、せっかくある機能なのに残念ではある。

 こんなわけでいろいろ不満はあるものの、安価だし、強制力となり得るという点が良いので続けており、今は2週間目に入っている。夏休み中なので、やっていると子供の茶々が入ってくるが、どうにかほぼ毎日続けている。長女が「イタリア語ってフランス語と似てるね~。なんか勉強していないのに分かっちゃうよ。」と言っていた。そうなのだ、だから逆にちっとも身につかないのだ。「だからかえって大体分かる~と思っているだけで結局覚えられないのよ。大体わかることをきちんと覚えるのって面倒だしさ。」と答えたら、理解してくれた。簡単そうに見えても実際には簡単ではないのだ、ということを分かって欲しい。

スポンサーサイト
[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : イタリア語
ジャンル : 学問・文化・芸術

最近の勉強

 最近急に忙しくなり、中国語だけをなんとか続けていたが、少し落ち着いてきたのでイタリア語を再スタートした。アラビア語はすっかり遠ざかってしまっている

 中国語

 Jiaとの交換授業とJiaが来る直前の30分ぐらいににわかにテキストを出してきてちょっと見たり、という以外はNHKの「まいにち中国語」を放送からちょうど2週間遅れてしまったが、継続している。

 来週はJia仕事で来られなくて、その後は二人とも夏休みなので8月末まで交換授業はないのだが、その間にもNHKのテキストなど、出来ることをやっていこうと思っている。

「まいにち中国語」はまだテキストを見ずに分かるところがほとんどで、難しすぎず、分かりやすいので楽しんでいる。講座の雰囲気が好きなのも遅れながらも続けられている要因だと思う。

発音のコーナーの練習はずっと声調ばかりだが、これがためになっているように思う。声調はいくつかをつなげて練習するのが一番良いのではないか、と思っていたのだが、正にそれをやってくれている。一つずつが出来ていてもつなっがったときの発音が不自然なので、文単位でイントネーションとして捉えるとより自然に聞こえるのではないか、とJiaからも言われた。今はこの番組では3語のかたまりで声調の練習をしているが、長い単位になると声調も微妙に変わっているのが分かって面白い。

 さりげなく文法事項も少しずつ紹介されている。また金曜日の放送の例文には新しい文が出てきており、聞き取りの練習になっている。

 イタリア語

 文法の本で頑張っていたのだが、忙しくてやれない日が続いて習慣を失くしてしまった。ある程度の時間続けて座って辞書や参考書を広げてしなくてはならない勉強なので、忙しくなるとすぐ出来なくなるという欠点がある。またやらない日が続くと再開に勇気と決意が要る。

 文法の問題をやりながら、わりと基礎知識はあるのに、まったく使えないような気がするのはなぜか、と考えていた。第一の原因は何度もここで述べてきたが、フランス語と似ているため、大体分かるのが災いしてきちんと覚えない、だから使えない、ということだと思うが、一人で本やCDをやっているだけで実践的な練習を何もしていない、というのも大きいと思う。不定期ではあってもネイティブのJiaと会って、下手でもとにかく知っていることを中国語で言おうとする、という練習は実践力を養う。ところがイタリア語はそういう経験が欠如している。町で見かけたイタリア人にイタリア語を話してみたこともあるが、常に出来ることでもない。やはりグループレッスンでいいから習いに行こう、と思ったのだが、新学期の時間割を見ると私の都合に合わず、授業料だって安くないので、休みがちになってしまってはもったいない、というわけで、今年も習うのは見送りとなった。ぜひ来年はレッスンに通いたいものだ。

 独学の欠点は、マイペースで出来るのはよいのだが、強制力がないことだ。そこで何か強制手段となるものはないかと考え、e-learningの講座に申し込んだ。無料のものは良いものがないのでもちろん有料である。(でも安いけど。)この講座については新記事を書こうと思う。

 今まで見えてきた私の学習パターンは、中国語はNHKもあるしJiaも居るので忙しくても細々と続けていける。イタリア語は教材は探せばいろいろあるし、旅行でイタリアに行きたいという野心もあるので中断してもなんとか再開する。忙しくなると一番犠牲となり、再開にも一番決意がいるのがアラビア語である。教材の少なさや言語自体の難しさ、先生もいない、というのが響いていると思う。やっぱり3言語はちょっときつい、というのもある。でもせっかく始めたのだから、ときどき休みながらもあきらめずに続けて行きたいと思う。中国語かイタリア語の勉強がもっと進んだら、アラビア語を習うことも考えているが、今はまだその時期ではない。

 悩みが尽きない語学学習だが、悩みながらも続けており、少しは進歩していると思うので良しとしよう。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

英文法の本

     前の記事に書いたように、にわかに英語の文法を見直す気になってきたわけだが、手元にあるA Practical English Grammar はなかなか良い本のようで読みやすい。ただ練習問題があった方が勉強している気になるのだが、もしかして別冊で練習問題がないだろうか、と思って調べてみるとやはりあった。

Practical English Grammar: Exercise 1
Practical English Grammar: Exercises 2

本冊に準拠していると思うが、どのような練習なのか見てみたい。

 有名なPractical English Usage の著者、Michael Swanが書いたHow English Works?も評判いいようだ。
 How English Works: A Grammar Practice Book

テストを受けて間違えたところを勉強するというシステムになっている。最初から順番にこなしていく必要がなく効率が良いような気がした。ただ初、中、上級と三つあるテスト問題を見てみたのだが、随分簡単な気がした。気のせいだろうか。

 その他の文法書としては良いと以前から聞いていたEnglish Grammar in Useがある。

      English Grammar in Use With Answers (Book & CD-ROM) : A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Students of English , Intermediate      Advanced Grammar in Use with Answers

 よく評判を聞くのは左の青い表紙の中級編だ。最近はCD-Romも付いているらしい。 上級編も出ていたとは知らなかった。CD-Rom付きのものも出ているようだ。

 私も持っているA Practical English Grammarは参考書なので最初から丁寧に読んでいくのもだるい気がする。説明と問題が見開きにまとまっていて自習向けに出来ているEnglish Grammar in Useを使ってみるのもいいかもしれない。

 このような本のフランス語文法があると嬉しいのだが、外国人学習者用のものは私には面倒になってしまっていて、フランス人用のものを参考にしているが練習問題が少なく、例文が文語的になりやすいきらいがある。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

私の英語の勉強に必要なことは?

 先日、好奇心から、とある語学学校の英語の無料レベル分けテストをオンラインで受けてみた。20分程度で出来るもので、一問45秒という制限時間の中で穴埋め選択問題、とリスニングの問題があった。

 あとで学校のセールスの人が電話で教えてくれたことによると、中級者向けの問題だったそうで、上級用の問題は別にあるそうだ。結果は

文法 100点満点中、57点
語彙 満点
リスニング 満点

だった。文法の点が極端に低い。つまり文法を忘れている、ということだ。引っ掛け問題みたいなのばかり出ているように見えたが、基本的なことも忘れているのかもしれない。

 15レベルに分けた中の下から11番目のレベル、という判定だった。一番上級の15番目のレベルは英語でビジネスをし、交渉や自分の専門分野の説明や討論をこなし、専門分野の英語の文書も問題なく読め、仕事のレポートも英語で書ける、というレベルらしいのだが、そこに達するまで4レベル上がらねばならず、1レベル上がるのに40時間の授業が必要なので160時間、一週間5時間(オンラインCD-Romによる自習4時間、ネイティブとの電話レッスン30分を2回)勉強せよという。授業料は細かいことは忘れたが2000ユーロを超えていた。最終的なテストに合格できなければ授業料は全額返還する、という契約を交わし、成果は保証するがその代わり私は言われたとおりのプログラムをこなす義務がある、という内容。

 もともと戯れだったし、一週間に5時間も勉強する時間を取れないし、差し迫った必要もないし、お金もないし、で申し込むつもりはないのだが、今まではなんとなく英語の読み物を読んだり、英語の放送などを聴いていただけだったが、文法を復習する必要があることをこのテストは教えてくれた。

 考えてみれば、英文法なんて20年以上やっていない。忘れていても不思議ではないと思う。そこで家にある英文法の本を見てみた。

  うちの本棚にあったのは下の2冊。A practical English Grammarと Practical English Usage だ。

   A Practical English Grammar    Practical English Usage
 前者は昔、同僚の英語教師に勧められて買ってみたものの使っていないので新品のまま。(値段のシールがまだ残っていて110フランと書いてある。ユーロに変わる前に買った物らしい。)後者は大学時代に使っていたもので私が持っているのは一つ前の版だ。上記の英語教師からこの本も薦められ、持っていたのでこちらは買わなかった。「新版に買い換えなきゃいけないほど英語は大きく変わっていない。」とその教師からも言われた。

 文法をやり直すならやはり題名からも内容からも前者かな、と思った。ぱらぱらと見ると完結で分かりやすい説明だ。ただ練習問題はないのだろうか、と思った。そんなことからいろいろと教材を見てみたので別記事にまとめてみよう。

 

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

Jiaが中国で買って来てくれた教材

 交換授業をしているJiaが北京から帰って来た。そして「買ってきて。」と頼んであった教材を4冊も持ってきてくれた。アマゾン・チャイナのサイトで検索してメールでリンクを送り「これをお願い。」と頼んだら、忙しくて書店で探している暇がないかもしれないからと言って、中国の実家に届くようにフランスから注文してくれ、北京に仕事で行ったついでに両親にも会いに行ったので私のために保管しておいてくれた教材を受け取り、リヨンまで持って帰ってきてくれたのだ。そんな手間をかけるならアマゾンに頼んでフランスに送ってもらうよ、と言った私に、そんなことをしたら送料が本代より高くなってしまう、とJiaが反対したのだ。

 買って来てくれたのは「看图说话」の上下巻。とりあえず上巻の第五課からやり始めた。

看図説話

 絵が豊富でその課の話題に関連した会話とそれについての質問、まとめの長文などがある。語彙が豊富でちょっと苦しいのだが、文法的にはまだそれほど難しくなく十分ついていける。語彙の意味は絵で分かることが多く、絵をタネにして自由に会話も出来るし、絵を見て説明する練習も出来る。昨日も果物の絵を見て、どれが好きだとかそんな話をした。会話はJiaに読んでもらって聞いて理解、テキストの質問にも口頭で答える、というやり方でやっており、ネイティブスピーカー と勉強できる機会をフルに活かした使い方をしていると思う。この教材はカセットも出ているらしいが、独習は難しいだろう。

 独習用に買ってきてもらったのは「汉语阅读教程」という本。これの第一冊と第二冊を買ってきてくれた。


漢語閲読教程  

 2冊目からやろうと思っていたのだが、Jiaが1冊目も買ってきたので1冊めの途中からやるつもりでいるが、まだ手をつけていない。こちらは自習で進め、分からないところを聞くようにしようと思う。英語の解説が入っているのだが、各課の始めに漢字や単語のリストがあり、巻頭の説明に単語や漢字を全て覚えてからその課の勉強を始めろ、とある。厳しいように思ったが問当然か・・・。

 ところで、アマゾン・チャイナのサイトを見ながら、中国は何でも安いって言うけど本は違うんだな-、と思った。どの教科書も20元以上しており、何冊か買ったらすぐ100ユ-ロぐらいになっちゃう、と思っていたのだが、中国元で100元なのであって、ユ-ロではなかった・・・。4冊の合計は100元程度だったのだが、10ユ-ロぐらいに相当するようだ。フランスでこのようなテキストを買えば1冊20ユ-ロぐらいするので、中国の方が4倍安い計算になる。紙がわら半紙のようだが値段が安いのだから仕方がない。第一、本は中身が肝心なのだから。

 注文してくれた上に中国から運んで来てくれたJiaに、立て替えてくれていた本代を払おうとしたら「安いし、プレゼントするよ。」と言われた。Jiaの郷里のご両親の手も煩わせているというのに。しっかり勉強して恩返ししなければ、ね

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。