スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

中国語の難しさ --- 重さの単位

 NHKラジオ「まいにち中国語」講座だが、遅れて聞いているので、今日やっとエチュード8(11月23日から29日放送分)を聞き終わった。実はこのエチュードは文法的には特に難しい点がないのに、初めて聞いたときに分かりづらく、数日間続けて番組を聞いても、どこかすっきりしない点があった。それをどうしてか考えてみると、このエチュードは街頭の焼き芋屋さんとの会話で、重さの単位が出てくる。その重さの単位に馴染みがなく分かりにくいのが、どうもこのエチュードになじめない原因なのではないかと思った。

出てきたのは“一斤”、と“六两”なのだが、“斤”は今までの中国語学習の中で何度も出てきたのだが、なんだか分かる気がしない。1斤は500gらしいのだが、この辺がどうもピンと来ない。今までも1キロ買うのに“两斤”と言っていて「?」と思ったことがあったし、理屈は分かっていてもどうも身についていない気がしてならない。さらに、“六两”となると、「六両」なら重さではないし、一帯何の話だか分からなくなって来てしまう。日本語を見ると「300グラム」と書いてあり、ますます腑に落ちない。語句の説明を見て、思い出したが、“一两”は50gのことである。あー、ややこしい。

 こんな風なので役割練習をしていてもなんとなく自分自身の言葉ではなく内容が分からずに言っているような気になってしまう。外国語というのはこういう習慣の違いに惑わされることもある、と思い出した。

 英語をやっていた時はマイルとかインチ、ポンドなどが出てきたはずだが、若かったからか、あまり深く考えず、その後仕事で英語を使うようになり、アメリカ人が何マイル、などと言う話をすると「それって何キロメートル?」とか「キロメートルで言ってよ。」とかケチをつけて済ませていた。日本に居たのでそれで通ったのである。

 フランスは日本と同じ、キロメートル、キログラムを使う国なので、マイルやポンドで悩まされたことはない。ただ、西暦を言う時に1800をdix huit centsと18百という言い方をしたり、日本語ではほぼ絶対に言わないdemi million (つまりハーフミリオン、百万の半分なので50万と言いたい。)というのが咄嗟に幾つか分からず戸惑ったこともあるし、日本ではあまり使われていないcl(センチリットル)でまごついたこともある。(日本ではリットル以下はデシリットルとミリリットルが主流だと思うが、フランスではデシリットルはあまり使われずセンチリットルが日常生活で使われている。)こういう習慣の違いは外国語の純粋な難しさとは違うと思うのだが、やはり避けては通れない。

 血圧の言い方や視力の度数の言い方なども日本とフランスでは違っており、生活の中で学んでいったわけだが、言語ごと、国ごとにいちいち習慣が違うのか、と思うとちょっと頭が痛い。

 

スポンサーサイト
[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

イタリア語の動詞のワークブック

 来年はイタリア語を頑張ろうと思っているのだが、それでItalian Verb Workbookという本を購入した。

Barron's Italian Verb Workbook

 

届いてみると思っていたより大型の本で、ワークブックと言うだけあって書き込めるようになっている。

 昨日最初のページから勉強を始めたが、さすがアメリカの本、とにかく丁寧で驚く。動詞って何?、活用って?というところから始まっている。それを簡潔に分かりやすく説明した後、動詞の種類、活用に入り、まだ始まったばかりなので直接法現在のところをやっているが、条件法や接続法も扱っているのでこの本を一冊やれば活用に関しては中級までカバーできそうだ。基本的な語彙を覚えつつやっていけるように工夫されていて、動詞の活用を覚えようと思って買った本だが、語彙増強にも役立ちそうだ。単語のリストも出ており、数は少ないが何度も同じ単語が出てきて覚えられるしくみになっているようだ。

 ひたすら単語の活用を書いて埋めていくトレーニングペーパーのようなものを想像していたが、そうではなかった。会話のページもあるし、短文作文もあり、クロスワードパズルなどもある。

 一通り説明があったあと、問題に入るので、このワークブックをやりながら他の本を参照する必要がないのも有難い。
 

 フランスには同種の本はなく動詞関連の本は活用の参考書と問題集があるが、初心者が活用できるようなものは見あたらなかったので、英語の本を購入したわけだが、良い買い物だったと思う。

 初心者が使える本ではあるが、イタリア語を全く知らない入門者にはちょっと難しいだろう。私のように少し齧ったことがある人、大体わかってはいるがきちんと覚えていない人に向く本だと思う。Basic Englishの分かる人なら問題なく使える。

 イタリア語はいろいろな本を持っているのだが、なかなか自分に合った本が見つからず、あれこれ試しているところだが、これは正直にやっていけば良い本なので使いやすいかもしれない。とにかく書いてやっていけばよく、覚えたがどうか自分が判断して次に進む、という手順が省ける。順番にやっていけばとりあえず、基本的なところは頭に入るように作られている本だと思うからだ。継続して定期的にやっていかないとこの本の利用価値が下がってしまうと思う。繰り返して覚える効果が本から得られるようになっているわけだが、忘れるまで間をあけてやっていては効果が薄れる。毎日少しずつ、を目指してやっていこうと思っている。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : イタリア語
ジャンル : 学問・文化・芸術

Jiaとの交換授業

 NHKラジオの中国語講座はもともと放送日より一ヶ月遅れて聞いていたのが、仕事が案外忙しくて聞けない日が出てきてしまい、またさらに遅れてしまった。それでも続けてはいる。

 先日久々にJiaが来た。まず日本語の授業をしてから私の番になった。なんだか疲れていていつもの本をやる気になれず、「そうだ、10月号の分で復習しなければ、と思っていたのにそのままになっていた分があったはず。」と思い出した。一人でやるのではなくJiaとやってそれを復習としよう、と思ったわけだ。

 取り出してきたのは10月号の最後の方に載っている楊先生の講座の第五課。「時間量と回数を表す構文」という題名で、講座の説明を聞いていて「複雑だな~。面倒だな~。」という印象を受けた。それまではこの分野については特に苦手意識もなく、勉強していなかったので気がついていなかった、ということなのだろうが、難しいとは思っていなかった。講座後半のスキットの時はあまり難しいとも思わずに普通に聞いていたが、「トライしてみよう」のコーナーで、聞き取り問題は良かったが、並べ変え問題で一つ間違えてしまった。その時は一問ぐらい・・・と思ってあまり深刻に考えなかったが、その後「自習コーナー」をやってみたら、なんと全部少しずつ間違えてしまい、「これはまずい。」と危機感を持った。ここまでは講座を聞いた時とその直後に問題をやった時の話だ。

 その後、もう一度テキストを見直して復習しなきゃ、と思いつつ出来ずにいたので、Jiaとテキストの解説のところを一緒に読むことから復習を開始した。Jiaは日本語初級者なのでもちろんテキストが説明が全部分かるわけではないだろうが、例文の中国語を見たり、解説の漢字から類推も出来るので、ある程度はポイントが分かるらしい。

ポイントにはこう書いてある。

① 動詞+時間量/回数+目的語

② 動詞+“了”+時間量/回数+“了”

③ 時間量/回数+動詞+時間量/回数

正直言って、これだけでは分からない。(もしかしたらこのブログを見ている人で語学学習初心者がいらっしゃるかもしれないが、こういうものをこれだけ暗記しよう、というやり方は良くない、とだけは一応述べておこう。)解説を読むと「時間量/回数」というのが「時間量とか回数」のことだとわかるのだが、それを文中のどの場所に置くのか、ということが案外ややこしい、ということにここで気がつく。

 例文を見ながら、「ふーん、確かに難しいな。」とJiaが今更ながらつぶやいている。

①で難しいのは「目的語が人称代名詞の場合は「動詞+目的語+時間量/回数」と順序が変わる点。こういうのは公式を暗記するより例文を見たほうが頭に入る。そこでブツブツ例文を繰り返して覚えようとしていたら、声調を間違えて直された。やはり私とは耳が違うのだ。私は語順にこだわって声調が疎かになったのだが、ネイティブはそれはない。

②は“了”が二回出てくるというのが既にちょっと苦手な気がするのだが、それ以外に時間量/回数の問題もある。例文に

1) 山本学了两年汉语了。(山本さんは中国語を学んで2年になる。)

というのがあった。そこで、

2) 山本学了两年汉语。

なら今も中国語を勉強しているのかは分からないがとにかく2年間勉強した、ということだろうか、と質問したら、Jiaからその通りだと言われた。そしてJiaが別に期間を入れなくても同じような文が作れる、と言う。

3) 山本学了汉语了。

といのがそれ。

4) 山本学了汉语。

なら今勉強しているわけではなく、前にやっていた、という意味になることは分かるのだが、それではこのJiaが提示した例文3)と

5) 山本学汉语。

とでは同じことなのか、と新たに疑問が沸いた。それを聞いてみると、今勉強しているという点では3)も5)も同じなのだが、3)は“了”がついているので、それなりに上達している、ということが暗に含まれている、と言われた。(じゃあ、私にはこれは言えないな、と内心密かに思った。)

テキストに

6)小池已经当了二十年律师。 (小池さんはすでに弁護士になって20年になる。)

というのがあったが、これも“二十年”を省略すれば「弁護士になった。」という意味になるそうだ。

そして以下のような例文もテキストにあった。

7) 他们老板一年要去好几趟中国。 (彼らの社長は一年に何度も中国へ行く。)

“好”がなくても同じ意味、と教えてくれたが、“要”が訳されていない気がしたし、“要”っていろいろな意味があるので、これはなんなのだろう?と不思議に思った。そこでそれを聞いてみると、「習慣、とか行かなくてはいけない、という意味だ。」と言われた。行くことになっている、ということか。“要”も簡単なようで実はよく分かっていない事柄の一つであると思う。

さて、ここが一番分かりにくいのだが、

8) 一个星期游两次泳。 (一週間に2回泳ぐ。)

私はいまだに“游泳”のような言葉が分かれるのか分かれないのか、よく分からないのだ。Jiaは2字めが目的語の時に分かれる、と言って

9)一天吃三次饭。

という例を挙げてくれたが、“吃饭”はいいのだが、“游泳”の“泳”が目的語であるということが私には分からないのだ、と改めに思った。やっぱり謎だよ、中国語は・・・。

仕上げにJiaの監督の下、並べ替え問題と自習コーナーの作文をやってみた。並べ替え問題は間違えそうになりつつ気がついて直してセーフ、作文問題は油断して十二時間を“十二小时”と書いて「何か足りない。」と指摘されてしまった。そして前に私が間違えた文

10)他已经睡了十二个小时。

をテキストに書き込んだものが残っていたのを見て、「これは文としては間違ってはいないよ。」と教えてくれた。ただ、問題は「彼はすでに12時間寝ているよ。」という日本語に相当する文を作ることになっているので、間違っているのだ、と二人で日本語を見ながら話し合った。「ふんふん、『ている』かー。」と納得するJiaを見て彼の日本語も進歩してきたと感じた。

ついでにエチュード3の小明のなぞなぞをJiaに出してみたが、すぐ分かってしまい引っかからなかった。講座では30歳以上の人には知られていないので引っかかるかも、と言っていたが、Jiaは20代なのだ。やっぱりだめか・・・。

Jiaが「テキストの会話のロールプレイをやる?」と提案してくれたが疲れていたのでこの日はこれで終わりにしてもらった。

年末年始の休暇でJiaが出かけるそうなので、またしばらく会えないが今度会うときはもっと疲れていないようにして、積極的に話すようにしたい。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

語学CD・カセットの声

 先週、縁あって日本語能力試験の試験監督をした。担当したのは4級で50人程度の会場の責任者ということで(当日行ってみたら、はい、あなたが責任者です、みたいな感じで驚いた。)時間の管理などでちょっと緊張した。終了5分前に知らせなければならなかったからだ。さらに緊張したのが聴解問題。万が一機械の故障などのトラブルがあったら・・・と思わないでもなかった。一応事前にチェックはしてあり、故障時の連絡先ももらっていたが、事故がないとも言えない。

 そんな緊張の中(受験者も緊張しているだろうが監督者だって緊張するのである。)で聞いた聴解試験のCDだが、密閉してあり、もちろん試験前に勝手に開けていじるなどもっての外で、受験者と同時に初めて聞くことになった。

 CDが始まって驚いたのが録音の声。女性の声で低くかすれており、初級学習者向けのゆっくりな話し方と相まってセクシーさ満点。試験なのでもちろん話す内容がセクシーなわけはないのだが、会話などもあり男女いろいろな人の声が入っていたが、主となるナレーターがセクシーヴォイスなのだ。「試験でこんなのってあり?」と内心かなりびっくりしてしまった。普通はもっと事務的で妙にはっきりした話し方をするのではないのだろうか。最近の試験は傾向が変わってきたのか?受験者の緊張を和らげるためのサービスなのか?といろいろ考えてしまった。後で同級の他の監督者に尋ねたら、声がセクシー、というのに同意していた。

 セクシーかどうかはともかく、語学の学習でいろいろな種類の声を聞くのは必要なことだと思う。入門の頃は不自然にはっきりとした発音で異様に遅い話し方、というのも、有り得るかもしれないが、出来ればそういう生ぬるい教材ばかりではなく、自然な発話に近い音声教材も使いたいものだ。

 だいたい教材の会話はある程度わざとらしいものだと思ってきたが、この頃はわざとらしさが少なく自然な発話に近い教材も出てきているし、上級者向けでは自然なインタビューなどが使われている。(もちろん言語によるが、メジャーな言語では、という話だ。)

 語学学習者としては、耳に心地より声の録音をもちろん望むのだが、職業的訓練の行き届きすぎた話者の録音にはやはりわざとらしさを感じるし、そういうものばかりではなく、子供の声なども混じったものを楽しいと感じる。分かりやすいものが面白いとは限らないのが難しいところだ。

 また録音の内容にあった声を使って欲しいと思う。以前イタリア語の教材のカセットで、中高生の役を年配者の声が担当しており、状況把握に時間がかかったことがあったし、日本語の教材で、学生の役をやっていたのが成熟した声の男性で、違和感を感じたことがあった。マイナー言語ではネイティブにしても素人が劣悪な環境で録音したものと思われる教材もあったし、ネイティブスピーカーが死に絶えた古典語のCDも出ているようなので、そういう言語の発音はどうなっているのだろうか、思ったりもする。教材製作側の苦労も想像できるが、学習者としては楽しめる音声教材を期待したい。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 語学・国際交流
ジャンル : 学問・文化・芸術

NHKラジオ中国語講座 10月分終了

 放送ではもう12月号のテキストに入っているはずだが、私は1ヶ月ほど遅れているので、やっと先日10月号を終え、やっと11月号のテキストに入ったところだ。12月号は実はまだ届いていない。

 月~木の遠藤先生の講座は楽しんで聞いてはいるが、まだそれほど難しくなく、4コマ漫画を見て会話をするコーナーも、テキストを見ずに自分で言える。時間的にも余裕があり、詰まりながら言っても間に合うからだ。そのうち間に合わなくなるのではないかと思うが、今のところ録音を止めることなく言えている。

 金曜日に楊先生の講座はスキットを耳で聞くだけでは全部は分からず、テキストがないと苦しいレベルだ。ただテキストを見て聞けば、難しすぎることもなく理解できる。文法の内容も難しいとは思わなかった。ただ、最後の第五課の「時間亮と回数を表す構文」は、講座を聞いている時は特に難しさを感じなかったのに、後で自習コーナーの作文をやってみたら、いろいろ間違えていて、理解していなかったことに気がついた。この課はあとでもう一度テキストを読み直して復習しなければならない。

 

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。