スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

NHK「まいにち中国語」応用編

今日から新年。今週はラジオ講座の放送が休みなので、遅れを取り戻す良い機会、とばかりに欠かさず講座を聞くことを心がけている。

入門編は11月号を聞き終えたので、12月号の入る前に聞き残していた応用編を聞いている。

昨日聞いたのは第6課。特に目新しいことをやっているわけでもないはずなので、この課も難しく感じられた。既習事項なのにまだ消化していないことを痛感した。文を見ると大体意味が分かるのに、自分で作文するとさっぱり出来ない。最近買った本で英伊作文をやっているが、初歩的な内容なのですらすら出来、意外に作文が出来るなー、という印象をもったのだが、中国語は逆。意外に出来ないなー、ということになってしまった。

 第6課の感想:

“王奶奶”という言葉が出てくる。中国語も日本語と同じで、近所のおばあさんに親しみを込めてこういう言い方が出来るのだな、となんだか懐かしい気がした。

この課のポイントは存現文だが、ポイントとは違うところで疑問が出た。

王奶奶不小心摔了一交。 

という文が会話に出てきた。

“摔交”shuai1jiao1は離合詞であるらしいが、間に入っている“一”は何か。“一次”の“次”が省略されているのだろうか。「転んだ」というのにいちいち「一回」と言わなければならないのだろうか。“了”を使うのには回数や数量を限定する必要がある、というのを前に聞いたことがあるので、その関係だろうか。“不小心”のあとに接続詞もないし、私にとっては非常に不可思議な文である。

スポンサーサイト
[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。