スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

手紙

 テキスト「ときめきの上海」に各課の終わりに、小話やエッセイのようなものが付いている。そこで日本語と同じだか意味が違う言葉の話があって例としていろいろな語が挙げてあった。


老婆 = 妻 これは困る。


小心 = 気を付ける。 なるほど。


工夫 = 時間、暇  どうして?


という具合に見ていると楽しい。が、これは学習には迷惑な話である。分かっていると思って勘違いしてしまうことになる。英語でフランス語に似ているのが意味が違う、ということがあって勘違いしてしまう、ということはよくフランスの英語教育で言われているが、日本人にも中国語相手だとそういういうことがあるのだ。なんだかうれしい気がするが、喜んでいては多分いけないのだろう。


 パリ大学で言語学を専攻していた頃、同じクラスに台湾人で徐麗松と名乗る男の子が居た。ある日、私が休憩時間に日本語で手紙を書いているのをのぞきこんで、「この単語はどういう意味か。」と聞いてきた。手紙という単語だったので「フランス語でLettreだ。」と答えたら、カラカラと笑って「それは中国ではトイレットペーパーのことだ。」と言う。そのときは、そんな馬鹿な、と思ったが、このテキストのリストに「手紙」が入っており、「トイレットペーパー」と書いてある。やっぱり、麗松の言うとおりだった。手紙の冒頭に「お手紙ありがとう。」と書いてあるのを見て質問されたのであるが、確かに手紙の最初を「トイレットペーパー」で書き出していたら、意味を問いたくもなるだろう。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

言語学言語学(げんごがく)は、人類が使用する言語(ことば)の本質や構造を科学的に記述する学問である。英語 ''linguistics''(言語学)の語源は ''linguistique''(フランス語)、さらにさかのぼると''lingua''(ラテン語、「舌、言葉」の意)であり、''linguist

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。