スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

12月5日の勉強

  HNKラジオ講座はまとめて時間が取れなかったので出来なかったが、隙間の時間に他の教材をやった。

一冊目の中国語

 7課の例文を読み、CDを効いて繰り返し、その後日文中訳をやった。思ったより出来るじゃないか。

Méthode 90

 Leçon 8

   前、このレッスンのダイアログをCDで聞いたとき、音が漢字になるのに文の意味が分からず、テキストの文字を見ても分からなかったので投げ出してしまっていた。実はここで私がわからなかったのは連動文だったのだ。投げ出している間に連動文を勉強し、気を取り直してやってみたら、別に難しくなかった。

新出未習単語(一冊目の中国語の単語はもう多すぎて全部を覚えるのは大変になってきたので、まだ知らないのが少ないこちらのはちゃんとやろう。)

工厂        gong1chang3        usine

开会        kai1hui4                tenir un réunion, assister à une réunion

上课       shang4ke4            suivre ou donner un cours

厂长      chang3zhang3      directeur d'usine

 また変な字が出た→。それから chang3zhang3 って発音し難い。chとzhを上手く言い分けられないのだ。(言えていないと思う。) さらに张厂长という人が出てきてますます複雑・・・。さらに入力していてchangと打つとと出ることに気が付いた。調べると长  には読み方が二つあり、chang2 = 長い、長さ、zhang3=年長、大きくなる、責任者、と区別があるようだ。あー、もう、ますます複雑。 

Lecon  9

 勢いづいて次のレッスンもやってみた。台所で立ったままやっていてもこの教材は進む。

 新出未習単語

 蔬菜     shu1cai4            légumes

           mi3                    riz (cru)

  米饭     mi3fan4            riz (cuit)

 料理したお米と生のお米に区別があるとはさすがアジアの同胞!我が家で子供が「お米まだある?」などと食事中に聞いてくることがあり、「あるけど、ご飯のことでしょ。」と言うことになる。なぜ一緒くたにするのだー?と思うことが多い語だけに、「分かってくれてうれしいよ、中国人。」という気になる。しかも日本人には見ればすぐ分かり、発音も似ているので覚えやすい。古代より隣国として交流してきた甲斐もあるというものだ。

 さて、このレッスンの文法説明に以下のことが書いてあったので記憶しておこうと思う。

 にはを付けられるとある。そして物や人をそのまま付けるとその物/人を思う、という意味になるらしい。→ 我很想他。

 +動詞だと「~したい」という意味になる。この意味になるには動詞は必須なんだとか。だから我想吃面包。でもこれにを付けられるかどうかは書いてない。

 さらに。こちらはは付けられない。また動詞も必須ではない。

 我要面包。我要吃面包。どちらでもいいそうだ。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

厂の繁体字が廠で,ついでに工场との違いもあるね。
kai1hui4と1声。
ふ~む,私の中中辞典に他很想当一名教师。という例文あることからすると
我很想吃面包。と很をつけてもいいんではなかろうかと思う。
よし,ここで応用問題だ。
我很少吃面包。を中文日訳してみて。(^^)

Saitoさんへ

 あ、ピンイン間違えていました。直しておきます。

 さて和訳の問題ですが、じゃーん。
「私はめったにパンを食べない。」
じゃないでしょうか。
 実はちょっと辞書を見てカンニングしました。hen3shao3って数ヶ月前にどこかで見たような気がしましたが、覚えていませんでした。これで覚えたかな。

 中日のコンパクトな辞書は一応買いましたが(大きいのは重いので送料がかさみ、人に買ってきてもらうにも不便)なんだか漢字を探すのが面倒であまり使っていませんでした。使ってみるといろいろ説明してありますね。

正解だす。(^^)
http://kosochuu.blog118.fc2.com/blog-entry-54.html
http://p3saito.exblog.jp/5549217
コンパクトな辞書を侮ってはいけません。
適釈のみ凝縮しているのが好みです。
http://p3saito.exblog.jp/5205913

Saitoさんへ

 よかった。ほっ。
 
 しかし自分のブログに書いていて忘れているとは・・・。でもどこかで見たって思っただけマシかも。所詮私の記憶なんてこの程度です・・・。

 辞書はどれがいいのかわからず適当に買いました。高すぎない、重過ぎない、大きすぎない、がポイントで。辞書が必要になるレベルにはなかなか到達しないような気がしたのですが、何もないのも困るんじゃないか、と思ったからです。小学館のプログレッシブのコンパクト版です。文庫分サイズですから本当にコンパクトですよ。字が小さくて見にくいんですけど、コンパクトなんだから仕方ないですね。今のところ、たまに見るだけなのでこれで足りています。
 仏ラルースから中仏の立派そうなのが出ていてこちらの方が私としてはすぐ買えるのですが、やっぱり日本語の方が中国語と相性がいいように思います。
 辞書を使いこなすようになれば中国語のレベルが上がったと言うことでしょうが、まだあまり調べることもない状況です。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。