スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

アラビア語講座 2週目を終えて

 NHKラジオアラビア語講座 2007年度―短期集中講座 初歩からのアル・アラビーヤ (2007) (語学シリーズ)を使って勉強を始めたアラビア語だが、実はしばらく前に2週目を終了していたのだが、報告が遅れた。

 その理由は(大したことではないが)、単語張を作ろうと思って作っていなかったからだ。今日やっと動詞と形容詞の知らないものをまとめてカードを作った。

 実は私は、英語もフランス語も、単語帳や単語リストなどをせこせこ暗記した記憶はほとんどない。大学受験のときに、他の受験生がよくやっているように、英語の「出る単」は使ってはいたが、それぐらいだった。以後、自慢ではないが単語を人工的に覚える努力を怠ってきた。

 ところがアラビア語は、どうも相性が悪い言語で、自然にしていたらちっとも単語が頭に入らない。どうも私は母音や語のリズムの方に敏感で、子音はお留守になりがちなことがアラビア語をやっていて気が付いた。例えがアラビア語の形容詞のほとんどは同じ母音とリズムのパターンで子音のみが違っている。こういうとき形容詞、ということは分かっても意味を覚えていない・・・。同じような理由で他の単語も覚え難い。そして覚え難い、覚え難い、と思っているうちに勉強をやめてしまった。だから語彙が非常に弱い。今回テキストを読んでいても、初歩の文法体系はまだ覚えている点がある。でも語彙はさっぱりだ。基本的な動詞も知らない。これではいくらなんでもまずい。これでは続かない。今度こそは、と思い、単語帳でセコセコやってみようと思った。古来から使われている方式なので効果がきっとあるだろう。

 このテキストについてであるが、解説は以前からわかりやすい。そして2 週目からは旅行会話も始まった。毎回いろいろな言い回しが出てくる。実際に旅行する人は使えそうだ。(でも正則アラビア語なのだが。)そしてCDは2枚目からは女性の声が入るようになった。1枚目が男性の声だけなので文句を言っていたのが聞き届けられたようだ。(そんなわけないけど。)

 動詞の変化や名詞の活用語尾などの説明も出てきたし、文法の初歩も少しずつ進んでいる。でも少し気になることがある。語根の説明がほとんど出てきていない。アラビア語は語根を中心に語彙が派生しているセム語族の言語で、この語根の概念が西洋語やアジアの言語とは異なっている。それについての説明が今のところなされていない。もう少し進んでから説明があるのだろうか。私はかなり早い時期に説明をしてもいいように思っていたので、少し意外だ。

 私は語彙が覚えられないという問題を常に抱えていきそうだが、今後もこの講座を引き続き進めていこうと思う。


[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : アラビア語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

単語帳使ったことありません(でした)

私も英語を学習するときに単語帳をつくったことがありません。たくさん文章に触れていれば自然に覚えるからですね。
しかし、最近思っているのは、そんなに時間をつぎ込めない言語の場合、単語帳とは言わずとも、文例集みたいなものは作ってもよいのかなと思っています。
もっとも机に座っている時間すべてを仕事に使っている私は、外国語は立って勉強するので、MP3ファイル(日本語-その言語の対訳)が文例集代わりです。
しかしアラビア語は、母音が入れ替わるので、子音だけの語根を覚えるのは難しいですね。キターブ(KTB)くらいしか覚えてません。

るもんがさんへ

 あら、るもんがさんもですか。学生時代、私の周囲には単語帳なんて知らない、というタイプの人が多かったので、案外多いですよね。自然に覚えるには、それなりにその言語に浸からないといけないと思うのですが、アラビア語で実際にそれをやるのは今の私には難しいです。

 子音だけの語根ではなく、動詞から攻めようと思うんですけど。KTBならカタバ(書く)です。私もこの動詞を含め動詞は4つぐらいしか覚えておらず、形容詞も同じぐらい・・・。語学ってある程度以上に達していない場合、継続しないとすぐ忘れるってことですね。今度こそはもう少し人に「やった。」と言えるレベルになろう、と思っているんですけど。どうでしょうかねー。

お久しぶり。このブログに来るのは初めてですが。
以下、参考になれば・・・

私たちの同窓生の1人(今は大学教員)が、2年近く前に放送大学のテキスト(CDつき)を出版しました。『初歩のアラビア語('06)』というものですが、非常な労作で、よくできています。私は放送中毎回ビデオに録画しました。文化の紹介も充実していました。テキストは初学者向けなので、動詞の完了形・未完了形までですが、復習には役立つのではないでしょうか。
昔懐かし(?)のオレンジブックは、やはりよいテキストだと思いますが、英語話者を念頭に書かれているのが不満です。去年アラビア語入門の授業をするのに、オレンジブックのLesson 8までをもとにして日本語話者向けに大幅に加筆・修正したものを使いました。(もちろん出版はせず、オレンジブックをもとにしていることを明記しています。)
最近は、私たちが学生の頃からは考えられないくらいたくさん、アラビア語の自習用テキストが出ていますが、使えるものは少ないですね。

それから、アラブ イスラーム学院というのを知っていますか? 公式サイトにはいろんなコンテンツがあり、役に立つと思いますよ。http://www.aii-t.org/
あー、でも、これも、音声は男性ばかりかも。

いわしさんへ

 役立つコメント、ありがとうございます。

 「初歩のアラビア語」は市販されているのでしょうか。放送大学には登録できそうもないのですが、放送大学の学生でなくても買えるものであれば、購入したいです。動詞の完了・未完了も大体は分かっていると思うのですが、大体じゃだめでしょ。

 オレンジブックはまだ持っています。今も市販されているようですから、やはり定評のあるテキストなのですね。ただですねー、解説などはきちんとしていたと思いますが、あれを一人でやるというのは趣味の学習者としては気分的に重いですね。それに大きすぎて持ち運びが非常に不便。外出先での隙間時間に勉強する今の私には向きませんね。でもいつか又、という気はありますけど。

 そうですね。アマゾンで検索すると親しみやすそうな体裁のテキストがいろいろ出てきますね。ただ、ちゃんと勉強するにはどうなのか、疑問を感じるものが多いです。いかめしい学術的なのは趣味人としては避けたいですし、メジャーな外国語に比べてやはり教材選びで苦労しますね。フランスは日本よりは教材が多いと思いますが、独習用のものはやはり少ないです。

 アラブ・イスラーム学院は持っているNHKの講座のテキストの裏表紙に広告が出ていて知りましたが、まだサイトは見に行っていません。近々見に行こうと思います。

 あー、もー、アラブって男社会なせいか、教材も男中心な気がします。あの発音を男声でやられると女性としてはさらに真似しにくいんですけど、こんなことで文句言うのは私だけでしょうかねー。語学の教材で男女の声を均等に入れるのは重要なことに思えます。
   
 

テキストについて

コメント欄のnameの後にあるtitleというのを、勘違いして前回書きませんでした。MrやMsのことかと思ったのです。日本のブログだっていうのに・・・。

『初歩のアラビア語('06)』は市販されていて、アマゾン(日本)でも取り扱っています。私は神田の書泉グランデで購入しました。
アクティビティや読み物が充実しているので、独習も苦にならないと思います。

私は大昔に大学院を受ける前、当時の主任教授が書いた「入門」書をぜんぶやりました。初学者向けの独習書とは言い難いけれど、復習には悪くありませんでした。

音声だけを入手する目的なら、市販の「親しみやすそうな」CD付きテキストもけっこう使えます。たいてい、女性の声でも録音されています。(今手元になくて、タイトルはわかりません。ごめんなさい!)

いわしさんへ

 ははは、タイトル、ですね。英語ならDrとかPrとか書きますね。(フランス語も同じです。)いやこのブログで貴族の称号とか学位とかは関係ないですね。Mr,Mrs,:いss、Msもどうでもいいことです・・・。私は未婚のときはMs派でしたが、結婚してからMsは嫌いになってしまい、Mrsを使っています。フランス語ではMsなんてないです。
 
 話がずれました・・・。

 「初歩のアラビア語」を早速注文してみようと思います。あと英語の親しみやすそうなテキストで(と言ってもペーパーバックだろうからイラストはないかも)、学習者の間で評判のいいのがあったのでそれも購入予定です。フランスのアシミルも評判がいいみたいです。これは図書館で借りれそうなので、今のところは買わないつもりですが。

 それは池田修先生の「アラビア語入門」ですよね。評価の高いテキストのようですね。学習サイトで批評を見ました。ただ絶版になっていて手に入りにくく、お値段もプレミアムがついて高くなっているみたいです。入門というわりにあまり入門ではないようですし、再版されたら買ってもいいかも、とは思いますけど、今は大金を払って買う必要はないかな。

 なるほど、音声教材として楽しげなテキストもいいですね。どちらにしても一つのものをずっとやっていくのは飽きてきてしまうので、あちこちつまみ食いしながら、いろいろな形で復習するのがいいですよね。独学の場合は必要なことだと思います。何が難しいって、一人だと継続するのが一番難しいと思うんです。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。