スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

祝 初アラビア語入力

السلام عليكم


 アラビア文字の入力に挑戦。一応出来てるみたいだけど、ブログの表示がどうなるのか不安が残る。

 ウィンドウズの言語オプションを追加して文字は2分ぐらいで入力できるようになったのだが、キーボード操作が分からず、キーを全部順番に押して表を作ってそれを見て探しながら打った。

 アラビア文字の入力情報をあるサイトで見つけたので参考にしようとわざわざそこのキーボード配列表をコピーしたのに、私のとは配列が違うようだ。(私ののほうがシフトを使うことなくパソコンが全てラームの後にアリフが来たときの形などを変更してくれて便利なようだ。ちなみにそのサイトはモロッコ系のサイトのようで、言語オプションでモロッコのアラビア語を選択するように書いてあった。

 そうなのだ。またしてもアラビア語の問題点に直面してしまった。言語オプションでは14カ国あり、どれにすればいいのか迷った。フランス語ならフランス以外にベルギーやカナダ、ニューカレドニアなどいろいろあるが、普通の人は迷わずフランスにするだろう。ドイツ語もオーストリア、スイスなどもあったが普通ドイツにするだろう。そういう国がないのである。いろいろ考えながら英語のオプションには南アフリカ共和国やら何やら、10カ国以上も並んでいる。イギリス英語と米語の違いは一部の単語のスペルチェッカーに関わってくるだけで、米語を選んだら英語を打てない、ということはないはずだ、と考え、アラビア語も要するにどれでもいいのだ、と思ってエジプトを選んだのだが、どうもモロッコとはキーボード配列も入力のしくみも違うようだ。

 使い慣れないので今のところかなり入力しにくいのだが、そんなに大量にアラビア語を入力するとも思えないし、なんとかなるだろう。

 というわけで、今後アラビア語の学習日記(そんなの書くかわからないけど)とか疑問点などがあればカタカナでアラビア語を表記する必要はなさそうだ。まあ、めでたいことである。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : アラビア語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱりアラビア語はアラビア文字だよね

アラビア文字入力成功おめでとうございます!
うちのMacでもちゃんと正しく表示されてます。

言語オプションごとにキーボード配列が違うって・・・同じ言語なのに!? ゲイツ様のお考えになることは、下々には理解できません。

キーボード配列は、画面上に出せるはずです。
ほとんど使わないうちのWindowsマシン(XP)でやってみました。
スタート→コントロールパネル→すべてのプログラム→アクセサリ→ユーザー補助→スクリーンキーボード
または:アクセサリ→システムツール→文字コード表も使えるかも知れません(キーボード上の位置は確認できませんが)。
いずれも、一度起動すると、「スタート」のメイン画面に常駐するようになります。
うちのマシンではアラビア文字の配列が出るかどうかの確認はできませんが、うまくいきますように!

いわしさんへ

 やっぱりね、ローマ字は表記を知らないのでトランスクリプトの仕方が分からないし、カタカナじゃ意味不明です。どう使うのかよく分かりませんが、いろいろな母音符号も入っているので、母音点も打てるみたいです。

 アラビア語のキーボード配列をよく見たら、モロッコもエジプトもほぼ同じでした。何だか最初に押したキーで違うのが出たのでパニックになっていたみたい。で、違いと言うのはなぜかエジプト語にはザールがない。使わないってことはないと思うんですが、これは何かのミスかも、と思っています。探しても見つからないので別の言語オプションに変えなきゃ、と思っていますが、どこにしよう・・・。フランスっぽくチュニジアかモロッコ、アルジェリアはなんとなく嫌だ。レバノン、シリアという手もあり、イエメン、サウジ、クウェート・・・もうどうでもいいって気になってきます。

 フランス語のキーボード配列は英語圏や日本のキーボード配列とはちょっと違います。フランス語が打ちやすいように工夫してある、と言えば聞こえがいいですが、単にひねくれている、とも思えます。同じキーボードでいろいろな言語を打つ私には迷惑な話です。日本語、英語、中国語はほぼ同じで、フランス語だけ違っているのです。でもフランス語のキーボードなのでキーに書いてありますから、見ればいいんですけどね。アラビア語のキーボードなども売っているようですけど、今のところそこまでは必要ないです。

 あと、言語オプションが国ごとに分かれている理由は時間の表示もここで選んだ国になるからのようです。ベルギーとは時差なんてないと思いますが、ベルギー人はフランスと一緒にされたくないのかも。(フランス人はベルギー人と一緒にされるのを迷惑がる傾向にあるので。)うちのはフランス語が中心になっているのでフランス時間が表示されています。でも仮に日本語をメインにしても、時間設定を変えればフランス時間が表示されるので、細かい言語設定の意味は何なんでしょうね。

 キーボード配列の表示をやってみたのですが、(Accessoires →accéssibilité →clavier virtuelで出てきました。)でもフランス語のキーボード配列しか表示してくれません。アラビア語を選択してもこの窓が開くときに自動的にフランス語に戻ってしまいます。ハンディキャップなのでキーボードが使えない人向けの機能のようです。(という解説が出た。)

 日本語のキーボード配列はいろいろ試しながら覚えて行ったのですが、(アルファベットの位置は知っていますから、句読点、その他の記号の話です。まだ全部は把握していません。最近発見もありました。)アラビア語は道が遠いです。アルファベットと何の関連もなくどういう順序なのかつかめません。やっぱり一覧表を見ながらやるしかないですね。

 とりあえず、可能性が増えたということはいいことです。

こんなサイトありました

ググってみたら、こんなサイトを見つけました:
http://www.tufs.ac.jp/common/fs/asw/ara/2/pc/windows/5.htm
↑東京外大アラビア語のサイトです。Windowsユーザーは苦労してるんですね。
まゆのさんのキーボードはフランス語配列(102キー)でしょうか。英語配列(101キー)、フランス語配列(102キー)のいずれの場合のアラビア文字配列も書いてありますので、役に立つのではないでしょうか。
このサイトによると、ザール(ذ)の位置は、101の時には「半角/全角」(数字1の左側)に、102の時には「む」(Enterの左、下の方)なのだそうです。
そりゃあ、わからなくて当然ですね。こんなところに文字をあてるなんて、普通想像できませんって。

スクリーンキーボードのフォントは変えられるのでは?
手元のマシンで見てみました。
1)スクリーンキーボード上のプルダウンメニューで「キーボード」を選択→キーボードとキーの種類を選択
2)同じく「設定」→「フォント」で表示したいフォントを選択

ザールの位置もですが、その他のアルファベットの位置も驚きました。これじゃあ、西欧語キーボードに慣れた人は大変ですね。アラビア語等のアラビア文字使用圏以外のアラビア文字使用者の多くがMac使いなのはごく当然だと改めて思いました。
(Macの場合、Windows同様のキーボード配列と、西欧語キーボードに準じた配列の両方があり、容易に選択できます。)

いわしさんへ

 東外大のサイト、結構充実していますよね。学習書についての情報は参考になりました。
 ご紹介のページはしりませんでした。うちのは101キーと同じ配列です。モロッコ系サイトで見たキー配列は102のもののようです。ザールであるはずのキーをたたくと逆スラッシュが出てくるんですが、逆スラッシュは別にもう一つあるので何かの間違いかと思ったんですが、これで普通なんですね。なぜ逆スラッシュが2箇所ありザールが数字のところに入っているのか。全く謎めいたキー配列ですね。でもいわしさんが教えてくださったおかげで言語オプションの設定をやり直す必要はなくなり、助かりました。(チュニジアに変えようと思っていたんです。)

 私はこのキー配列を見て世界中のアラビア語入力者はこれに耐えているのだと思っていたのですが、マックではローマ字入力もあるんですか。羨ましい。私は日本語ですらローマ字入力しているんですよ。ひらがなの配列は知りません。東外大のサイトにはキーに貼るシールなどもあり、親切さに感心しましたが、シールを貼ると子供がはがしそうですし、キーに直接ペンで書き込むのは夫から嫌がられそうです。東外大の配列表をプリントアウトしてキーボードの近くに貼ることにします。
 アラビア文字にもいろいろなフォントがあると思うのですが、これでいくつかのフォントも使えるのでしょうかねー。まだ試してないのですが、そのうちやってみたいと思います。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。