スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

またGRを読んでみた。

  クリスマス前に出かけて以来、なんとなく忙しくて遠ざかっていた、英語の読書、ついにグラフが横一直線になってしまいこれじゃまずい、と思って昨日届いたGRを一冊読んだ。GRはすぐ読み終わってしまうので語数稼ぎになるなー。

 読んだのはHenry VIII & His Six Wives (Oxford Bookworms Library)OBWのレベル2で総語数、6335語だそうだ。簡単な読み物でも、英国史の知識が少しでも得られれば、と思ってこの本にした。私はこの王様ゆかりのお城、ハンプトンコートを訪れたときに、この人の6人の奥さんやこの王様自身の肖像画をたっぷり拝見した。このお城は中世の台所、料理がテーマになっていて、オーディオガイドの解説をじっくり聞きながら回り、ついでにガイドさんの案内コースにも参加して、真面目に見学してかなり楽しかった思い出が有る。

 そんなことを思い出しながら読んだ。内容はやはり簡潔すぎるので詳しい話は期待できない。でもただ年代順にヘンリー8世について説明する、という教科書のような読み物ではなく、ストーリーになっている。工夫が見られる内容だった。断片的に聞いてもう忘れかけていた、この王様と6人の妻にまつわる話をここでまとめて読めたのも良かったと思う。

 でも今読みかけているもう一冊の本に比べるとGRって、やっぱりGRだよなー、と思ってしまったのも事実だ。

 

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 洋書多読
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。