スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

最近の中国語の勉強

 忙しくなってしまい、なかなか学習日記をアップする時間がなくなってしまったが(なにしろ、中国語が混在するので打つのに時間がかかる。)、それでも勉強は続けている。メトロの中、カフェ、などが勉強の場だったりして、家でやっている時間はそれより少ないのではないかと思う。

NHKラジオ中国語講座

 ステップ60まで放送日通りに聞いている。ステップ60の文法の説明に次のような例文が出ていた。

我会游泳。  私は泳げます。

我感冒了,所以不能游泳。wo3 gan3mao4le, suo3yi3 bu4 nengy ou2yong.

私は風邪をひいているので泳げません。

 一つ目は前に他で見たが、2つ目の文に“”の代わりに“”が使われているのが興味深い。“”は技能を修得していて出来る、ということらしいが、一時的に出来ない時は当然“不会”とは言わないわけだ。

一冊目の中国語

10課をやっている。“”と“学习”の違いは何のだろう。今までは後者だけだったのにここでは前者が出てきているので不思議に思った。

 さらに不思議なのは§2の例文。

我英语学了六年,汉语学了两年。  私は英語は6年学び、中国語は2年学んだ。

この文で“英语”や“汉语の位置が動詞の前になっているのはどういうわけだろうか。目的語は動詞の後ろじゃなかったのか。

もう一つ不思議な文がある。

我学汉语学了四年。 私は中国語を4年間勉強した。

どうして“”が2回出てくるのか。動詞の重ね型の説明を読み直したがこの例に該当するものは見当たらなかった。

我学汉语学了四年了。

という例文も出ていて、紛らわしい言語である。これは「私は中国語を4年間勉強していたところだ。」という訳が付いている。つまり一つ目の“”一つだけのは今はもう中国語はやめているが、二つ目の例文では中国語の勉強は今も続けているということだろう。

 さてJiaから北京から帰ってきたので会いたい、というメールが来た。一人でJiaの留守中にそり舌音を練習するつもりでいたのだが、何もやっていない。Jiaも私の出した日本語の宿題をやったとは言っていないので、きっとやっていないだろう。いや絶対やっていない。北京では予想以上に仕事が多く、時間が全くなく私に連絡も出来なかった、とメールにあった。今週戻ってきて100ページの英文レポートを仕上げたらしい。(何の研究なのかあまり把握していないのだが。)というわけで来週末おそらくJiaがうちに来ると思う。慌ててそり舌音の練習を始めるしかない。あと、中国語の作文をして暗誦してみようと思う。通じるかなー。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

よし,久し振りのネタで先を越されないうちにコメント…。(^^;
泳ぐ技能はある(会游泳)けど,泳ぐ条件がない(不能游泳)ですね。
学と学习の使い分けは何かで見たことあるのだけど再び手元に1次資料を捜し出せてなく保留。
我英语学了~は(日訳からすると)主述述語文(「象は鼻が長い」)かなぁ(?)。我学英语学了~で1番目の動詞を省略のような気もするけど。
我学汉语学了四年は時量補語と目的語もある時にふつう動詞を繰り返し時量補語を2番目の動詞の後に置くようです。また我学了四年(的)汉语ともいえるのかな。(我学了汉语四年は×)
我学汉语学了四年了は動態助詞の了+語気助詞の了で「学んだ」(完了)+「ところだ」(発生)かと。(我学四年汉语了も○)

Saitoさんへ

 >我英语学了~は(日訳からすると)主述述語文(「象は鼻が長い」)かなぁ(?) 

私もそうかな、と思ったんですけど、よく分かりませんでした。この訳文、わざとらしくて何か言いたげですよね。(でも何が言いたいのか掴めませんが。)

>時量補語と目的語もある時にふつう動詞を繰り返し時量補語を2番目の動詞の後に置く

ややこしいルールですねー。確かにこの文はこのケースに当てはまっていますね。何の説明もなくこういう例文を入れるのはやめて欲しいです。

あー、中国語ってやっぱり複雑!

学と学习の記述を1つ捜し出せて
『わかる中国語単語1000』/遠藤光暁
“学xué”は「学ぶ」、“学习xuéxí”は「勉強する」ないし「勉強」です。この場合,動詞として使われた場合は意味はほとんど同じですが,前者の方がやや口語的な感じがします。
ほかにも見たような気がするので,また見つけれたら。

Saitoさんへ

 ありがとうございます。なるほど、いつも分かりやすい説明で助かります。
 いままでは“学”は見かけなかったのですが、こちらの方が日常生活では使われているのかもしれませんね。

 昨日“干”gan4という動詞を勉強しました。「する」と書いてあったのですが、私は以前「する」はzuo4(人べんに故)と習ったので不思議に思いました。今日調べてみたら、“干”の方がどちらかというと正しく、zuo4はもともと「作る」という意味で、口語的な言い方だそうですが、こんなよく使う動詞が二つもあるなんて困ります。日本語も「する」と「やる」というのがありますけど。

ちょうど私のブログに「やる」のコメントもされたのでみてみてね。

Saitoさんへ

 はい、昨日見てきました。Saitoさんのブログは中国人の方も見に来て下さっているのですね。
 中国語の「する」の多さに面食らいました。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。