スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

NHKラジオアラビア語講座を終えて

NHKラジオアラビア語講座 2007年度―短期集中講座 初歩からのアル・アラビーヤ (2007) (語学シリーズ)の4週目を終えたので、この講座を一通り終えたことになる。

 最後の週の内容と講座全体についての感想をまとめておきたい。

まず19課で語根と派生形動詞についての説明があった。と言っても詳しい説明はないので、これで全て把握できるわけではないが、派生形動詞というものがあり、それが大体どういうものなのかを外観できるようになっている。その後、能動分詞、受動分詞に軽く触れている。

20課では動詞の接続形、21課では要求形、命令形の説明があった。

そして22課は数詞。前にいわしさんがコメントで数詞がややこしい、とおっしゃっていたが、複雑+非常に変なシステム!アラビア語って変な言語だ。

  • 数詞1と2は形容詞として名詞を修飾。

 これは別に驚かない。普通のことに思える。でもアラビア語には単数、双数があるので特に強調したい場合以外は単数形、双数形で事足りるわけでいちいち数詞は使わないらしい。(な~んだ。)

  • 数詞3~10は名詞の複数形と属格構造

は?と思ってしまう。先に数詞を置き、その後ろに名詞を複数属格にしてくっつけるんですと。数と数えられるものとどっちが大事なんだ!?

 ここまでで既に変なのだが、数える対象が男性名詞なら数詞は女性形、女性名詞なら数詞は男性形にする。つまりカップルにしてくっつけるらしい。(何だ、それは。)

 非常に変である。セム語系の言語ってみんなこうなのだろうか。

そして23課では11~19、20~90の数詞が出てくるが、これがまたちょっと違うのである・・・。(もう書く気力なし・・・。)数詞は後回しにしよう、と固く決意したのであった。

24課は従属節が出てくる。これはさほど複雑ではないが、私は従属節を使う動詞、「言う」「思う」などを知らないので使いこなせない。語彙不足はやはり痛い。

最後の25課は序数詞と日付だ。

 一通り終えて、この講座について一言で言うと、この講座は説明も分かりやすいし、文字のレイアウトも読みやすく、悪くない講座だと思う。ただやはり練習問題の量が少なく、これだけをやって取り扱い事項をマスターするのは難しい。それよりもアラビア語ってどんな言語なのかな、という好奇心を満たすための講座で、基礎文法を概観するものだ。大体どうなっているのか掴むには良いが、身につけるには進みが速く、練習問題が少なすぎる。これで興味が出た人はさらに他の本で勉強して欲しい、という本だ。

 私はちょっとやってみようかな、という程度だったので無理のない量と期間で終えられ、良かったと思っている。これでアラビア語の難しさ、ユニークさに触れ、もう少しちゃんと勉強しよう、という気になったので、もっと続けることに決めた。アラビア語勉強の開始のきっかけとなったテキスドであった。

 それからコラムに文化的なことが書いてあり、興味深かった。もっとコラムが多くても良いと思ったが紙面の都合上仕方がないだろう。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : アラビア語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。