スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

アラビア語の教材

 NHKラジオアラビア語講座 2007年度―短期集中講座 初歩からのアル・アラビーヤ (2007) (語学シリーズ) を一通り終えて以来、ほぼ毎日文を1つから3つほど、手帳に抜き出し、単語を覚えようとしてみた。(私の場合、とにかくアラビア語は語彙が覚えられないので。)

 こんなことをしながら注文した教材が届くのを待っていたのだ。昨日、その教材が届いた。届いたのは初歩のアラビア語―アラブ・イスラーム文化への招待 (’06) (放送大学教材)という本。これは、いわしさんから頂いたコメントで推薦してあった本だ。放送大学のテキストである。いわしさんはアラビア語を専門に勉強なさった方なので、ご意見はかなり参考になると思う。教材類があまり豊富ではない言語で情報も不足しがちなので、いろいろ情報を頂けて大変助かった。

 しかし、実はこの本を注文するまで、かなり迷った。というのは放送大学のサイトで購入の前に授業の内容(=テキストの内容)を見たら、15課あるうちの5課が文字の練習に割かれていると知ったからだ。アラビア語が全くの初めてでない私は、文字はもう知っていると思っているので、CD付とは言え3000円以上もする本の3分の一は不必要、というところが引っ掛かったのだ。

 最終的に私には無駄なページがあると分かっていて、なお注文した。理由は三つ。① いわしさんの言う「良い本」というのを見てみたかった。 ② 文字は知っていても基本単語を覚えていないので、初歩からゆっくりやり直した方が独習者としては楽だ。③良い教材なら売り上げを伸ばし、絶版にならないようにしつつ続編を作らせるようにしなければならない。(私が1冊買ったからと言ってどうなるものでもないが、あくまで私個人の気持ちの問題。なんせマイナーな言語で教材が少ないのだ。)

 届いた本を見ると、6課までが文字・・・。6課めはアルファベットではなく記号の説明だが、まあこれも文字の一部と解釈できる。今日、仕事の空き時間に最初から6課の最後まで読んだ。CDは聞いていないが、コラムも全て一通り目を通した。楽しくアラビア文字を習得できるよう工夫が凝らされた教材である。コラムもアラビアの文化に興味を持てる内容になっている。

 文法的には完了形と未完形だけで基礎文法の一部しかカバーしていないが、予備知識ゼロから取り組める内容なので仕方がないだろう。7課から文法や会話が始まるので、ここからやっていこうと思う。(最初の方はかなり簡単だけど、語彙を覚える必要があるだろうし。)

 この本で私に役立ちそうなのは巻末の語彙リストだ。この本の使用にあたって辞書として使えそうだし、とにかく短いリストなので、全部覚えるようがんばることも出来そうだ。リストにはもう知っている単語も入っているので勇気付けられる。この語彙リストをこの本を学習し終わった頃にはほぼ全部覚えている、というのを目指して少しずつ進めて行こう。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : アラビア語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。