スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

GRで読んだキング牧師の生涯

  キング牧師については、I have a dreamで始まる有名な演説をした人で、アメリカの黒人の権利を守る運動家として活躍したが暗殺された、という程度の知識しかなかったが、この本を読んでもう少し知ることとなった。

   Martin Luther King (Penguin Reader, Level 3)

 牧師の父を持ち、有る程度裕福な家庭に生まれたキングは、幼い頃から学業に優れ、北部の大学の博士課程も修了しているが、生まれ故郷の南部で牧師になるために故郷に帰り、そこで差別や貧困に苦しむ黒人たちのためにつくすことになる。キングたちは弾圧を受け、逮捕なども経験するが、それにも負けず、協力者を増やし、メディアを使って外圧を加え、国際世論を動かして、それで権利を獲得していく様子が書かれている。

 この本を読んで、自由の国というイメージのあるアメリカでも、南部では1970年近くまで、黒人差別が合法的に当然のように行われていた、ということを知った。黒人には選挙権もなく、白人と同じ学校へは通えず、バスでも乗る所が別だったり、白人に席を譲らなければならなかったり、劇場へは裏口から入る、などが当然だった時代がそれほど昔ではない、ということに今更ながらに気が付いた。そして今の法の下の平等は、血を流し、犠牲を払って獲得したものだったのだ。

 というわけで得るところのあった本であるが、書き方がちょっと読み物としては面白くない。教科書的で年代順に書いていく、史実を並べていく書き方なので、キング自身あるいはキングの周囲の人の内面などは表面的にしか扱われていないのが残念に思う。

   

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 洋書多読
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。