スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

中国語の“也”の位置

 先週末に来るはずだったJiaは突如友達とスキーに行くことになり、来られなくなったので昨日うちに来た。

 彼の日本語の勉強を見たあと、いよいよ私の中国語の口頭発表(?)を試してみた。あらかじめいくつか作文して手帳に書きとめ、それを見ないで言えるように準備しておいて聞いてもらった。もちろんJiaには私の手帳は見せずに聞いて分かるかを試してみた。

 結果、意外に通じるようだ。通じなくて言い直したのは一回だけ。Jiaの発音を聞いて私はピンインが正しく書けないことも判明したので、私の発音はかなりいい加減で前後から判断してくれているものと思われる。

 作文は実は間違いは一つだけだった。(これは私にしては快挙。)私の作文暗誦は次のように始まった。

你上个星期去了滑雪。

我也十二月去了滑雪。

ここまで言ったところでJiaのストップがかかった。“”の位置がおかしいと言うのだ。正しい位置はここだと言う。

我十二月去了滑雪。

私の作文では「(あなたも、12月に行って)私も12月に行った。」という意味になるらしい。自分は12月ではなく先週行ったのだからそれは変だ、ということだ。これは面白い、と思って正しい位置を手帳にメモしたわけだが、この文、今見ると「私は12月にもスキーに行きました。」という意味に見える。ではそう言いたい場合はどうなるのだろうか。次回それを聞いてみようと思う。

 私が

我会滑一点儿雪。

と言ったらすかさずMoi, aussi.とフランス語でつぶやいたJiaだが、この「僕も」というのは、中国語で何と言うのだろうか。この文を間違えずに言えたのはけいさんのおかげだ。ありがとうございます。

 私の作文には勝手に造語した「スキー学校」滑雪学校と「スキーのインストラクター」滑雪老师、雪山という言葉が入っていたのだが、これでいいらしい。適当に作ったから間違っていると思っていたのに。

 そしてアルプスを中国語でどう言うのか聞いてみた。本当はアルプスにスキーに行った、と言いたかったのだ。アルプスは阿尔卑斯a1 er4 bei1si1。あまり似ていない。「アルプスで」というのはフランス語ではdans les Alpesと言うので、何となく“里”を付けようとしていたら、それは中に入っているわけじゃないから使わず、“”を使えと言う。ついでに“”も付けて阿尔卑斯山上。でもこれをどこに入れるの?と聞いた私に、Jiaはぺらぺらと文を口で言って場所を教えてくれたのだが、そんなの聞き取れないって、というわけで手帳を出した。ここに入れるらしい。

我十二月也去了阿尔卑斯山上滑雪。

私にとっては意外な場所だった。やっぱり中国語って語順が難しいかも。

 それにしても彼の発音の自然で美しいことよ。必死でがんばって一字一字発音している私とはまるで違う。(当たり前か。)

 私の手帳の中国語を見て、「へー、字も書けるんだ。」とか「中国語の字が上手い。」とかひたすら感心していた。はっきり言ってしゃべるより書くほうが簡単なんですけど。

 私の稚拙な中国語に付き合わせて、彼がお土産にくれたお茶の話をしたら、突然中国語で質問してきた。私は当然意味が分からず、「え、分からない。」とフランス語で言うとすぐフランス語で言い直してくれた。Tu aimes?、こう言われて考えてみると彼が言ったのは你喜欢吗?だったのだ。知っていることも突然言われると理解できない。語学の初心者はこれで普通だと思う。聞き取り能力が低い、ということだが、今はそれはあまり心配していない。そんなことより、文法知識と語彙を増やし、今は一文一文、うーん、と考えながら発言しているが、もう少しスムーズに発言できるようにしたいものだ。聞き取り能力の向上はそのあとで構わないと思う。今の段階では、自分が言えない文を突然聞いても分からないと思うからだ。自分で作文して言える範囲を広げた上でリスニングの力の向上に努めたいと思っている。今の私はそういうレベルではないと思う。

 Jiaはほぼ毎週来ることになったので、来週までにまた作文して発表したいと思っている。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

20080523 \"也\"の位置

 中国語の\"也\"の位置は日本人が間違いやすい問題だと思います。例えば「わたしも昨日買った(Aさんが買った、わたしも買った)」と「わたしは昨日も買った(一昨日買った、昨日も買った)」の中国語がどちらも\"我昨天也?了\"っていうのは日本語の感覚からするとどうにも納...

コメントの投稿

非公開コメント

どういたしまして

読んでいたら自分の名前が出てきてびっくりしました。
お役に立てて何より何よりです。

「也」の位置ですが、結論から言いますと、どれを言うときも「也」の位置は同じです。日本語は「も」の位置で何が「~も」なのかをあらわしますが、中国語はそうではないそうです。話の流れ、アクセントで判断します。

けいさんへ

 本当に役立ちました。ありがとうございます。

 あとで私の文とJiaが直してくれた文を見比べて思ったのですが、「も」のかかる内容の前に“也”が付くのではないでしょうか。私のは“十二月去了滑雪”全体に対して「も」なわけですから、Jiaが言ったように「あなたも12月に行ったが、私も十二月に行った。」という解釈になります。で、「私も行った」ということだけに「も」と付けたい場合は“去了滑雪”の前に付けます。十二月にも行った、というのはやはり内容的には「行った」という点に「も」がかかっていると思うんです。十二月の前には意味的に付けられませんし、だから“也”は動詞の前、じゃないかと、解釈して納得していますが、全然外れているのでしょうか。

「也」は用言(動詞・形容詞)の前

 実はわたしも「也」の位置に関しては最近まであまりきちんと確認したことがなくて、よく間違えていました。日本語の「も」の感覚で「也」を入れると位置が違うことがあるなぁ、くらいのことは思ってはいたのですが。結論としましてはタイトルどおり「『也』は用言の前」です。

・「今天」我也见到他了。今日も私は彼と会った(昨日も会った)。
・今天「我」也见到他了。今日私も彼と会った(ほかの人も彼と会った)。
・今天我也见到「他」了。今日私は彼とも会った(ほかの人にも会った)。
※「」のところにストレス。

 中国語の語順の重要性にはもうご自身でもお気づきのようですが、(現代普通話の文法において)上記の文章で語順を入れ替えられるのは「今天」と「我」だけです(→我今天也见到他了)。話し言葉の中では「我也今天~」となることがない訳ではないそうですが、少なくともわたしは中国人がそのように話すのを聞いたことはありません。

 補足になりますが、わたしの学校で日本語を教えている中国人の教授が「日本語は『も』の位置が移動できてうらやましい。これなら誤解が生まれにくい。」とおっしゃってました。

けいさんと同じ様な説明になり
(○)我明天也去北京。/(×)我也明天去北京。ですが,(○)の意味も
(a)私も明日,北京へ行きます。(b)私は明日も北京へ行きます。
(c)私は明日,北京へも行きます。が考えられます。
「も」の対象は話の前後の内容から判断になると思います。
(a……,我也去。b……,明天也去。c……,也去北京。というのが自然かと思うけど)
では,チェックも。中検3級'99年改[日文中訳]
「私たちも趙先生に中国語を習う」を中訳すると?

こんばんわ。
ブログご訪問ありがとうございます。
また、遊びにきてくださいませ。

すごいですね。
いろんな国の言葉を勉強されるなんて。
中国語も韓国語もやってみたいですが、
とりあえずは、英語ですね。。。
時間がかかりそうです;

中国語の用言は太陽のように

まゆのさん、例の辞書にも書いてありますが、「也」(仏なら aussi )の位置が動詞または形容詞の前なので、その結果、一つの文が二つの意味(彼はギョーザも食べる、彼もギョーザを食べる、)になったりするそうです。

これに限らず、「只」(仏なら seulment)の位置も同様で、「我只卖了一个。(仏ならJ'en ai acheté seulement un.の意味で)」「我只学过英语。(仏ならJ'ai étudié seulement l'anglais.の意味で)」などという、納得いかない語順になったりします。

ちょうど用言が太陽のように巨大な重力を持っているので、それ以外の品詞は惑星のように、それを中心に回らなくてはいけないような感じがします、私には。

けいさんへ

 ふむふむ、つまりは日本語とは根本的に違うわけですね。単にストレスで違いを示す、というのは書き言葉に置いては常に曖昧さが付きまとうってことですよね。中国人の先生の指摘もうなずけます。
 語順がかなり固定されている、ということですね。日本語に比べると西欧語も固定されているように思いますが(話し言葉は若干緩めですが)、中国語はもっと固定されているのですね。きちんと勉強しないと意味不明の文になりそうです。
 とりあえず、“也”は用言の前、と覚えておきます。

Saitoさんへ

 なるほど、どの文も“也”が動詞の前に来ていますね。
 
 え、いきなり3級ですか。私には難しすぎるレベルですが、一応挑戦してみます。
 我们也学趙老师汉语。

実は「趙先生に」というところが分かりません。2重目的語が知取れると“也”の位置に面倒がないと思い、こうしました。違う気がする。「趙先生に」に介詞が要る場合、ちょっと場所が決めにくくなってくるのですが、

 我们○趙老师也学汉语。

○は不明の介詞です。

なんかハズレていそう。

marupukuさんへ

 いやいや、もう英語は今更上達もせず、珍しくも面白くもないので、あきらめて違う言語をやろう、という気になっているだけですよ。文法とかいろいろ勉強することはいくらでもあるとおもうのですが、どうもやる気が出ません。英語は最近もまだ勉強する道を模索中ですが、いいものが見つかりません。だらだら英語の本を読む、聞く、ぐらいを毎日しっかりやっているとは言えませんが、時々実践しています。ただ英語力向上につながるかは疑問ですけど。まあ忘れにくい、という程度でしょう。
 でも一つの言語をマスターしてから次の言語、と考えなくてもいいと思っています。そんなこと言っていたら出来ないと思うからです。もう長く勉強していて毎日使っているフランス語ですら、まだマスターしたとは思えませんから。

るもんがさんへ

 前に貴ブログで紹介されていた「土星の法則」(こんな名前ではなかったように思いますが。)ですね。でもどうも私はあの法則を消化していません。そのときはなるほど、と思ったのですが、一時的なもので、やっぱり掴んでいないと今は思います。
 どんどん語順が難しくなってきた気がしますが、なんとか勉強を続けて生きたいと思います。

惜しい(あれっ、回答修正した?)。
まず,“学”は2重目的語をとれなく,また,「趙」は“赵”ですね。
問題集にあった解答と解説は→http://p3saito.exblog.jp/2618210/
また,私が'99年改改へ更に作文すると
我昨天一点也跟赵老师学了一个小时汉语。(私も昨日1時に趙先生に中国語を1時間習った)
という語順になるかな?

Saitoさんへ

 我们也跟赵老师学汉语。なのですね。うーむ、なぜに、“也”の位置はここなのでしょう。ますます謎な言語ですね。
 昨日、Jiaに会ったときは“也”の位置が2箇所のどちらでもいいものがあり、さらに謎が深まりました。

'97-9NHKテレビ中国語会話_相原茂先生のスキットにも
他在日本也会给你们添麻烦的。(あの人は日本ではあなたたちに面倒をかけるでしょうから){←前後の文脈からここではたぶん「あの人も」か「あなたたちにも」かと}
という文を見つけました。これら2つの文で私は状语(連用修飾語)の順序から
時間詞+場所詞+“也”(範囲)+間接目的語の前置(対象)+動詞
の語順になってると推測しましたがどうかな。

Saitoさんへ

 他在日本也会给你们添麻烦的。
ですが、これは「あの人は日本でもあなたたちに面倒をかけるでしょうから。」という意味にはならないのでしょうか。
「も」がかかる語にいくつも可能性がある、というのは英語などでもそういう面があると思いますが、中国語はさらにどれに対して「も」なのか分かりにくそうです。

あ、この文だけだと「日本でも」もあるかと思いますが,前後の話が,「わたしたちは中国であの人に面倒をかけた」であって「あの人は中国であなたたちに面倒をかけた」ではなかったので,「あの人も」か「あなたたちにも」と思ったのでした。

Saitoさんへ

 なるほど。やっぱり本当に前後関係で判断するのですね。解釈が曖昧になってしまうこともあるのではないかと思ってしまうのですが。
 その昔英語を習ったばかりの頃、I love you, tooという文章が「私もあなたが好き。」という意味と「「私はあなたも好き。」という意味と二つの可能性がある、と知ったときは大変なショックで、そんなことでいいのか、と思いましたが、結局は言い方とか前後関係でそれほど曖昧にはならにようなので、中国語も実際の会話ではそれほど混乱はないのかもしれません。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。