スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

「中国語ジャーナル」を買ってみた。

 前にぺりおさんのブログで「中国語ジャーナル」の話題を読んで、試しに注文した「中国語ジャーナル」2008年3月号がやっと手元に届いた。日本では4月号が書店に並んでいるころかと思うが。

    中国語ジャーナル 2008年 03月号 [雑誌]

 この雑誌を買ったのはもちろん初めてで、立ち読みしたことすらなかったが、私の中国語レベルで太刀打ちできる教材ではないことは知っていた。でも買ったのは教材として活用しよう、ということではなく、(日本語の)読み物として楽しむのもいいかも、と思ったからだ。それにほんの少しぐらいは初心者レベルの記事もあるだろうという期待もあった。

 届いて早速読んでみたが、面白い。まず表紙のワン・リーホン、名前だけは聞いていたが、顔を知らなかったので、こういう人か、と思った。(私の中国関係の知識は所詮この程度。)末娘がこの表紙の写真をみて、「これ、Jia。」と決め付けていたが、うーん、ちょっと似てるかなー。(中国人の男性、という点で。)生年をプロフィールで見たら、Jiaの方が若いことが分かったけど。CDでこの人の話し方を聞いたら、全然意味なんて分からないが、Jiaの話し方に似ている気がした。(分かりにくいところが・・・。)つまりソフトなローボイスでさらさらっと行くので、教材のCDで聞く中国語とは随分違う印象を受けるのだ。

 しかし、CDには歌もあり、ラジオ番組のようになっていて、分からなくても聴いていたら楽しいものだ。思えば、私は全然分からない外国語のラジオ放送などでも平気で聞けてしまう人だったのだ。中国語だって平気さ。

 このCDを聞いて大体分かる、とか半分ぐらい分かる、というようなレベルになれば、もっと楽しいだろうとは思うが、当分は無理そうだ。それでも初級向けの教材コーナーは、せっかく買ったのだから(海外だと送料があるので、案外高価な買い物なのだ。)真面目にやり始めた。

 「ピンイン聞き分けトレーニング」?これなら私にも出来そう、と思ってすぐやってみた。別に難しいと思わなかったので、自分の回答に自信があるのだが、答えは来月号に掲載、だって。毎月買う気はないって。しかも3月号だから良さそうなコラムや連載が最終回だったりして、気分が盛り下がった。でもまだ出来そうな教材部分もあり、フランスでは手に入らない中国(語)関係のいろいろな情報も満載で、わざわざ注文した甲斐があった。

 私のレベルでは毎号は必要ないが、ときどき買うのも悪くない、と思っている。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

見たことあります

表紙だけですが。『韓国語ジャーナル』というのもありますね。
私は『ふらんす』を読んでいますが、フランスにもこのような外国語学習のための雑誌はあるのですか。
ずっと前に、ラジオの語学講座が充実しているのは日本の特徴だと聞いたことがあります。語学習得に熱心な国民性のせいでしょうか。
もうすぐ新年度のテキストが出ますので、またお知らせしますね。
先に出た英語講座を1つ買いそうになっています。

すいさんへ

 「韓国語ジャーナル」(KJかな?)もあるのですか。英語はもとよりいろいろありますし、やはり日本は充実していますね。韓流ドラマプーム以降韓国語の学習者が増えたのでしょうか。(私もビデオで韓流ドラマを少しずつ見ているところです。日本と似ているところ、違うところなど、比較しながら見て、楽しんでいます。)
 フランスでは英語の学習雑誌は年齢別にいくつかあります。またVOCABLEという対訳や単語リストがついた外国語学習者向けの週刊誌があり、これは英独西が出ています。
 学習ラジオ番組は皆無。でも独、西、伊は隣国ですからラジオが受信できますから、上級者になれば活用できるでしょう。ケーブルテレビでBBCやCNN、他にもイタリア、アラブ、スペインなどのTVが見れますが、これも上級者向けですね。
 ドイツ語学習番組が以前早朝にありましたが、今もあるかは分かりません。25回シリーズで同じものを再放送しているだけだったので、1ヶ月程度で一巡してしまい、継続できないものでした。
 NHKの語学講座についてまたお知らせくださいね。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。