スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

形容詞の前の"很"

 メインテキストにしていた一冊目の中国語を少しお休みして、復習のつもりでダブルハピネス中国語文法 基礎編―解説と練習で学ぶを最初からやっている。全部で100ステップあるうちのステップ14までやったのみで、このまま少なくともステップ47まで続けていこうと思っている。(そこが章の区切りだから。)

 昨日、今日と続けて形容詞述語文①と②をやった。そこでちょっとびっくりした、というかがっかりした、というか意外に思ったことがあった。実に基礎的なことなのだが、初心者の私としては引っ掛かりを感じたので、記しておきたい。

 形容詞の前によく副詞“很“が用いられ、強く発音されなければとくに意味はなく、“很“がなければ対比の意味になる。

 このことは前にも学習していたので、何も驚かなかった。そして「対比」の例として、

他高 (我矮)

などの例が挙がっていた。カッコ内は暗黙の意味であろう。

 ここまでは「ふむふむ」と思って練習問題に入ったところ日文中訳の問題があった。

「のどは痛いですが、頭は痛くない。」の訳として

× 嗓子疼,头不疼。 sang3zi teng2 tou2bu4teng2

と書いて答えを見たら間違いだった。

嗓子疼,头不疼。

“很”が要るのだ。対比なのに?と不満を感じたが、つまり暗に対比するときは“很”は要らないが、言外ではなく明白に対比するときは“很”がいるようだ。

あー、ややこしい。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

(最近)学習した'97-6NHKテレビ中国語会話テキスト_相原茂先生に同様表現あったなと思い見たら
・胃疼恶心、浑身没劲儿。
でした。なので,怪しいと考え打听してます。(^^;
http://bbx.whocares.jp/630oji3

Saitoさんへ

 便利なサイトがあるのですね。ありがとうとうございます。質問の答えがドバーと中国語で書かれており、私ごときが質問できる場所ではありませんから、大変助かります。回答が入っているか時々見に行こうと思います。

ということでどちらでもいいみたいですね。

Saitoさんへ

 やはりあれはどちらでもいい、ということなんですね。サイトを見に行ったんですが、中国語の説明が難しくて全部は分かりませんでした。
 つまり、私の作文は正しかった、ということで自信を持ちたいと思います。どうもありがとうございました。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。