スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

息子のチッチ、イタリア語でフライング

 メインブログでときどき紹介してきたが、わが息子、チッチ(8歳)は9月から学校でイタリア語をやっている。週2-3回授業があるようだが、なにしろ小学生のやり方なので、多分効率も悪く、文法はやっていないようだ。

 たとえばsono、 sei は知っているがessereは知らない、という勉強の仕方だし、「あなたはどんな服を着てるの?」「ズボンとセーター」というような会話を練習していて、何に使うのだろうか、と思ってしまったこともあった。もう随分前になるが、小学校の英語の授業を見学した事がある。そのときはHow many brothers or sisters have you got?という文だけで1時間費やしており、とにかく文単位で耳から教え込む教え方だった。こんな調子だから、チッチのイタリア語はやっていると言っても、大したことはやっていないに違いない、と思っていた。

 そんなチッチが新しく届いた「まいにちイタリア語」の4月号のテキストを見ながらCDを聞き、リスニング問題をやっているではないか。まだ放送が始まっていないというのに、週後半放送分のリスニング問題を7回分ぐらいまでもうやってしまった。「分かる。難しくない。」とチッチ。私はイタリア語が分かるより何より、日本語の説明を聞いて問題の意味が分かって答えられる、というところに感動した。そしてさらに感動したのは職業に関する表現をやっているときに、「あれ、分からなかった。」と言っていたことだ。こういうことは何も分からない時は言えないものだ。つまり他のことが分かっていてこそ、「分からなかった。」と言えるのだ。その後職業名が出てきたら、フランス語と似ていたので、すぐ納得していたのも面白かった。

 チッチは4月号は難しくないと豪語していたので、5月号も誘ってみようと思う。二人でどこまで続けられるかも楽しみになってきた。

 さらにネットでNHKのテキストを見ていた私に

Ah, il y a aussi le français? (あ、フランス語もあるの?)

と言ってきた。(日本語で言えー!)そしてすかさず続けて、

Mais on n'a pas besoin... (でも必要ない。)

確かにそうだ。でもこんなテキストやラジオ講座を通して、いろいろな言語を勉強する好奇心旺盛な日本民族を少しでも理解してくれれば、と思う。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : イタリア語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

そうか、あの内容だと子供さんでもわかるかな?何ヶ月かすると、やりとりがかなり複雑になりますが。

まゆのさんも、母親としてはお子さんが日本語が分かることの方がやっぱりうれしいのでしょうか。日々、フランス語圧力に対抗なさっているのでしょうね。

それにしてもフランス語とイタリア語ってやっぱり似ているのですね。

るもんがさんへ

 小学校の外国語教育ってその言語に興味を持たせるのが目標のようで、あまり内容は大したことはないのですが、長女が英語やドイツ語をやっていたときに比べて、内容が進んでいる気がします。やはりフランス語に似ているからでしょうね。
 来週からイタリアに行くのですが、ホストファミリーの電話番号をもらい電話してみようか、という話を昨日していました。電話でなんと言えばいいのか、という息子に「アレッサンドロと話したい。」ってなんて言うの?と聞くと、うーん、と考えて、vorrei parlare...と言っていました。フランス語からの逐語訳でなんとかなりそうな言語でやはり英語より楽そうです。娘は英語を始めて数ヶ月でこんなことは言えませんでした。
 4月号のテキストの内容は、子供でもわかる挨拶などが多くて分かりやすかったようです。大人の話題になったらついていけなくなると思いますが、フランス語から推測できることも多いですね。またアルファべットを読む能力も日本の同年代の子供より高いと思いますし、テキストも読めるのですが、字を読むとイタリア語でもフランス語的発音が多くなっています。練習問題は日本語の説明よりイタリア語のほうが分かっていた部分もあり、フランス語の威力を感じました。
 イタリア語もいいですが、私の息子ですから、まず日本語を上達させたいんですけどね。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。