スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

中国語の発音についての本

 中国語の勉強を始めてすぐ、ピンインの読み方がはっきり分からないことに気が付き、発音だけ取り出しきちんと勉強する必要を感じた。そこでやってみたのがこの本。


発音の基礎から学ぶ中国語


途中、必要なところは復習しながら一通りやり終えた。ピンインは読めるようになり、発音の難しい点、苦手なところもはっきりした。CDだけを聞いても勉強できるし、本とCDは終えたものの、付属のCD-Romはまだ全部見ていないので、復習に見ようと思っている。


あと、もう1冊発音の本を勉強すればいいだろう、と思っている。いろいろ本が出ているので探して見た。


 最初に良さそうだと思ったのはこの本。発音の千本ノックのような本だとか。理屈は大体先の本でつかんだし、あとは量をこなす練習が必要なんじゃないかと思うからだ。10時間で全てが分かる、というのもいい。10時間もかかるのかー、という気もするが。


     改訂新版 紹文周の中国語発音完全マスター


  そしてJiaさんからご紹介いただいたのが、下の本。なかなか良さそうで買いたくなってしまう。新しく出た本のようで、私が最初の本を探していたときはまだ出ていなかったようだ。


     アタマで知り、カラダで覚える中国語の発音


  


  下の本の評判も良さそうだったが、CDの録音が良くない、というコメントがあったので避けた。似たような本を一冊やったので、私はこれを買う必要はないだろう。


       中国語発音の基礎 (CDブック)


 


  もう持っている最初の本、きれいな表紙なのに写真がなくて残念。私は家に持っているのでまあいいのだが。この本をもう一度やり直して復習して、他の本は買わない、というのが節約を目指すのなら一番いいのだが、練習を増やすために別の本をやりたいのだ。


 メインテキストを進め、もう少ししたら文法を勉強しはじめ、一段落ついたら発音の復習をしようと思う。本当は発音を完璧にしてから次に行きたかったのだが、単調なので疲れてきて」しまったのだ。勉強していた本は楽しくてよく出来た本だったが、やはり文法をやらないと中国語の全貌が少しも見えない。


 本を買うまではここで表紙の写真をながめ、次はどれを買おうかなー、と考えて楽しもう。日本語の本屋などない環境に住んでいる私のような者には、表紙を眺めるだけでも結構うれしいのだ。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。