スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

Jiaとの交換授業日記

 今まで、私は日本語の文を書いておいて口頭で中国語に出来るよう準備し、メモを見ながらJiaの前で話す、という練習を度々やっていたが、今日はJiaが日本語の口頭作文を用意してきていて、中国語で書いたメモを見ながら、日本語で話してくれた。かなり長い。覗き込むと読みやすい筆跡で、入門レベルの日本語に合わせて中国語も入門レベルになっており、私にも分かる内容だった。

 内容は「昨日は4月12日でした。」から始まって、昨日やったことを話し、「今日は4月13日です。」と言った後、今日したことを話す、というものだった。ゆっくり言葉を捜しながら話すが、間違いはほとんどない。

 で、今さらながら、「9時に起きました。」というところの中国語には何の過去のマークもなく、我九点起床と書いてあるのが奇妙な気がした。日本語では間違えず「~ました。」と言っているので問題はないのだが、ついつい「何の過去のマークもないのに、それで分かるんだ。」とケチをつけてしまった。やっぱりなんだか気持ち悪いのだ。

 それから「バスで1時間かかります。」というところで“巴士”という単語が見えて、「バスって汽车じゃないの?」というと、こういう言い方もある、という。そこで「的士」の話になり、外来語の当て字の話に脱線。企業名の中国語の話になった。「Canonはすごく上手いよ。佳能。音も近いし意味もいい。」「可口可楽も上手いよねー。」なんて話をした。そしてJiaの会社はフランスの企業で中国にも進出しているが、中国名は「フランスのゴミ」というような意味になり、将来が案じられるとして大いに笑った。ゴミとはなんの関係もない業種なのでやはりまずいのではないか。

 それから私のためにフランスで出版されている中国語の教科書を買ってきてくれていたので、それの会話を勉強した。簡単すぎるかも、とJiaは言っていたが、別に難しくはないが簡単すぎてもいなくて、勉強しやすかった。まずざっと会話を二人でロールプレイなどをしながら音読。あまり説明を要しなかったので、私がその会話の内容を中国語でレジュメをした。これは私がフランス語の入門期によくやっていた練習法で、とても力がついたと思ったので日本語を教えるときにも度々使ってきた。今回は中国語でやってみた、というわけである。入門者は、何か言え、と言われても何を言えばいいか思いつかないものだが、これだと、自分のレベルで言えることを簡単なことでも言えばよく、それはテキストを読んだり、機械的な口頭練習をするのとは違う。初歩的なレベルであっても、自分が考えて作った文なのである。会話の背景なども、適当に想像してレジュメに入れると内容が広がる。教えるほうとしても、生徒がどうまとめるのか結構興味深いものなので退屈しにくい

 それからそこに出ていた単語などを使ってJiaがいろいろと質問してきたので、それに答えていった。同じような練習を日本語でも毎回やっていて、二人ともそれなりに進歩してきた、と確認しあった。レジュメや質疑応答は一人ではやりにくいので、交換授業は大変ありがたい。

 それからその教科書に中仏翻訳の問題が出ていたので挑戦してみた。一文ずつ独立した文が並んでいるものだったので、私が現在で訳すと「これだけだから分からないけど、過去にもなり得るよ。」とさっきの私の過去のマークを付けないのが気持ち悪い、という感想を受けて、親切にコメントしてくれた。

 来週までにまた勉強してくるから、と言って帰っていったJiaであった。私も勉強しなきゃ。来週は同じ会話テキストをもとに、今日とは少し違ったレジュメをしてみたいと思う。それで復習してから、次に進もう。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

よし、今度こそ。
細かいことですが,“汽车”は「自動車」で,「バス」は“公共汽车/公交车/巴士”ですね。
「コカコーラ」は“可口可乐”かと。
ちなみに,中検4級の日文中訳「コーヒーを飲む」で咖啡を珈琲と書いたのは私です。(^_^;
(追記)
NHKラジオまいにち中国語ステップ12に车の種類が出ましたね。
「ペプシコーラ」は“百事可乐”だね。

Saitoさんへ

 いつもありがとうございます。“汽车”、あ、そうでした、そうでした。汽車=車、火車=電車?汽車?でしたよね。コカコーラ、眠くて打ち間違えていました。直しておきました。ところでフランス語ではコカコーラは通常コカ、と呼ばれていますが、ペプシコーラでもコカです。
 
 文字化け部分があったのでファイヤーフォックスを使ったら問題なく見れました。エクスプローラーのバージョンを変えて以来、コメント部でも本文でも簡体字の文字化けが激減して喜んでいたのですが、やはりまだファイヤーフォックスに追いついていませんね。
 「珈琲」の王偏が中国語では口偏になっているのですね。似ているだけにうっかり間違えてしまう単語ですね。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。