スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

NHK「まいにちイタリア語」の罠

 なにやら物騒なタイトルになってしまったが、この講座を大体まいにち聞いているので考えたことを書くことにした。

 この講座は前にも述べたが、少しイタリア語をかじったことのある私には文法編は今のところ全く難しくなく、正直言って15分聞いて習ったことは「男性名詞は「O]で終わり、女性名詞は「A」で終わる」、これだけ?と思ってしまったりする。

 そしてリスニング編も内容的にさほど難しくなく、今のところは普通のスピードとゆっくりのスピードと2回聞く必要もないし、練習問題も間違えたことはない、楽勝コースである。

 しかし実はこれが危ない。文法編は「知ってる、知ってる。」と思っているだけで半年終わってしまう可能性がある。リスニング編は「練習問題の答え、全部合ってるー。」だけで終わってしまうのではないか。もともと会話の隅々まで分かっていなくても練習問題には答えられるのだから、ツボとなるところさえ聞き取れれば答えは間違えないのだ。

 ポイントとなる事項を「知ってる、知ってる」で済ませて終わっていてはわざわざテキストを取り寄せて聞いている甲斐がないではないか。今月はもともと知っていることばかりだし、来月だってそうかもしれない。これでは駄目だ。もっと能動的に学ぼうとしなくては・・・。

 と反省し、4月号の文法編の単語から知らないものを全て取り出し、日本語→イタリア語の順でヴォイスリコーダーに録音。これを聞いて単語の訓練をしようと思う。日→伊の順にしたのは伊→日は簡単だからだ。フランス語と似ている語も多いし、なんとなく勘で分かってしまう語が多い。日→伊は本当に知っていないと言えない。

 そしてまだやっていないのだが、今後リスニング編のトランスクリプションを確認して、ポイントとは無関係でも知らない言い回しを探し、覚えるようにしたい。さらに番組内でイタリア人ゲストがイタリア語で解説している部分があるので、その部分を集中的にリスニングする、ということも考えている。

 「知ってる、知ってる」の罠にはまらないように注意したい。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

中国語の他はやってない私がここに書く術でもないのですが,私も日→*がその実力を測る肝と思っておりブログでも日文*訳をメインの学習目標に捉えてます。「わかる」こと(文学)より「できる・使える」でなんぼ(語学)の方に自分は価値を置いてる所以でもありました。

Saitoさんへ

 いえいえ、語学学習の方法そのものの根本的なことは何語でも同じだと思うので、中国語以外でも遠慮なくコメントください。
 「わかる」ことも大事だと思いますし、まず「わかる」ことが一歩だと思うのですが、イタリア語のこのレベルでは既習者の私としては「わかった」だけで満足していては進歩がないと思いまして。文学も好きですし、どうせ勉強するなら小説などもいずれは読めるようになりたい、という夢はありますけど、中国語でもイタリア語でもそんなのいつの話?ってくらい遠い夢物語です。イタリア語の場合は旅行で使える、というのを目標にしています。レストランで注文とか値段を聞く、とか中国語では関心がない分野でもイタリア語だとあります。週末にちょっといけるぐらい近いんです。

いつも驚嘆しながら 読んでいます。
同時に何ヶ国語も平行して どうやって時間の
やりくりをつけていらっしゃるのでしょう。
ちなみに 多言語を毎日 少しずつ勉強するのですか、
それとも 月、木は中国語とか 集中1ヶ国語ですか?
私は ここ数年、中と英の平行ですが いつも
どちらかに偏りがちで ちょっとほっておいた方の
力が あっという間に下がってしまいます。
時間と頭脳が2人分ほしい。

kamomeさんへ

 同時に平行、と言っても趣味的にやっているだけなので大したことないですよ。基本的に毎日10分でもいいからやる、というスタンスなのですが、アラビア語がこのところ出来ていません。でも1週間以上ほったらかしにしないように注意はしています。NHKの講座を聞くだけに終わってしまう日もあります。(先週は忙しくてずっとそうでした。)でも勉強している、という気分を大事にして興味を持続しているようにしています。英語を読むということで英語学習も復活させましたが、長いものを読む時間はとれず、短いものも10分読むだけでは進まないので、聞く方に転向しました。これで1日10分でもいいから英語を耳に入れていこう、と思っています。
 というわけでほそぼそとやっている状況ですので驚嘆するようなことは何もありませんよ。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。