スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

イタリア語の不貞監視、じゃなくて不定冠詞

 NHK の「まいにちイタリア語」は今週は二日遅れてしまい、まだリスニング編を聞いていない。文法編は少しずつ進んできて、これは来月からもっときちんと復習しなければならなくなるかも、と思っている。

 ところで今週の水曜日放送分の第21課の口頭練習をやっていて「おや?」と思ったことがあった。Prononciamo ①に

Avete scarpe nere?    黒い靴はありますか。

というのがある。模範解答にもこのように書いてある。これで、え!?と思ったのだ。この文のすぐ前の文は

Avete una camera doppia?   ツインルームはありますか。

というものだ。だから私は反射的にscarpe nereに複数の定冠詞をつけようとしたのだが、この講座ではまだ出ていないし、長年イタリア語を勉強していなかった私はとっさに思い出せず、詰まってしまった。ところが解答では冠詞なし。あれ?付けなくてもいいの?イタリア語って複数の不定冠詞ってあるよなー、と不思議に思って手元の文法書をのぞいてみた。

不定冠詞の箇所はつぎのようにまとめられる。(詳しい説明は省略)

男性単数   女性単数    男性複数      女性複数
un, uno        una, un'       dei, degli    delle     

scarpeは形からみて女性なので、この文は Avete delle scarpe nere?ではいけないのだろうか。フランス語ではここに冠詞を入れないと非常に気持ちが悪いのだが、イタリア語は入れてはいけないのか、入れても入れなくてもいいものなのか、手元の本には何の説明も見当たらない。ただ

Ho degli amici francesi.  フランス人の友人がいる。

という例文があるので、冠詞を入れてはいけないということはないように思われる。

 しかし上の不定冠詞のまとめ、フランス語ではun, une desの三つしかないので、これだけ見るとイタリア語はフランス語よりずいぶん複雑に見える。

 

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : イタリア語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ああ、まゆのさん、フランス語を話す人だからひっかかるのですね。日本語話者や英語話者なら何にもひっかからない(不思議に思わない)と思いますが。だって複数の不定冠詞なんて存在しないもの。

私もイタリア語は初学者ですが、知っている知識の範囲で言うと、不特定の複数の名詞に通常、複数の不定冠詞はつけません。だからテキストの例文は間違いではありません(当然ですが)。

しかし、ややこしいことに、不特定の複数の名詞に、このdei, degli, delleをつけることがあります。これは部分冠詞と呼ばれるもので(教科書によっては複数の不定冠詞に分類しているかも)、フランス語なら de + les = des に当たるものですね。そうすることで、「いくつかの」「何人かの」という不定数を表すようです。

私もこの用法を知ったとき「えーっ」と思ってしまいました。でも、上記の説明で分かるように、フランス語の複数不定冠詞 des の方こそ、もともと部分冠詞だったのかもしれませんね。そんな話をロマンス語派研究者の友人に聞いたことがあります。そういえば、スペイン語は単数不定冠詞が uno, una 、複数不定冠詞が unos, unas でこの方が素直ですよね。

るもんがさんへ

私も書きながら英語なら複数の不定冠詞なんて存在しないし、フランス語に毒されているなー、と思いました。でも似ている言語だけにフランス語のやり方で通用する部分も多いように思います。全て同じじゃないってところがかえってややこしいですけどね。
 スペイン語は私も好きでした。(過去形になっているのは、今も好きなんですけどもう自分のものじゃないというか、仏伊をやっていてさらにスペイン語はますます混乱します。だからイタリア語をやっている限りスペイン語はパス、と思っているからです。仏語から足を洗うのは無理だと思うので、イタリア語と別れたらスペイン語とつきあってもいいかも、とは思っています。同じ理由でポルトガル語とも付き合えません。)
 そう、私の手元の参考書にも複数の不定冠詞が「いくつか」「何人か」の意味になると書いてありましたが、この意味って普通の複数と違うんでしょうか。微妙なんですけど。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。