スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

「まいにちイタリア語」 - やっぱり会話が面白い。

 NHKの「まいにちイタリア語」の7月第一週めは、ご存知のように会話の特別編だ。放送日より遅れていまったので、やっと今日先週の分を聞き終えたところだ。

 やっぱりイタリア語は会話が面白い。声優さんたちの大げさな言い方が笑いを誘う。文法をやっていると、どうしても私の場合、フランス語に似ているため「知ってる、知ってる。」と思って、実際には自分のものになっていなくても分かったような気がして通り過ぎてしまうことが多い、と自分で思う。会話の場合、聞いていると分かるのだが(耳で聞いてもやっぱりフランス語と似ている。)リズムや抑揚が面白くて頭に残りやすいように思う。文法の例文をどんどん大量に、というのは単調で難しいが、会話など内容があるものは量をこなすことも可能だ。イタリア語の場合は、文法をほじくるのではなく、とにかく聞く、読むという学習方法が、今の私には合っているのかもしれない。簡単な会話を通して今までの文法事項を復習できる、というのはなかなかいい。リスニング編はもとよりこのパターンなので、今週はうれしい一週間である。もっと会話が長くて、何度の聞かせてくれたら、と思う。今の「まいにちイタリア語」は時間が15分と短いこともあるのかもしれないが、解説の日本語がゆっくりで、イタリア語をしつこく聞かせる時間が取れないのか、2回ぐらい聞くだけに終わっているのが残念だ。会話の意味の説明はテキストにもあるのだし、あまり丁寧にやる必要はないのではないだろうか。

 ところで「アンコールイタリア語」のテキストを2冊注文した。パート1と2に別れていてこれで半年分。4-9月期と10-3月期が同じ内容らしいので、10月からのために今から注文した。雑誌なのだが定期購読扱いにはならないので、海外発想を扱っているところが少なく、届くのに時間がかかる。まあ10月までに届けばいいのだから余裕がある。「まいにちイタリア語」は10月からは4月からの再放送らしいので、別のものを聞きたくて「アンコール」にすることに決めた。入門編は会話が多いらしいので楽しみである。

 

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : イタリア語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。