スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

私を悩ませた中国語の補語

 NHKラジオアンコール中国語講座「耳たこ中国語」は2回目ということもあり4月から順調に進めてきたが、8月に入って「ナントカ補語」というのが一度にいろいろ出てきて、わけが分からなくなり、やる気消失に至っていた。幸い8月末からは違う事項に移り、それが既習事項だったことで自信を回復。「ナントカ補語」を分からないままにしておくのは良くない、と気を取り直し、分からないなりにここにまとめておくことにした。

 まず出てきた補語を挙げると結果補語、方向補語、可能補語、様態補語、程度補語、数量補語の6つ。これが毎日品を替えて登場し、ますます「ついていけない感」を募らせることとなった。

 まず最初に戸惑ったのが「補語」という用語。勉強していてこれらの語は「補語」とまとめて呼ばれるわりには互いに異質なものだ、という感じを強く持った。名称に違和感があったことから内容にも不信感を持ったわけで出会いが悪かったと言える。その後、補語という名称で一くくりされているが一様なものではないというコメントをいただき、呼称に惑わされることなく勉強しようと思い直した。(が、難しい・・・。)

 さらに我慢して個々の補語を見ていると、方向補語と呼ばれるものは英語のup とかdownのようなもではないかと思うに至った。そこへるもんがさんから同じような内容のコメントを頂き、今のところこれは悩みの対象からはずすことにした。二日間に渡り方向補語A、方向補語Bに分けて計8種類の方向補語が紹介されているので、全てを一度に身に付けるのは無理で、実際身に付いていないが概要を掴んだ気は持てたからだ。複合方向補語というのもあるのだが、あまり気にしないで素直に考えればいいのではないか、と思った。

 可能補語、様態補語、程度補語の三つは全て「得」だということも混乱を深めるのに一役買っている。これは後回しにして結果補語について考えることにした。

 さて結果補語の説明だがテキストには「動作行為の結果を補足説明するもの」とある。

饭做好了。“好”が結果補語で「ちゃんと完成させる」、という意味らしい。他には

学完   学び終える
看见   见”が「見て知覚する」という意味なので、「見える」
找到 zhao3dao4 探しあてる
听懂  聞いて分かる

が例としてあり各例の2字めが結果補語である。何か「結果」という言葉がぴんと来ない例もあるのだが、用語にこだわるのは止めようと決意したばかりだから、いけない、いけない・・・。

 もやもやとした思いを抱えているところでるもんがさんの「中国語結果補語について歴代講師の説明」という記事に出会った。4人のNHKラジオ講座の講師の結果補語の説明を比較したものだ。

 その中で私の理解を助けると思ったものは以下の箇所である。

☆ 現在放送中の荒川清秀先生の「中国語の動詞は行為に重点がある」というもの。

 当たり前のような話だが、行為の動作そのものだけを取り扱いそれがもたらす結果、動作を最後までやったかなどは動詞ではカバーしないということなのではないかと思うので、なるほどと思った。例えば「探す」は探しているだけで見つけたかどうかは分からない。「探し当てる」となれば見つけたことになる。この「当てる」に当たるのが結果補語だというわけである。「立つ」や「座る」という動詞は動作がもたらした結果が動詞の意味に含まれていると思うがこういうことは中国語ではないのだろうか。

☆2004年四月期放送の遠藤光暁先生の説明では

烤了 焼いた (焼けたかどうかまでは表現していない)
烤好了 焼けた (焼いた結果「よい」という状態まで達した、つまり「焼けた」)

というところが意味を掴みやすいと思った。

☆2003年4月期放送の榎本英雄先生の用語、「結果複合動詞」はうれしく思った。ぼんやりと結局複合動詞のようなものじゃないか、と思い始めていたからだ。こうなれば「食べ終わる」(食べる+終わる)「探しあてる」(探す+当てる)などと同じようなものと考えられ、理解しやすい。

 以上のような解釈が正しいのかどうかは分からないが、さっぱり分からないと思っていた結果補語の世界に光が差してきた気がするのは否めない。

 結果補語はひとまずこれでいいことにして次に進もう。

 

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

まゆのさん、私の拙い記事が多少なりともお役に立ちましたでしょうか?
でも、私の方がかえって勉強になってたりして。疑問を持っていただき、ありがとうございました!

るもんがさんへ

 本当に役立ちました。ありがとうございました。
 しかしブログと言うのは便利なものですね。一人で悶々と悩んでいるだけで終わりそうなものですが、疑問や悩みを提示すると教えてくださる方や同じ疑問を共有してくださる方などが現れて、勇気付けられます。今後もよろしくお願いします。
 まだアップしていないのですが、しばらく前から抱えている疑問があるんですよ。お楽しみに(?)。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。