スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

2008年10月からのラジオ講座

 雑用が多くてブログ更新をサボっているが、語学は細々ではあるが続けている。4月から始めたラジオ講座は実はまだ完全に終えていない。

「アンコール中国語講座」の「耳たこ中国語」は特に9月に入って遅れてしまっていたのだが、先日最後のステップであるステップ100を聞き、最後の力だめしをやっているところだ。一回目の力だめしの成績は95点。せっかくなので力だめしを最後までやって新講座を始めようと思う。

 アンコール講座は10月期も4月期の再放送なので新しい番組が聞きたいと思い「まいにち中国語」を聞くことにした。中級の内容だそうでついて行けるのか不安だったが、最近届いたテキストを見た限り、文法中心の講座のようで、難しいスキットでチンプンカンプンということはとりあえずなさそうだ。(今後文法でそうなる可能性は大いにあるが。)単語や会話があまりにも多量だとついていけそうにないが、例文程度の量なので中級への橋渡しレベルの講座らしいがなんとかついて行ける範囲かと思って挑戦してみることにした。

NHK ラジオまいにち中国語 2008年 10月号 [雑誌]

 

 さてイタリア語だが、「まいにちイタリア語」は文法編は15分が長く思え退屈になってしまって9月の途中からテキストを見て済ませるようになってしまった。(すると5分で終わる。)リスニング編は8月後半から難しくなり、答えは当たっているものの細かい理解は全然出来ていない状況だった。9月の最後の週はまだ聞いていないのだが、これはあとで復習するとして、新講座を始めることにした。今日から始まるのだから、やはり今日から新たな気持ちで新講座に向かうのがいい、と思ったのだ。選んだのは「アンコールイタリア語」。

NHKラジオアンコールイタリア語講座 2008年度パート1 (2008) (語学シリーズ)

 テキストが3か月分で一冊になっており、日本から取り寄せる送料がかさむ海外組にはうれしい配慮だ。入門編の内容は週ごとのスキットがあり、スキットの一部をその日の分としてしっかり聞くようになっている。週4レッスン分で1スキットなので内容的にある程度まとまった内容のスキットとなり、文法の例文ばかりで疲れた私にはいいかもしれない。中国語が例文ばかりの講座になりそうなので、それともバランスが取れそうだ。

 最初は挨拶などが多く簡単なのだが、きちんと聞いていこうと思う。ゲストのイタリア人女性の甲高い声が耳障りな気もするが、元気で明るいとも言えるし、我慢できないほど不快ではないので、付き合っていけそうだ。

 さて今期は上記講座に合わせて前講座の復習もやっていきたいと思っている。

 復習作戦としては以下の2つ。

「耳たこ中国語」の後半部、スキットの部分のみ、テキストを見ないで聞く、繰り返すなどの練習をして、続く練習問題、聞き取り問題をやり、最後は日本語訳を見ながら中国語で言う、書く、の練習もしたい。ステップ49から月曜から水曜にあたるステップをやり直す予定でいる。(その後、復習にあたる木曜日の放送分のみを聞きなおしたい。)

前期の「まいにちイタリア語」のリスニング編の聞き取りテストのところのみ、6月号から聞きなおしの予定。しかし番組をただそのまま聴くのではなくスキットを聞き、問題に答え、日本語訳を見てスキットを言ってみる、言えなかったところを覚える、ということをやっていきたい。1回の放送にスキットがいくつも登場するので一回の放送分を全て一日で扱うのは難しいかもしれない。出来る分だけを少しでもいいからやる、という方針でやっていこうと思う。

 なんだか9月にしては寒くて暗い気分になりそうだが、気分を新たに新講座を進めていくことにしよう!エイ、エイ、オー!

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。