スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

今までの勉強

 今までの勉強と言っても大したことはやっていない。これからやろうとしているのだ。 4月に日本に日本に行った時に、NHKラジオ講座のテキストとCDを買った。日本にいる間に何回か講座を聞くことが出来たが、フランスに帰ってきたからはラジオは聞けないのでCDとテキストのみ。


  最初の難関は発音だった。まずピンインを見てもどう発音するのか分からない。耳慣れない音があり、聞き取りにくいし、自分で発音しても出来ているのか分からない。何より先に発音をきちんとやらなければ、何も覚えられないと思った。そこで、「発音の基礎から学ぶ中国語」相原茂 朝日出版社という本を日本から取り寄せた。CD3枚とCD-ROMが付いていて美しい装丁のハードカバー。これで2500円?日本って本が安いなー。  


    とりあえずこれで発音の基礎を勉強することにした。全部で36講あり、第33講までやった。復習をしながらやっていける内容になっていて勉強しやすくてうれしい。ドリルがあるので理解度を確認できるし、前より自信がついた。ピンインも読めるようになってきた。ただし、場合によってはちょっと時間がかかるけど。あと一冊ぐらい発音のドリルをやればいいんじゃないか。本も選んであるんだけど、発音だけやっていても進まないので、この本のあとは発音はとりあえず置いておいて、文法や語彙や会話を勉強できる総合的なテキストで勉強していくつもりだ。 


 NHKの講座は今一週間遅れぐらいだが、一応やってはいる。 しかし、全然分かっていない。進みが速すぎる。4月の終わりぐらいはまだ分かっていたが、それ以降とりあえず聞いている、という状況だ。しかし不思議なのは聞き取り練習で会話を聞いて質問に答えるコーナーが毎日あるが、何も分からないのに、ここだけは間違えたことがない。どういうことなのだろう。その日のスキットの説明を日本語で聞いており、問いと答えの選択肢はテキストに書いてあるので、漢字を見てあてずっぽうで答えるといつも合っているということなのだろう。自分で答えておいて、どうしてそれが分かるのか、自分でもはっきりつかめない。他の言語では経験したことがない不思議な現象だ。

[PR] 台湾中国語翻訳

コメントの投稿

非公開コメント

「発音の基礎から学ぶ中国語」

これ、自分も買おうと思いました!で、仕事帰りに買いに行ったら売っていなくて、「アタマで知り、カラダで覚える中国語の発音」という本があったんです。

中身をみてこれもいいかなーと思って、買いました。で、これが終わったら「発音の基礎から学ぶ中国語」を買おうかなと^_^;

自分の方針は、文法とか単語よりまず発音。ピンインと発音が一致してくると単語は覚えやすくなるかなーと。その後本を読みながら、必要な文法を勉強していこうかなーと思っています。

最終的には、読みも書きも話もできなきゃなんで、先は長そうです^_^;

自分は大阪で鍼灸師をやっているのですが、中国の鍼灸師さんとお話ができるようになれば、もっとプラスになるかなーと思ってます。

でもって、挫折した英語もいつの日か話せるようと野望(妄想^_^;)だけは持っているのですが。。。

jiaさんへ

 「アタマで知り、カラダで覚える中国語の発音」、良さそうですね。題名がまずなんだか楽しそうです。新しく出た本のようですね。
 私も勉強を始めてすぐ、ピンインがきちんと読めないと単語も覚えられないことに気が付きました。まず読めなければ頭にはいるわけもありませんし、曖昧なまま覚えても意味がありませんよね。
 でも発音だけをやってる感じになってきて少々疲れたので、今は文法を少しやってみてまた発音を改めて見直そうと思っています。

 鍼灸師の方なんですね。中国の文献やサイトが読めれば情報量が違ってくるでしょうし、中国の鍼灸師さんと交流できればお仕事の幅も広がりますよね。語学のマスターの鍵は必要度と密接に関係していると思うんです。だからjiaさんは私よりかなり恵まれてますよ。でも私は全然必要ないのにどこまでできるか、という挑戦なのでこれでいいのです。

 私は学生時代大阪にいたので、大阪と聞くと懐かしさを覚えます。

 それにしても鍼灸に関してはフランスはいい鍼灸師も極端に少ないでしょうし、探すだけ無駄って気がします。一度電気針でひどい目に遭いました。
 こちらの医療は何かというと薬。簡単に薬を飲む人が多く、疑問を感じることが多いです。最近はフランス人でも西洋医学に疑問を感じる人も出てきて、東洋医学への関心も高まってきたと思いますが、日本に比べると一般の理解はまだまだです。

発音だけってのはホント飽きてくると思います。自分もなんかダラダラやってる感じになってきたので、NHKのテキストから課題の文だけを取り出して、それをピンインと漢字にするように方向を変えました。それでも、文法よりピンイン重視なんですが。。。

学生時代は大阪で過ごされたのですか!ひょっとして大阪外大出身ですか!?(余計な質問でしたら、申し訳ありませんm(__)m)

フランスの鍼灸事情はまだまだって感じなんですか!?以前、鍼灸関係の雑誌で、美容鍼灸について記事があったのですが、フランス人には鍼灸というのが広く認知されているような印象を受けましたが。。。

一度ひどい体験をされると、なかなか機会があってもやろうと思わないでしょうね。でも、鍼灸はホント治療する人と患者さんの相性とかもあるので、もし、チャンスがあるならこれからも受けてみてくださいね!そして、いい鍼灸師さんに出会えるといいですねー。

中国語と関係ないコメント失礼いたしました^_^;

jiaさんへ

 そうです。外大って大阪に一つしかないですよね。

 フランスでは鍼灸自体が知られていません。針はそういう資格があるらしく行われていますが、灸は聞いたことがないです。フランスのナショナル柔道チームは鍼灸師を抱えているようですし、スポーツの分野では知られているのかもしれませんが、柔道だからってこともあるかもしれませんね。
 私は鍼灸はあきらめ、指圧師を探しているんですが、見つからないです。こちらのマッサージってタイ式とかスイス式、とかいうのでやさしいので害がないらしいですが、2回ほど試してみましたが感触が違うので期待したような感じがありませんでした。
中国語学習ブログにしようとしていますが、雑談になってもいいですよ。息抜きも大切ですから。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。