スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

土曜日 イタリア語とアラビア語

 今日、息子に漢字の書き取りをやっているときに、「週末」という言葉があり、「週末っていうのは一週間の終わりのことだから何曜日のこと?」などと説明していた。「日曜日」と答えた息子に「日曜日の前は何曜日?」と聞くと、「うーん、何だったっけ・・・sabatoはイタリア語だし。」と言う。

 え?確かにそうだった。でもアラビア語もسبت sabat、同じである。イタリア語とアラビア語が同じって偶然だろうか。アラビア語はインド・ヨーロッパ語ではないので語源が同じというのも変だし、借用語ならどちらがどちらを借用したのか、などと考えて辞書で調べてみた。

まず最初はDictionnaire Compact plus Arabe-Français/Français-Arabeでアラビア語のسبتを引いてみた。samedi, sabbatと書いてある。え?sabbat?イタリア語はこれと同じってことか、というわけで、今度は仏仏辞典を引く。いつも使っているLe Robert Micro Dictionaire De LA Langue Franaise には

Repos que les juifs doivent observer le samedi, jour consacré au culte divin.

とある。つまりjour de sabat「休息日」である。こんなことも知らなかった、という気がつかなかった・・・。と脱力しながら、イタリア語とアラビア語の土曜日はともにヘブライ語起源なのだろう、と思った。

 漢字の書き取りから思わぬ方向に進んでしまったのだが、言語というのは思わぬところで関連しているものだ、と改めて思った。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど!!

こんにちは。昔に1度コメントをしたことがあります。Dazuと申します。お元気ですか?
息子さんの漢字の手伝いをしててそんなことにふと気づくなんてさすが言語に興味があると気づく点もすごくおもしろいですよね!私は今北京語を学習中でうすが、最近何かふっと殻がやぶれたようなかんじでつまっていたところがとれて、新しく学ぶことがどんどんと頭の中に入ってくるようになってきました!そういう瞬間ってありますよね!それからは学習の意欲があがりますね。「学習の目的」は本当に大切ですね。私もそう思います。ただの自己満足になってしまってはなんの社会貢献もできませんしね!これからも同じ外国語学習者としてがんばりましょうね!

Dazuさんへ

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 北京語を学習だったんですね。ふと殻がやぶれる、なんて羨ましいです。私は北京語ではまだ経験していませんが、そういう瞬間ってあると思います。そうなると学習が楽しく意欲も出ますよね。
 社会貢献!いえいえ、私はそんな大それたことは考えていません。自己満足の世界です。でも自己満足ではあっても、進歩があったり、何らかの目的がないと続かないものですよね。
 これからも学習を続けて行きたいと思っていますのでよろしくお願いします。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。