スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

アンコール・イタリア語講座、その後

 録音を聞いているので、一時は放送日より進んでいて余裕があったこの講座だが、忙しくて聞けない日が続いたりして大きく遅れ、そうでなくても説明がだるいなどの理由で講座の半分ぐらいしか聞いていなかったので、やる気をなくしてしまった。NHKの講座は放送日にあまり遅れないようにするのが続けるコツだなー、と改めて思った。

 しかしここで「やる気を失くした~。」とだらだらして4月の新講座を待つのは良くない。第一、4月からの新講座も始めのうちはやはり簡単でだるいので夏までだらけ癖が続き、夏は休みで外出が多く勉強のリズムを保ちにくいので継続が難しい・・・。そんなことを言っていると「いつ、やるんだ!」ということになる。

 そこで喝を入れるべく新たな作戦を開始した。言い方は大袈裟だが大したことではない。講座2か月め後半から復習をすることにした。と言っても毎日の講座を聞くのはだるいので一週間のスキットをまとめて聞くことにした。月曜日の講座の最初の部分のスキットを聞いている。スキットの部分を聞くだけで解説やリピートなどは聞かない。リピートは本当は聞いてもいいのだが、毎日の講座の一部に入っているのでその部分を探し出しのに時間を取られそうなので割愛した。やり方は大体次の手順。

  • スキットを聞いて意味が分かればOK。分かりにくいところがあったら全体を何度でも聞く。(今のところ内容が簡単なので2度ぐらいで足りている。)
  • スキットの日本語訳を見てイタリア語で言ってみる。間違えたところがあったら、何度でも全体を繰り返す。口頭でやることが多いが、筆記することもある。
  • 放送の録音についてシャドウイング。今までにやったことがない練習だが速くて文が長いときは意外に難しい。これは出来るまで何度もやることはしていない。出来るところをやりながら数回やって飽きたらやめている。
  • その後、テキストを見てその週のまとめの練習問題のページを真面目にやる。スキットの練習をしているのでこの練習問題は困難なく出来ることが多い。気が向けが同ページの例文もちょっと見る。

これが一回分。25回程度で半年分の復習が出来ることになる。最後の方は文法などが難しくなって一回でこれだけ出来ないかもしれないのでもう少し時間がかかるとは思うが、このやり方で3月末まで復習を続けようと思う。

 

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。