スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

ストリーミング開始

 今日からいよいよNHK語学講座のストリーミングが開始されたので、欲張っていろいろ聞いてみた。テキストなしで語学番組を聞くのは久しぶり(20年以上振り!)で楽しく感じた。

 聞いてみたのは

  • まいにちフランス語の応用編(先週の木曜日の分)
  • まいにちイタリア語の応用編(先週の木曜日の分)
  • まいにちドイツ語の入門編(先週の月曜日の分)
  • 実践ビジネス英語 (先週の水曜日の分)
  • ニュースの英語(というような名前の5分の番組)の中国のパンダのニュース(3月30日の分だと思う。)

それぞれ感想を書いておく。

「まいにちフランス語」応用編

 フランス語の部分がナチュラルスピードより大分遅いが、練習内容は良かったと思った。短い間によくまとめてあり、初級者から中級者までが聞ける内容になっていた。「フランスに20年もいてなんで今更こんなの聞いてるの?」という娘の中傷をよそに、意外に真面目に聞いてみた。発音の練習など、中級以上の学習者も初心に戻って出来ることがあるかもしれない。

「まいにちイタリア語」応用編

イタリア人の先生の声が好きだった。内容的に応用編にしては易しいかもしれない。スキットがあるわりにあまりスキットを練習しない気がしたが楽しい雰囲気の講座だった。文法を覚えていない点もある(例えば私は近未来の活用をまだ覚えていない。)ので練習問題をテキストなしで全てこなすのは難しかったが、出来るところもあり、出来れば聞き続けて行きたい。テキストがあると遅い感じがするかもしれないが、テキストなしだとそうでもなく、楽しんで聞けた。講座の解説を読んだ時は料理の専門用語がいろいろ出てくるのかもしれない、と思い別にイタリアに料理修行に出るつもりはないので、「関係ないな~。」と思っていたのであるが、料理に関係するというだけで専門用語というわけではなさそうだ。(考えてみれば当たり前だ。語学講座なんだから。)

「まいにちドイツ語」入門編

9月からドイツ語を始めた娘がいたので一緒に聞いてみた。挨拶なので私も全部分かり、娘も簡単だから喜んで聞いていた。半年ほど学校で週3時間程度やっていてもこの講座の内容ぐらいはカバーされているのかもしれない。興味本位で聞いてみたがやはり今後も続ける気にはなれなかった。ドイツ語って音が肌に合わない・・・。中国語もアラビア語も合わないと思いながらやっているので関係ないけど。

「実践ビジネス英語」

NHKのサイトのオンラインテストの結果、これが私にお奨めの英語講座になっていたので聞いてみた。今年度最初の講座のはずなのに、番組自体やスキットの登場人物の紹介などが大してなく、前から続いているかのように始まったのでちょっと驚いた。長年続けているリスナーが多いのだろうか。内容はビジネスっぽくない普通の会話だったので、その点もちょっと意外だ。前にネットで聞いたときも確かそうだった、と思い出した。聞いてみて楽しめる内容だったが、前にも書いたが途中で日本語が入るので英語に集中できない気がする。最後の単語置き換え練習は置き換えるべき単語は分かったので練習の狙いは把握出来たと思うのだが、テキストなしであの長い文を全部繰り返すのが無理だった。ディクテーションしてみるのもいいかもしれない。番組の最後の方の格言(?)コーナーも面白かった。昨年、一昨年何度かNHKの英語講座を聞こうとしたたときに、何度か聞いていてアメリカ臭に嫌気がさして続けられなくなってしまったが、今回はなるべく続けて行きたいと思う。

ニュースの英語

5分と長くなさそうなのでいいかも、と思って聞いてみた。サイトの音声が上手く稼動せず、文の途中で切れてしまい、リスニングがきちんと出来ない、リスニング問題が自分で作文する問題になってしまう、などの不都合があったが、毎日やらなくても毎日の内容に関連性がないので気が向いたときに出来るという利点はあると思った。生きた会話を学ぶ内容ではないが、単語や構文や表現の復習にはなると思う。私の場合、英語の力を伸ばすより、これ以上忘れない、ということが目標とも言えるので、気が向いたときに気軽に出来る、というのも利点である。

娘ののえは今年度はチャロの再放送をテキストなしでもう一度聞くそうで、今回「基礎英語3」を勧めてみたら、少し聞いて難しくないのでこれからも聞くと言ってブックマークしていた。

やはりストリーミングは気軽に聞けるので、ちょっと聞いてみるという楽しみ方も可能になり、海外に居ながらNHKの外国語講座と今後も関わっていこうと改めて思った。

 やっぱりうれしい、ストリーミング!

 

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

私も始めています

 早速ストリーミングを大活用ですね。私は今まで通りラジオ派です。欲張って四つも始めたので、二週目にして早くも遅れ気味です。マズいマズい。

 まいフラの「ディアローグ三銃士」は良い講座だと去年思いました。途中で置いていかれてしまったので今度こそはと気張っています。
 以前は応用編のフランス語は速い! と怯んでいましたが、ネットでフランスのTVやラジオに気軽に触れられるようになってみると、ラジオ講座はやっぱり聞き取りやすいように作られているのだなと実感します。入門編の遅さは私でさえ違和感を覚えるほどです。

 実践ビジネス英語は長~く続いている講座ですね。お話も数年単位で続くようです。「ビジネスっぽい英語」は入門ビジネスの方で勉強しています。私も....。実践の方はきっと、聞く人は既に英語でお仕事できるという前提で作られているのだと思います。雲の上のレベルですよ~。
 私は他に5分間トレーニングを聞いています。週末も休まず毎日です。アメリカ~ンなノリがかなり辛いので、続けられるかどうか自信がありません。

 そしてアンコールフランス語で「Je ne suis pas japonais」と練習しながら、日本人はいったいいつこのフレーズを使うのだろうと首を傾げています。

*すいさんへ

興味本位でいろいろ聞いてみましたが、今後も続けるかはまだ疑問です。実践ビジネス英語はとりあえず英語を聞ける、という点ではいいと思いました。内容も、長く聞き続ければ視野が広がる内容に思えました。アメリカ中心っぽいのが不満ですが、それは仕方がないですね。あとテキストがないと苦しい部分もあるんですが、テキストを買ってもきっと真面目に読まないと思うので買いません。

今日は「5分間トレーニング」を聞いてみました。前に聞いてイマイチ肌に合わなかった徹底トレーニングの先生ですので、今後も続けられるか分かりません。妙にエネルギッシュなアメリカ~ンな雰囲気がちょっと白ける気がするんです。この講座のすぐあとで「まいイタ」を聞いたらほっとしました。先生の気の抜けたような声で心が和みました。やっぱりヨーロッパの方が私に合うのかも、と思いましたね。だけど途中でストリーミングが稼動しなくなり、スキットの途中で切れてしまいました。また明日試してみようと思います。ネットはこういう問題もあるんですよねー。でもストリーミングがあるだけで有難いですから文句は言えません:

Je ne suis pas japonais.ですか?男性に間違われたら使うかも?国籍離脱したら使うかも?ですね。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。