スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

テキストなしで聞くNHK「まいにち中国語」

 木曜日にやっと「まいにち中国語」のテキストが届いた。2週間近くテキストなしで聞いたことになる。

 届いたテキストの写真で先生やゲストの顔を見て、「こういう人たちかー。」と妙に納得する思いだった。

 しかしこれからしばらくは、引き続きテキストを見ないで講座を聞いていこうと思っている。今回の講座は入門編なので、今まで挨拶と発音の練習をしていた。実は私は独学なので挨拶はほとんど知らないで過ごしてきた。必要ないし、使わないし、興味も特になかったからだ。たまたま過去2つ聞いたNHKの入門編でもあまり挨拶は扱っていなかったように思う。今回まとめて練習できて良かったと思っている。

 テキストなしで番組だけ聞いていたので、今日何をやるのかも分からない。今までもスキットを聞くときはテキストは見ないようにしていたが、それでもテキストを持っていれば、少しは見えてしまうし、今日の内容はこういうことか、という簡単な予備知識を持って聞くことになる。今回は全くテキストがないので、それすらもなく、毎日の放送を「今日は何をやるのかな。」と思いながら聞いていた。これが良かったと思う。集中して聞くことになるし、書き残したくてメモを取ったこともあった。

 発音についても中国語は3年目なので、発音練習用にはっきりと発音しているので、音を聞いていてピンインが分かることに気がつき、ちょっと自信が持てた。テキストを持っていたら、書いてあることが見えてしまうので自信も持てず、退屈しながら聞くことになったかもしれない。

 4月中は問題が分からないと出来ない「耳だめし」のコーナー以外はテキストを一切見ない、予習もせず、必要のないページを先にみない、ということに決めた。

 テキストがあって有難かったのは「今月の歌」のコーナー。歌詞を見ながら歌を聴けたのでうれしかった。ピンインを無視して歌になっているように聞こえるが中国人はこれで意味が分かるのだろうか。松任谷由美のもとの歌はどういう歌なのだろう、と思ってiTuneで探してみたが入っていなかった。

 あと印象に残ったのは“哪里,哪里”というのを教えると、日本の大学生は大抵笑う、という先生のお話。「なーり、なーり。」と聞こえるのが面白いのだろうと想像したが、「外国語って面白いですね。どんどん笑って勉強しましょう。」という言葉で先生の人柄が分かるような気がして、親しみを感じた。そう、外国語って笑える時があるのだ。イタリア語の「引っ掛ける」は「うんちなーれ」。笑えるではないか。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

帰省中のるもんがです。
テキストを持ってこなかったので、音だけでまいにち中国語を聞いてみました(後日テキストを見ながら=書き込みながらまた聞くつもりです)。

すると難しいですね~。金曜日レッスンでさっと中国語訳を言おうとすると、ええとこっちは「都」がいるんだっけとか、悩みました。

それと、aminさんの歌、最高です。最初の一行で背中に電気が走ります。なんだろう、声質かなあ?

「テレビで中国語」の説明によると、歌詞は声調が失われるため、中国人が聞いても意味が分からない時があるそうです。日本語の詞より意味をたくさん詰め込んでいるのに、不便ですね。

帰省中のコメントありがとうございます。実は金曜日の放送はまだ聞いていないのですが、(忙しくて木金は聞けなかったのです。水曜日まではテキストでも難しくありませんでした。やはり内容が難しくなってくるとテキストなしはキツそうですが、これからもテキストが届くのが遅れると思うので、耐えるしかありません。

 やはり歌は中国人でも分からないことがあるんですね。まあ日本語の歌でも分かりにくいことがありますよね。オペラなどもネイティブでも分かりにくいことがあるようです。

 忙しくて語学を全般的にサボっていました。フランス語はやっていましたけど(仕事で・・・。)、その他の言語は4日ほど放置してしまいました。その前も少しサボり気味になっていましたので、今夜から巻き返しを図ろうと思います。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。