スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

2009年度後期のNHKラジオ講座

 やっと前期の講座を聞き終え、1ヶ月以上も遅れてしまったが新講座(まいにち中国語)をスタートした。

 まだ遠藤先生のを3回分聞いただけだが、少し感想をまとめておこう。

 前期の郭先生と比べると随分と物静かで淡々した感じの講座になっている気がするが、これはこれで良いと思う。先生の持ち味が講座に反映されているわけで、講座ごとのカラーが違うというのもリピーターとしては楽しめる。

 前回の講座に比べるとリピートが多い。私が20分間放送時代の録音で聞いているせいもあるのかもしれないが、これでもか、と何度も同じものを聞くことになり、いつもまにか覚えてしまう、耳に残っている、ということになる。古いやり方かもしれないが、効果があると思う。録音しているのだから、自分で何度もリピートすれば済むことだが、あらためて自習、というのも簡単に出来るようでいてわざわざ場を設けるのには意外に努力がいるわけで、放送内でやってくれるとやはり助かる。今はまだスキットが簡単なので、これで暗記できる。翌日もまだ覚えているので、やはりリピート練習は有効のようだ。

 ストリーミングを利用してフランス語とイタリア語の応用編も聞いてみた。先週の分しか聞けないので、二日分ずつ聞いただけだ。

 フランス語はなんだか話し方がゆっくりすぎる嫌いはあるが、初級者の方もいるのでそれは仕方がないだろう。テキストがないのでディクテをしてみた。ゆっくり言ってくれるので書き取る暇があるのだ。文法の説明も簡潔で分かりやすい。いろいろな例文が出てくるので初級者の人にも参考になるだろう。普段使っている文型でもあらためて説明を聞くと新鮮なことがあり、楽しめた。これからも聞いてみようと思っている。飛ばしながら聞いているので15分かからないし、週2回しかないので、聞きやすい。

 イタリア語はほとんど音楽番組かと思えるような内容でイタリア語の学習ではなく音楽に興味があって聞いている人もいるのではないだろうか。イタリア人の作曲家の紹介とその音楽を聴けるのが楽しい。これからも語学学習ではなく音楽を楽しむ意味で聞いていこうと思っている。語学的には私は耳で聞いて全部分かるわけではないので、テキストなしに漫然と聞いていてもレベルアップにはつながらないと思う。今後再放送があったら、その時はテキストを購入して真面目に聞いてみるのもいいかもしれない。今回はカップリングしてある入門編が前に聞いたことのある講座なのでテキストを買う気になれない。再放送までに私のイタリア語力をアップしておくようにしたい。(今までもオペラ関係の講座が再放送になっているので、再放送の可能性は高いのではないだろうか。)

 このイタリア語のような番組が他の言語にもあったら、語学ではなくて楽しみに聞くのに、と思う。ドイツ語とかロシア語とか、どうだろうか。

 

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは、楽しみに読ませていただいてます。
実は 語学マニアです。第3外国語として 何かを
学びたいと考えているところです。
(第1は英語、第2は中国語)。イタリア語を始められた動機、イタリア語の魅力など お聞きできたらと思います。スペイン語じゃなくて イタリア語を
選ばれた理由など、差し支えなければ
教えてください。

イタリア語を選んだ理由ですか?はっきり言うのは難しく不純な点も含んでいるんですが・・・。実はスペイン語はずっと前にやっていました。フランス語とほぼ同時に始めたんです。最初はスペイン語の方が上達が早い感じでした。その後フランス語を覚え、スペイン語を忘れました。
 イタリア語はフランスに来てから興味が出てきたのですが、イタリア人の友達がおりイタリア語を聞く機会が少しですがあったこと、長母音がある言語がやってみたかったこと、フランス語と文法のしくみや語彙が似ているので楽そうだと思ったこと、フランスの教材を使って効率よく勉強できそうだと思ったこと、で学習を始めました。始めてみて長母音はあるにあるが、アクセントの代わりで長母音と短母音の対比があるわけではないらいいことにすぐに気がつき、がっかりしました。以後勉強をやめたりまた少しやったりで10年以上が過ぎ、いまだに初心者です。
 勉強を再開した動機は、今勉強している中国語は旅行に使うには中国が遠くて気軽に行けないので、バカンスで使えそうな言語をどうせなら勉強したい、という点がまずありました。そして、せっかく前にやっていたのに結局ものになっていず、全部忘れていてもったいない、買った学習書の再利用も出来そうだ、という経済観念もあります。そして音声的にああいう母音の多い明るい言語が好きで、文字を新たに覚える必要がなくて手間が省ける、というのもありました。ついでに小学生の息子が学校でイタリア語のイニシエーションという授業を受けるようになり、私も一緒にやろう、という気になったのです。トリノまで4時間ぐらいでいけるのでその気になれば週末に行ける距離というのも夢が広がります。いずれ一人で短期語学留学、なんていうのも夢見ています。実現可能な夢です。
 長母音に興味を持った、という以外はわりと不純な動機だと思います。でもイタリアの文化にも興味が出てきましたし、この選択を後悔はしていません。ちょっと面倒だと思うのはフランス語と似ているのに違うのでいちいち覚えなおさなければならないことです。今も大体分かるけどはっきり知らない、ということが多すぎます。
 スペイン語も好きですよ。スペインの近くに住んでいたらスペイン語にしたと思います。今はイタリアの方が断然近いんです。文化的にも面白そうですし、スペイン語よりマイナーなところもマニア心をくすぐりますね。
 でも第3外国語はフランス語をお奨めしますね。教材が多いので勉強しやすいと思います。カナダ、ベルギー、スイス、アフリカ諸国などでも使われていますし。

まゆのさん、お返事ありがとうございました。
なるほど、と納得です。今までに 少し手がけたことがある言語は 難しい部分の予測も出来て いいですよね。私も 歯切れの良い明るい音の言語に惹かれています。マニア心という点で フランス語より イタリア語かしら。
 まゆのさんがイタリア語を始められた動機と
私が中国語を始めた動機が同じです。日本から
近い、短期留学が可能、文字に日本語と共通点
が多く、覚える手間がない。前にやっていたのに
忘れてしまって、もったいない・・・
 今回は まるきり初めての言語を始めることになるので ちょっと迷います。
お返事ありがとうございました。

 イタリア語のマイナーっぽさがマニア心をくすぐるのは確かですね。フランス語は日本では英語、中国語の次に位置するぐらいで、第2外国語として比較的メジャーな存在らしいですから。学習人口では中国語との間に大きな隔たりがあるように思いますけど。
 ただ綴りや発音においてフランス語はイタリア語よりマニアックだと思います。文法もイタリア語よりマニアックではないかと思うのですが、イタリア語をまだマニアックに勉強していないのではっきりとは言えません。少なくとも同じぐらいマニアックなのではないでしょうか。
 言語の地位的に見てマニアっぽいのはイタリア語ですが、フランス語も内容的にマニア向けな言語だと思います。
 Kamomeさんが中国語を始められたきっかけが私のイタリア語学習の動機と似ている、というのは面白いですね。誰しも考えることは同じ、ってことでしょうか。

動機がまったく異なる私(^^;ですが,英語→中国語→フランス語の順に手を付け,現在フランス語2ヵ月経過も順調に(?)学習が進んでおります。(^_^)♪

Saitoさんの学習順序は結構オーソドックスですね。フランス語学習、順調のようですね。確か動機は結構不純だったような・・・失礼!(笑)先生が美人だった、ではなかったでしたっけ?こういう動機が実は一番長続きしたりするんですよね。

な、なぬぅ~、わ、わしは声に惹かれたのであって、顔に惹かれたのでは断じてありませんぞぉ~!純でそ。
とまれ、テキスト入門初級編は杉山利恵子先生のより、現行で聴いてる清岡智比古先生の方で好かったり。

あれ、声でしたか。まあ、同じようなもんですよ。声の好き嫌いってありますよね。
 フランス語の音声は私は耳に心地よいんです。最初は変だと思ったので、後から美しさが分かってきたわけなんですけど。

まゆのさま、ご報告。とりあえず NHKラジオの
毎日イタリア語で 第一歩を踏み出しました。
独学で 遊び程度のつもりなので 一日15分の
スケジュールです。いきなり 動詞の変化に目を回しましたが まゆのさんの記事で フランス語は
ひたすら覚えることで 学ばれたとあり、語学は
積み木だなあと思いました。
少しずつ 楽しんでいきます。このブログも
自分の励みになっています。

イタリア語スタートおめでとうございます。
 一日15分ぐらいが一番無理がないですよね。私も今中国語がそんな感じです。同じイタリア語の門徒ですね。一緒に続けて行きましょう。

横っちょから失礼します。
 今のまいにちイタリア語入門編は野里先生の「文法塾~伊語事始~」の再放送ですね。う~ん、やる気のある人は進行がスローすぎていずれ退屈するかもしれないですね。まゆのさんはいかがでした?
 退屈したら、「ゼロから話せるイタリア語―会話中心」とか「イタリア語のABC」なんかを同時にやると良いですよ。>kamomeさん
 と老婆心ながらちょっと書いてみました。

 コメントありがとうございます。
 野里先生の講座は独特な雰囲気が私にはあまり合わず、丁寧すぎて進みが遅く退屈でした。前に少し勉強したことがある人や他のロマンス語系の言語を勉強した人には合わないと思いますね。イタリア語についてはテキストを買って番組を聴くのはやめようと思っています。テキストの送料が高いので結構高額になるんです。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。