スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

「一」の不思議

 先日、やっと2009年の12月号のNHK中国語講座のテキストの入門編の分を終えた。これは昨年12月から抱えていたので随分長い時間をかけて終えたことになる。単に中断していただけだが。今は応用編を聞く心の余裕がないのでまたいつか聞くということで、真新しい1月号を出してきた。

 しかし、12月号を片づける前に、最近疑問に思ったことを記しておこう。

奇妙に思えたのはステップ51に出てきた

在哪一站下车? どの停留所で降りるのですか

という文の中の「一」に疑問を感じた。“ 那个站” なら分かるのだが、どうして「一」?というのが正直な気持ちだった。「でも確かこんな風に日本語にない「一」を入れることがあった・・・」ということは思い出した。それで珍しく文法書を出してきた。(使っていないが持ってはいるのだ)

 手元の文法書、「
Why?にこたえるはじめての中国語の文法書」で、指示代名詞のところを見てみた。哪个 は哪一个であるとの記述があるが、「一」だけの例は出ていない。数詞のところにも関係ありそうな説明はなく、謎のままになってしまった。まあ、あまり気にせず進んでいこうと思う。


[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

まゆのさん、今回もナイスな疑問、ありがとうございます。とりあえず分かったことをご報告します

まず、「哪」が修飾できる名詞は限られているため、元々は数詞付きの量詞に付けます。だから一が付加されたというより、本来、一などを付けるべきなのです。

基本的なパターンは「哪+数詞+量詞+名詞」、例えば「哪一件毛衣」(どのセーター?)。この「一」は省略可能で「哪件毛衣」でも良い。(以上「中国語わかる文法」134「哪と哪个」より)

同様に、「站」=駅の量詞は「个」なので「哪一个站」(どの駅?)。この「一」は省略可能で「哪个站」でも良い。

ここまで分かりました。では「哪一站」とは何か?「站」に量詞なしで「一」をつけてもかまわないのか、「一」をつければ「个」はなくてもかまわないのか、そこがまだ分かりません。これに対して、「你是哪一年出生的?」(何年生まれですか?)の「哪一年」は「一年」が可能だからオーケーというのは分かるんですけど。

この疑問は、もっと中国語の知識のある人が解決してくれるでしょう(笑)。

るもんがさん、分かっていることをきれいにまとめてくださりありがとうございました。私はついつい面倒で記事中では省略してしまったので。
「你是哪一年出生的?」のときはあまり抵抗を感じなかったのでスルーしてしまったのですが、「站」と一緒だと変に見えます。
 またしても中国語は一筋縄ではいかない、と思ってしまいました。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。