スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

語学教材付録のCD

  「30日で学べるイタリア語文法」の付録のCDをまとめて聞いてみた。1時間程度の録音である。これは会話の本ではないので、この手の本のCDによくあるように例文が坦々と録音されている、ごく普通の内容のCDである。効果音などは当然ない。

 聞いてみて改めて思ったのだが、この手のCDにもいろいろなパターンがある。この本のCDは、各章の題名を日本語で言って、その後イタリア語の例文、日本語訳、という順序で録音されている。繰り返しのためのブランクはない。CDによっては日本語はほとんどなく、外国語の例文のみ、ということもある。会話を扱っている教材だと重要単語が録音されていることもある。

 どういうCDが教材として良いのだろうか。使い方にもよるので一概には言えないが、私は本を読みながら一文ずつCDを聞くのではなく、本は見ないで録音だけまとめて聞くことが多いため、日本語はあまり入れないで外国語だけ聞くほうが耳に心地よいし、リスニングに集中できると思う。この本のCDのようにイタリア語、日本語が一文ずつ交互に録音されているものは、個人的には好まない。日本語を聞いて外国語ですぐ言ってみる練習はやっていて楽しく、練習効果もあると思うが、このCDの順序だと外国語が先になっているので、そういう練習には使えない。イタリア語、日本語と聞いた後で一度CDを止めてイタリア語を言う、ということが考えられるが、実際にはいちいち止めるのが面倒だし、外国語で言えなかった場合、戻って確認する操作も面倒である。

 このCDは本のどの部分に相当する録音なのか分かるように、章や節の題名や番号が日本語で録音されている。カセットの場合、聞いた内容を本で確認したい時に本のどこに書いてあるのか分かるよう、章や節も同時に録音してあったほうが便利だが、CDだとトラック番号で分かるのであまり細かい情報まで録音する必要はないように思う。ただし、この本のCDは、一日ごとに1トラックになっており、一日の中のどの節の例文かは番号を言ってくれないと分からない。トラックを細かく入れれば番号は言う必要はなくなるのではないだろうか。

 CDの使い方は、学習者の習慣や好みにもよるし、全くの入門者なのか前に少し勉強した人なのかでも変わってくるだろう。全くの入門者であれば、本を読みながらその都度、音声を確認する方が安心だし分かりやすい。既に学習経験がある場合は、CDを聞ける環境になくても本だけで勉強を進めていく方法も考えられる。

 私の理想としては、外国語だけで例文が続き、次は同じものを日本語、外国語の順に入れておいていただけると、とっさに翻訳する練習が出来るので便利だと思う。スキット中心の教材でもこのパターンで良いと個人的に思う。そしてこの本のように文法を学習する教材の場合は、例文だけでなく動詞の活用表も録音していただけると耳から活用が覚えられて助かるのだが、録音時間が長くなるせいかそういう教材に出会ったことがない。文法解説書の場合はそもそもCDが付いていないことも多いので、CDがあるだけ幸運、と思うべきなのだろうか。

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 語学の勉強
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。