スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

童話から入るイタリア語 

 今日は、この本について書く。童話からどうやって入るのだろう、と好奇心を感じ、そんなことできるの?と半信半疑のまま、購入したのがこの本。
童話から入るイタリア語 最初級編

 結論、私は童話からは入れません。
 童話を中心にして語学を学ぶ、ということで、まず軸になる童話があり、そこに出てくる文法を学習しながら、あくまで童話にこだわり、例えば話の続きを書くとか、ストーリーのバリエーションを別の語彙を使いながら見ていくとか、童話の世界に遊び、童話に浸りながら語学を学んでいく、というマニアックな方法を想像していた。この本の表紙から動物が出てくる童話であることが想像できたので、うさぎ、くま、りす、と言った単語ばかり覚えるのもどうかと思ったが、そこから基礎文法が身に付くならそれはそれで良い、と思ったりもした。
 
 ところがこの本、童話のページ(最初から23ページまで)は可愛い絵がついていて絵本っぽいし、付録のCDは童話の朗読そのもので、語学学習書のCDを感じさせない、ここまでは良いのだが、その他のページは全くもって普通の文法書なのだ。大体、童話から語学に入りたいという人は、普通の文法説明や練習問題などを嫌がる人なのではないのだろうか。それなのに、この本の定冠詞の説明は、「名詞が(1)男性名詞の単数・複数 (2)S+子音、もしくはZで始まる男性名詞の単数・複数(3)女性名詞の単数・複数 (4)母音で始まる男性名詞の単数・複数 (5)母音で始まる女性名詞の単数・複数かで定冠詞が変化するのでしっかり覚えましょう。」とある。そのとおりであるが、不親切すぎないだろうか。こういう説明を聞きたくないから童話から入りたいと思ったのに、裏切られた気分になる読者が出たりはしないだろうか。文法についての練習問題も、童話を全く無視したごく普通の練習問題である。それなら童話は必要ないし、別にこの本でなくても、というのが正直な感想だ。この本の童話が全然面白くないのも不満なのだが、それ以前に、童話と言っておいて結局普通の文法説明に終始しているところに納得が行かない。

 この本の帯に「入門書だけど専門的」「カワイイけどそれだけじゃない」と書いてあるが、これがこの本の中途半端さを暗に示唆しているように思えてならない。

 私は童話だって嫌いじゃないし、可愛い絵も好きなのに、この本に一通り目を通しながら(練習問題も一応やった)、別に絵や童話なしで勉強すればいいじゃないか、と思わずにはいられなかった。
[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : イタリア語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。