スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

10月20日の勉強

 NHKラジオ講座


 自習テープの会話練習を聞く。テキストを見てやっていることが多いが、ときには見ずにやってみたりして、どこまでできるか、聞いて分かるか、など学習進度を知ることもできる。CDから一部を入れるとなるとカセットの方が私には簡単なのだが、例の古いウォークマンが壊れたので外出先で聞けなくなってしまった。CDにMP3とカセットが付いた機械が売っているので購入を検討中。新品のカセットって今どき店で売っているのか疑問だし、手持ちのカセットを使ってしまったら、録音する手段がなくなってしまう。


 日本の友人が10月22日放送分の音声ファイルを送ってくれたので、今日2回聞いた。やはりCDとは雰囲気が違う。田口先生は淡々とした印象なのだが、CDだとさらに淡々としていて潤いがない。番組には休憩コーナーもあり、親しみが涌いた。人気のあった講座だと聞いていたが、その理由が分かったように思った。


 購入したばかりのMP3ウォークマンで聞いたせいかもしれないが、効果音がCDよりしっかり聞こえてきて、新鮮だった。CDは聞きたいところがすぐ聞けるので存在価値はあるが、番組の代わりにはならないと思う。CDに入っていない例文を読んで繰り返すところがあったのも良かった。


 CDから自習テープに、会話練習と今ままでのスキットを全て入れた。



「一冊目の中国語」


 第一課の例文の和文中訳をやってみた。間違いなく出来たので、練習問題の和文中訳に挑戦。突然やってみたが意外に出来ていた。


間違えたのは以下のところ。



  • 锻炼 の2番目の漢字を「」と書いてしまった。

  • 「「私は小説を読みません、私は雑誌を読みます。」というのがあり、「読む」という動詞を知らなかったので、このように書いた。


    我不 ___小说,我 ___杂志。


        答えを見たら、「読む」は「」だって。「見る」と同じかー。これなら知ってたのに。ところで、つなぎは点ではなくてコンマだ。句読点にも注意しなければならないことをSaitoさんとけいさんが教えてくださった。(昨日の記事参照)ありがとうございます。


 ところでこの文、2番目の「我」の省略は出来ないのだろうか。ここでは間違えるのが怖くて、問題の日本語にわざとらしく入っている2番目の「私」も律儀に訳文に入れてみたら答えにも入っていたので、めでたしめでたし。とは言うものの、省略できないのか、という疑問は残る。


 けいさん、Saitoさん、宜しくお願いします。


 さて、長女のバイオリンのレッスンの待ち時間に時間があったので、続けて第2課の例文と単語を復習した後、文法説明に入った。(一課の単語の見直しはまだ必要。)もう知っていることがほとんどでスムーズ。


§2  これ、それ、あれ。


 目的語の位置なら这个,那个,哪个。これは前にもやったのだが、すぐ忘れてしまう。格変化のようなものだよ。中国語にはないって聞いていたのに・・・。


 ところで哪个。3声+軽声の組み合わせが、どう発音するのかつかめない。自分が言っているのが正しいのかも定かではない。この語は4月の「耳たこ」でもやったのでCDで発音を確かめてみよう。現在放送中の講座にのテーマ発音」のコーナーにいろいろな声調のペアが出てくるが、この組み合わせも、そのうちこのコーナーで取り扱われると思うので、そのときに練習しよう。


 この課の単語リストから知らない単語をノートに書き出した。私は語彙が少ないので、ここの単語を覚えることで基本語彙を習得しよう。活用も格変化もない中国語なら、語彙と語順が重要なのではないかと思うのだ。


[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

「我不看小说,我看杂志」に関して。
 ネイティブのチェックは取っていませんが、「我不看小说,看杂志」とは「書か」ないと思います。話し言葉の中では有りかなという気もしますが、「我不看小说,要看杂志」、「我不看小说,只看杂志」「我不看小说,一般都看杂志」など何かしら有ったほうがすわりがいい気がします。「我不看小说,我看杂志」も「我」が繰り返されていてあまり自然ではないかなぁと思います。

「語彙と語順が重要なのではないかと思う」に関して。
 ものすごい洞察力です。誤解を恐れずにものすごく乱暴な結論でまとめてしまえば、はっきり言って「語彙と語順だけ」と言ってもいいくらいだと思います。わたしの個人的な意見ですが。

けいさんへ

 そうですか。省略する場合はただ省略するのではなくて何かが必要だということですね。「我」が2回出るこの例文は、ちょっと不自然な初心者の練習用の文なのかもそれませんね。どの言語でも、繰り返しはなるべく省略するのではないかと勝手に思っているので、それも納得がいきます。

 フランス語などのロマンス語系の言語の学習のネックは性の区別と動詞の活用です。性の区別は気長にやるしかないですが、動詞の活用はある時期必死にやって通りぬけないといつまでたっても初心者から脱出できません。言語によって学習のネックってあるんですよね。

 中国語はロマンス語のこういうややこしさは一切ないので、後は語彙と語順しかない、と踏んだわけです。のちのちこの二つで苦労する気がします。今はもっと基本的な段階なので今からあまり気にすることないですけどね。

 でもけいさんのこういう一言は今後の学習の計画づくりに役立ちます。ありがとうございました。

我不是看小说,而是看杂志。もどうでしょうか?(^^)

Saitoさんへ

 コメントありがとうございます。どうでしょうか、と言われても私は判断できないのですが、いろんな言い方があるのだなー、やっぱり省略するには何かを入れなければならないんだな、ということは分かりました。
 けいさん、Saitoさんがご提案の文はどうでしょうか。

訂正です!

「我不看小说,我看杂志」も「我不看小说,看杂志」もOKだそうです。2度目の「我」は有ってもなくても構わないとのことです。

えー、それから前回書きませんでしたが、間に色々挟んだ例文はそれぞれ意味が異なり、当然「私は小説を読みません、私は雑誌を読みます。」と完全一致ではありませんのでご注意下さい。それぞれがどんな意味なのかはおそらくその内テキストにも出てくるかと思います。

「我不是看小说,而是看杂志。」ですか。う~ん、こうは言わない気がしますが、わたしの語感も当てにならないことが既に証明されました(笑)ので、これも聞いてみます。「我看的不是小说,而是杂志。」なら100%問題無いはずですが。

けいさんへ

え、そうなのですか。私が省略できるかも、と思った勘は当たっていた、ということですね。やったー!(まぐれだけど。)
 間にいろいろはさんである場合は、意味が微妙に違ってくるのだとは思いましたが、今のレベルの話ではないと思ったので深く追求しませんでした。そのうち出てきて、これだったのか、という日が来るでしょう、いつか・・・。

 Saitoさんの提案は動詞なしなら確実にOKということですね・・・。うーん、細かいですねー。こういうことが分かってくると面白いのですが、私はまだそのずっと前の段階で、それでも中国語が珍しく面白い時期です。こういう話を聞くと、奥の深そうな言語だな、と感じ先が楽しみになります。

ありがとうございました。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。