スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

11月10日の勉強

 NHKラジオ講座


放送日より遅れている。二日前の放送のステップ24を聞いた。テーマ発音は苦手なan / ang。後者は鼻母音がフランス語のようにならないように気をつけなければ。中国語の鼻母音はフランス語のそれより明るく響く。


今日のポイント


 xiang3    ~たい


不想  bu4 xiang3   ~たくない


これは既習事項だが、知っているだけでまだ使えない。


一下   yi2 xia4   ちょっと


この言葉は少し何かをやるときにも使うが、和らげるときにも使うらしい。日本語と同じなのでうれしい。



 一冊目の中国語


 五課の単語チェック、例文を読む。文法事項の説明を読み直す。


パワーアップ例文を見た。うーん、なんだか混乱してきたぞ。


文法説明の例文の一部にこういうのがある。


窗户前边儿 ・・・   chuang1hu qian2bianr  窓の前に


そしてパワーアップ例文の2と3にはこういう部分がある。


学校东边儿 ・・・  xue2xiao4 dong1bianr   学校の東に


大门外边儿 ・・・ dq4men2 wai4bianr   正門の外に


ここまではいいのだが、例文5はこうなっているのだ。


这条街的前边儿  zhei4 tiao2 jie1de qian2bianr この街の前


どうして「的」が入っているのだろう。そういえば昨日のSaitoさんのコメントの例文も「的」が入っていた。「的」はあってもなくてもいいのだろうか。


 CDで4課と5課の例文を何度か聞いた。(CDプレイヤーも使い、夜はパソコンでまた聞いた。パソコンには入ってるんですよ、るもんがさん。)

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

方位詞が定語の修飾を受ける時は“学校旁边”のように普通“的”を使わず(使っても可),方位詞が定語になる時は“旁边的学校”のように普通“的”を使う(使わないと不可)と私は学習してました。つまり
(◎)学校旁边
(○)学校的旁边
(◎)旁边的学校
(×)旁边学校
くどいですか?(^^;

そのうち出てくると思いますがちょっとをちょっと整理すると(^^;
・動詞+数量補語“一点儿”(ちょっとの分量)+目的語
・動詞+時量補語“一会儿”(ちょっとの時間)+目的語
・動詞+動量補語“一下儿”(ちょっとの動作)+目的語
 *動詞のかさね型のちょっと
  等等!or等一等!・・・ちょっと待ってください。
  请等一下。・・・ちょっとお待ちください。(ややあらたまったニュアンス)
・形容詞+程度補語“一点儿”
・不定量詞“一点儿”+名詞

Saitoさんへ

 いえいえ、全然くどくないですよ。どんどんやってください。

つまり私が疑問を感じた「zhe4条街的辺er」(文字化けするので簡体字だけピンインです。)は「的」がなくてもOKだということですよね。どうしてこの本は何の説明もなくこんな文を入れるのでしょう・・・。

 「一下児」には親戚がいたのですね。うっ、覚えることが増える・・・。ところで「等一会」というのはできますか。

私の中日辞典には等一会儿・・・ちょっと待ってくれ という例文が載ってます。(儿化なしの)一下はありますが儿のない一会というのは見たことない気がします。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。