スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

11月27日の勉強

 NHKラジオ講座

  wang   「~へ向かって」という前置詞

 有点儿    you3dianr3  「少し、ちょっと~気味だ」好ましくないときに使う。

 好ましくないときは言い方が「ちょっと」が違うというのは面白い。

Méthode 90

 Leçon 6  口頭訳の練習を再度やる。この課の新出事項ばかりではなく、前にやったことも入っているがとてもよい。

 Leçon 7 

录音   lu4yin1     enregistrement, enregistrer

念      nian4        lire à haute voix, prono,cer

词     ci2             mot

生词      sheng1ci4   nouveau mot

  录音のような単語を見て思う。中国語は名詞と動詞の区別がないのだろうか。ない、ということではなくて、同じ単語が名詞にも動詞にもなることがある、ということか。英語だってアクセントを変えて動詞が名詞になることもあるのだから、珍しいケースじゃないのかもしれない。フランス語では考えられないと思う。

 また日本語が「入れる」「入る」「出す」「出る」など、自動詞、他動詞で漢字を共有しているのを見ると、中国語は自動詞、他動詞の区別がないんじゃないかと思ったりする。区別しないでもやっていけるのかなー、と不思議なのだが。

一冊目の中国語

 まだ六課の単語でどうしても覚えられないものがあり、例文を作文できないでいる。あと一回だけ勉強し、文法事項は押さえているので次に進もう。相性の悪い単語もあるさ。

 

[PR] 台湾中国語翻訳

コメントの投稿

非公開コメント

別な観点か?私は中国語に自動詞と他動詞の区別がある様な気もしていました。
ただ自信なくて(語順が重視される中国語は中中辞書に品詞表記されたのも近頃だと思い),動詞で目的語を取るものと取らないものがあるみたいです。
中検問題で私はよく間違え↑(離合詞はOKも自動詞/他動詞と表記の中国語辞書は見たことなく,今だに判別方を知らないので1つ1つ覚えてた次第です)
(例が不適切かもしれませんが)例えば跟他说(彼に言う)/说他(彼を叱る)、去中国旅行(中国へ旅行する⇔旅行中国×)/游览中国(中国を遊覧する)
う~ん,まだ(私のレベルでは)整理がつかず読み流してね…。(;_;)

Saitoさんへ

 面白いご指摘です。
 中国語の知識がないので、私の意見を出すのもどうかと思いますが、(一応自分のブログですし)挙げてくださった例文だけを見ての感想としては、
 ・「彼に言う」「彼を叱る」については直接目的語、間接目的語の問題で、自動詞・他動詞とは別ものという印象を受けます。一番最初の文脈で分かっている場合、例文は「言う」だけで文として成り立つのでしょうか。2番目の文は「彼を」が必須でなければ他動詞と言いがたいです。

 ・この例だけを見るとそもそも「旅行」って動詞なのか、という疑問が生まれます。「我旅行」というのは出来るのでしょうか。「遊覧」は動詞のようですから「我遊覧」というはできるのでしょうか。後ろに場所が必須ならやっぱり自動詞、他動詞の区別がありそうですね。

 ここでちょっと話がそれますが、通常「走る」「歩く」のような単語は英語やフランス語では自動詞と見なされています。でも日本語の場合、「歩道を歩く」「公園を走る」が可能です。日本語ではこれらの単語は自動詞と他動詞の両方だと見なされているんでしょうか。うーん、うちにある参考書に載っているかなー。

興味深いのでもう少し私の素人意見も続けてみます。(^^;
中国語には2重目的語(直接・間接)を(同時に)取る動詞があるも少ないです。
(ちなみに说は取らなく,自動詞/他動詞の例かな?と思いました)
我说や你说という言葉はあります。が,「私は言う」という意味より「ねぇ」という様な呼びかけの意味だったかなぁ?
1つウソを書いてました。跟他说(彼と話す)、给他说(彼に話す)でした。ん?对他说か…向他说でもいいのかわからなくなってきた。(;_;)
她会说法语。(彼女はフランス語を話せる)はOKですが,辞書に跟他说英文(彼と英語で話す)とあり,私は日訳が「彼と英語を話す」で「英語で」なら跟他用英文说ではないのか?とも思っちゃったりしてます。
(これも少し意図がずれて)我去中国旅行。が「私は中国旅行に行く」ではなく「私は中国へ旅行する」だというのは中検やTECCでよく出る基本問題ですが,いずれにしても,工作(働く/仕事)のように動詞/名詞と複数の品詞である(というより語順で役割が決まる?)と思います。

わたしの経験からして

「中国語は自動詞、他動詞の区別がない」というか、中国人にはその観念がありません。まぁ言葉が先か観念が先かは鶏とタマゴの関係になってしまいますけど。

というのはわたしは日本語を勉強している中国人が集まっているサイトによく出没して質問に答えているのですが、「自動詞と他動詞はどうやって見分けるのか」「自動詞と他動詞はどうやって区別するのか」「自動詞と他動詞は一体何が違うのか」などといった質問がわたしが見ているだけでも月に2,3回は出てきます。

理解できている中国人が詳しく答えてあげたりしていますが、中国人にとっては中々理解できない概念のようで、質問者は「やっぱり分からない」とか「何となく分かったような気がする」といった程度のコメントが多く見受けられます。

Saitoさんへ

 コメントを見ながら中国語って前置詞なんてないって勝手に思ってたのに、多用するんだなー、と思いまたまたショックでした。前置詞もちゃんと勉強しなくては・・・。

 よくは分かりませんが、「英語で話す。」「英語を話す」の違いを気にしない言語であるとも言えませんか。

 なるほど、「工作」も動詞にも名詞にもなりますね。やっぱり英語みたいなものですかね。Workって名詞にも動詞にもなるから。

けいさんへ

 やっぱり中国人には分かり難い概念なんですね。日本語の漢字からの想像が当たってうれしいです。

 母語にない概念って分かり難いですよね。日本人なら定冠詞と不定冠詞の違いがなかなか自然に掴めない、とかそれぞれ悩みはあるということでしょう。中国語も冠詞がなさそうなので、中国人と同じ悩みを共有しているのかもしれません。

1つチェック問題するの忘れてました。(^^;
旅游中国(中国を観光する)は○か×か?

Saitoさんへ

 うーん、×。というか私の辞書に書いてあることから推測すると、
到中国旅游。
じゃないかと思うんですが。それにしても最後の字、「遊」じゃないんですね。さんずいになってる・・・。

よくできました。◎完璧です。(^^)

Saito

やったー!ありがとうございましたー。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。