スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[PR] 台湾中国語翻訳

11月29日の勉強

NHKラジオ講座

ステップ36 本日放送分

 テーマ発音では一文全体をハミングでメロディーのように練習する、という提案があった。私個人的に言えば、中国語の発音に関しては個々の音素の発音の方が難しく、声調は繰り返して言うにはさほど難しく感じない。ただ記憶に残りにくいので個々の単語の声調は覚えにくい・・・。

ü  = n,l の後ろに付く。(nu, luと区別するため。)この発音はフランス語に似てるので気が楽だ。

今日のポイントは感嘆の表現。

太~了  tai4   le 「本当に~だ。」

あ、ここにも完了とは関係ないのに、「了」が出ている。あまり完了だと思ってはいけないんだな。

テキストの今週の復習クイズをやってみた。全問正解。

これで今週の講座は終わり、来週から12月号のテキストに入る。(先週届いた。)

一冊目の中国語

6課はなかなか単語の読み方が覚えられないものがあったが、もうこの課に留まって長いので次に行くことにした。今回覚えられなかった語にはまた他のときに出会うことだろう。

§1 連動文 これは前に見た。例文を見る分には、そうか、と思うがこれを耳で聞いて理解するのは難しいだろうな。

§2 介詞(前置詞) 7つのうち5つは知らないものだった。少しずつ覚えよう。

离   li2           隔たりの「から」   駅から近い、など。

  cong2  出発点の「から」  東京から飛行機に乗る、など。

日本語ではどちらも「から」なのに区別しているのが面白い。

Méthode 90

Leçon 7 をもう一度聞いて口頭練習をやった。

ちょっと疑問。スキットに

她在家看电视呢。

という文があり、フランス語訳は

Elle est en train de regarder la télévision à la maison. (彼女は家でテレビを見ているところだ。)

在~呢の表現は勉強した。また「家で」というのに介詞「」を使うのも勉強した。この分では「」は一つしかないが、「~している」というのと「~で」というのと、二つ使わず一人二役をやっているということなのだろうか。「」=一石二鳥?

  Leçon 8 をはじめたが、最初のスキットが難しくて、もっと時間をかけた方がいいと思ったので、口頭練習はしなかった。明日やろう。

 

 

[PR] 台湾中国語翻訳

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

了は,動詞の直後につく動態助詞(完了)の了と,文末につく語気助詞(変化・発生)の了があり,快……了や太……了の了は後者かと思います。
她在家看电视呢。う~ん,頭の体操になりますね! (細かいけど)少し考えてみます。
まゆのさん説で2役として省略しない文も考えると
她在在家看电视呢。か?她在家在看电视呢。か?
私はもう1説を思いつき
她在家看电视呢。の在は介詞(前置詞)の在で,助詞の呢(のみ)が進行を表す。
進行は……呢、在……、在……呢、正……呢、正在……、正在……呢があります。
その比較の1部は↓もご参考まで。
http://p3saito.exblog.jp/3432033
↑の他でも呢のつかない正……のみは間違いとの記述を見た気もするけど,私の中国の教科書にも正……のみの文があり,どちらが正しいのかはまたいつか調べてみたいと思ってます。
よし,ここで確認のチェック問題を。
「駅から家までは近い。」を日文中訳してみて。

いい方向です

「あまり完了だと思ってはいけないんだな。」
↑これが。

「了」は大まかに言うとsaitoさんが書かれているように2種類あります。「了1」「了2」と呼び分ける場合もあります。更に専門的になると「了」を10数種類に分類したりしています。ですので「了=完了」と簡単に処理なさらないで下さい。
「了」が文中なのか文末なのかという点にも注目しておくと後々の理解の助けになるかもしれません。

http://keing.exblog.jp/5895833
参考までに↑こちらもどうぞ。

ちなみに、まるで嘘のようですが「了了不了了」なんて文も成立します。ま、これは忘れてください。

けいさんへ

「了」って日本人としては完了と結び付けたくなるんですけど、違うみたいですね。なんだか悔しいです。(別に悔しがることでもないか。)
 貴ブログの記事、拝見しました。いやー、なんだか笑ってしまいましたよ。人によって違うんですね。言語は生き物!?

 私もパリ大学の言語学でフランス語の分析の授業があり、間違っている文章をいくつか比較し、全然だめ、とかちょっとマシとか間違いの度合いを判定しあったことがあります。ネイティブでない私の出る幕ではないかと思ったのですが、私とほぼ意見の同じネイティブが居たり、一人だけ他と外れたネイティブも居たりで、みんなの意見が一致した点は案外少なかったんです。この授業で分かったことは「これで合ってるのかなー、とか自分のフランス語を気にしすぎる必要はない。」ということでした。(授業の主旨からは外れてますけど。)
 どの言語もこういうことってあるんだな、と思いました。

 一瞬、「」アアホアアって何?と思いましたよ。

Saitoさんへ

 じゃ、これは進行の「在」が省略されている、と考えればいいんですね。(というかもともと無くてもいいものだった。)

 さて宿題の日文中訳ですが、実は降参、ってそれは駄目だから、これにします。
我家离车站很近。
ちょっと反則ですかねー。「~まで」というのを知らないので。
ところで、车站と 火车站は両方とも「駅」のようなんですが、どちらでもいいのでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

では从まで(表示)

先に从も2声で,繁体字は從ですね。
で,ワハハ、引っ掛けようと思ったら考えましたね…。(^^;
离车站到我家很近。とはしなかったけど反則△。
我家离车站很近。は「家は駅から(駅まで)近い」ですね。
正解は从车站到我家很近。となります。(起点)
车站は(汽車の)駅/(バスの)停留所、火车站は(汽車の)駅ですね。

Saitoさんへ

 あ、本当ですね。2声ですね。直しておきます。で、この「人X2」は「従」という次なんですか。変な字に変えるのはやめて欲しいです。(いつも文句ばかり言ってる。)

ハハハ、反則だとは思ったんですけどね。分からないときも、とりあえず分かる範囲で似ていることを言ってみる、というのが私の語学に対するスタンスですから。(フランスに来たばかりのころはこれでいつも乗り切っていましたから、用は足せるということは実験済みです。)でもおかげで罠にはまりませんでしたね・・・。
 そうですか、距離を話題にするときは起点から終点と考えるわけですね。

 あの、「汽車」って電車とかディーゼル車でもいいんですか。今どき蒸気の汽車なんてめったにないですから。

火车に「電車」は含まれるのかなぁ?火车男人って??(^^;
http://p3saito.exblog.jp/5154662
↑もご参照ください。
「電車」⇒“电车”、「ディーゼル車」⇒“内燃机车”でどう?
…あ!车站の事だったら,汽車,電車,ディーゼル車,何でもOKかと。

Saitoさんへ

 そうです、そうです、车站のことです。何でもいいんですね。
 火車の電車は含まれなさそうな気がしますね。日本語でも「汽車」言えば電車は入らないと私は思うんですけど。人にもよるのかな。
プロフィール

まゆの

Author:まゆの
1991年よりフランスに住んでいる。いろいろな言語をかじってはいるが使い物になるのはフランス語と英語だけ。中国語に限らず独学は初めて。こんなところで一人で何ができるのか挑戦してみようと中国語を始めるも思うように進まず、勉強を継続するためにこのブログを立ち上げた。その後、前に少し勉強したが忘れ去っているアラビア語とイタリア語も少しずつやり始めた。現在は、時間的な事情と学習環境が作りやすいイタリア語に集中することにして、あきらめずに続けている。メインブログとしてフランス語とフランス生活のブログを運営している。

2010年10月からしばらくイタリア語に集中することにし、

現在のメインテキストは
Allegro 3. +CD. Libro dello studente ed esercizi
その他、自主学習用にいくつかの参考書や問題集を使用している。

カテゴリー
最近の記事+コメント
ブログ内検索
最近のトラックバック
リンク
管理者ページ
RSSフィード
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。